マークシート用に鉛筆を加工してみる。

TOEICを受ける事を決めて、文法問題を頑張っている訳だけど、
今日はあんまりお勉強の気分じゃない!ってことで、
お勉強以外のところで攻めてみることにしてみた。

かなり前に受けたときは、時間が足りなかったので、ちょっとでも
時間の節約できるようにマークシートに適した鉛筆の削り方を考えてみようかなと。

うさうさんはアイブローをこんなかんじで、普段カッターで削っているのだけど、
これの応用で、マークシートを出来るだけ少ない画数でぬれないかなと。

image
2015.1.18 うさうさん的アイブローの裏技。

考えてみた結果、丸型よりも四角い方が良くね?
ってことで、やってみた。

1 普通に削る

image
今手元に有るのが、ファンシーな鉛筆削りしかないのだけど、
まぁいっかってかんじにまず、普通に削ります。
先が丸いくらいならむしろ削らなくてOK。
うさうさんは、いつの時代けずったのかわからないレベルだけど、
電動で削ったまま、ちょっと長めの削り方だったので、
逆にファンシーなヤツの短めにしたかったので、削り直しました。

2 がすっと出ている芯の部分をカッターでぶった切る

image
HBとか結構堅いので、目に飛ばないように注意!
なぜ、ここで一旦ぶった切るかというと、細くないところを使いたいので、
木から出てる=細いところを取っちゃいます。

3 木の部分を削って芯を出す

image
芯は四角くなるようにちょっとだけ削るけど、
芯の部分は先細りにならないよう、
ただ、丸みをとるようにがポイント。
まず1面やって、それの真裏もおなじように削る。
image

4 側面の木も削る

↑の状態だと書けないので、側面も直角になるように削ります。
image

5 芯の先を整える

image
こんなかんじになったら、芯の先を紙に塗るかんじで整える。
image

これで、一応出来上がり。

鉛筆自体について考えてみた

でもよく考えたらHBよりも柔らかい鉛筆の方が、太くね?
ってことで、手元にあってB3とB4でも試してみた。

image

むむむ。なにげにB4だと一発じゃね?

image

4Bとかいかにも小学生とか中学生のころのっぽいんだけど、、、書き方用(爆)w
3Bのヤツは比較的新しい…と思いつつ高校のときに買ったヤツ出しなぁ。
オレンジのは大人になってから必要に迫られて買った気がするけど。

というわけで、
基本的に鉛筆なんて滅多に使わないので、
ここまで、正直いつ買ったかすらわからない鉛筆の写真しか無いのですが、
調べてみたら、マークシート用鉛筆なるものもあるらしい。。。
鉛筆くらい正直新調してもいいかなって気もする。

これぽちってみようかしら。

ぽちって、こんなかんじで削ってみたら、また記事更新するかも!?

TOEICの勉強をはじめてみた。

1月にとりあえずテキストを買って来たときは特に目的とかなかったのだけど、転職活動をはじめてみて気付いたのは、最近はどこでもTOEICの点数をきかれるということ。
1月の時点では何も考えずに900点を目指す!なんていっておりましたが、とりあえず、4月では(もともと4月予定といいつつ何もしてなかったんだけど。)、私の職種としては十分な点数な700点を目指そうかなとおもっています。

さてさて、うさうさんはいい加減な英語ならば人よりも話せる自身があるのだけど、苦手な文法の問題集を実際にはじめて見ると、本当にいい加減な英語を話してるんだなぁと実感してしまったわけでして(爆)

とはいえ、学生時代であれば、何が書いてあるのかすらチンプンカンプンだったころに比べれば、文章の意味がほぼほぼわかるのは成長。

英語の受験勉強をちゃんとしてこなかった分だけ、高校生が知っているような難しい単語の語彙力は他の人よりも自身ないかも…って思う部分はあるのだけど、フランス語をやっている分だけラテン由来の単語は何となく解ったり(特に、英語としては難しい単語として、フランス語の日常語とほぼ同じスペルの単語とか出てくるし。。)、あとは、どっちかというと語源から意味を拾うっていうのをたびたびやっていて、1つのわからない単語を分解して、語源が同じ5つくらいの単語を調べるってのを時間がかかるけど、やっていて、結果効率が良いというかんじで、、、なんとなくは意味が取れるから。

しかし、文法問題みたいなハチの巣をつつく式の問題集をやろうと思うと、正答がどれかわからんΣ(`oДO*)

ってことで、先は長いけど4月まで頑張ろう。

今年の目標その2〜TOEIC編

なんか、大昔に受けたっきりのTOEIC。
ここに晒すのも恥ずかしいくらいの点数しかとっていないんだけど、
今年は猛勉強して4月くらいの試験で900を目指そうかなと。
いや、実際のところ900目指しても700くらいかもしれないけど、
とりあえず、目標は高く!(笑)

今年の前半はフランス語は置いておきます。

前に受けた時、文法問題が全然わからなくてすげーてこづった挙句、
時間をとってしまったら、間に合わなかった文章がすげー簡単だったという、
なんとも言えない事態に陥ってしまったので、
とりあえずは、文法をしっかり勉強する。
あとは、前回やらなかった過去問をちゃんとやって、
ペース配分の戦略を練るでいこうかなと。

ところで、昨日初詣に行った、
大国魂神社のおみくじ。

image
「学ぶのに、量は問題ではない。大切なのは、精確さ。(たくさんのことを学ぶより精しく学ぶように心がけよ)」

なんて書いてあったんだよね。
ちなみに「精しく」は「くわしく」だそうです。この書き方初めて見た。
まさに、文法をくわしく学べかしらね(=ω=;)

にしん樽。

フランス語のことざわで、
La caque sent toujours le hareng.
ニシン樽はいつまでもニシンくさい
意味:お里が知れる
っていうのがあるんだけど、
まぁ魚の生臭さがつくのかなーくらいだとおもってたけど、
たまたま世界一くさいという噂の缶詰シュールストレミング
の話をしていて
もしやこれのこと!?

なんて思いつつちょっとしらべてしまいました。
Continue reading

世代と方言

うさうさん自体、大学時代に静岡出身の友達に指摘されるまで自分では完璧な標準語を話していると思い込んでたレベルで、あんまり方言のない地域に住んでいます。
ちなみに何が完璧じゃないかというと、気をつけていないとすげー早口なのに帳尻を合わせるかの如く語尾だけ伸びてしまう。
そう、一時一世を風靡した渋谷ギャルのように。でも、地元の友達もそうだし、爺さん婆さんもそうなんだ。
その友達は方言LOVEで、私につられて山口から来た友達が語尾伸びるのが気に食わなかった。が、本気の山口弁はわからなくて、しょうがねーってなった。
が、そのとき1つ上で大学まで面識はなかったけど、同じ中学の人と大学で知り合ったんだけど(向こうは私を知っていたという)、やっぱり早口+語尾伸ばし。微妙過ぎる方言に気づいた瞬間だった。ちなみに地元でバイトしているときは全然問題なかったのに、ちょっと違う地域いくと語尾が長いと言われたりね(´・ω・`)
ただ、最近逆のパターンとして10年くらい都内で働いてて、最近地元で働きはじめたら近所の会社に電話すると確かに語尾伸びるの気になるわ(爆)
が、世代間で癖はやっぱりあるようでして。
というのも、地元の中でも、母方の親戚が多く住んでいるあたりの喫茶店入ったら、しきりの磨りガラスの向こう側で話しているお爺さんとお婆さんがしゃべっているのを聞いて、ハッとした。
あれ?親戚のお爺さん?
と思ったけど、別人。というか、よく考えたら、一昨年に亡くなったんだった。
なんで、親戚の爺様だと思ったか考えてみた。
第一に、喉の使い方というか、響かせ方が独特。
第二に、語尾が「よ」でしかもすげー多い(゚Д゚..)「○○してよぉ」「○○したんだけどよぉ」というんだよ。しかも女の人がいうのとは違うってのと、女の人はそういう言い回しをあんまりしないで「○○してさぁ」なんだよね。
これが、親世代は男女ともに、「○○してさ」なんだよなぁ。余談的に、親世代より10コ下あたりだと、バブル世代なせいなのかなんなのか知らないけど、喋り方がチャラい。まじでひたすらチャラいわけなんだけど、今の仕事でこの間呼んだ業者が、たまたま私がその親戚のお爺さんちの隣の家でやっている業者の人だったんだが、同世代なそのお爺さんの息子と同じチャラい話し方で面食らった。つか、名刺みてどこか聞いて発覚したわけけど、そういえば転入者が少なくもないにもかかわらず別の地域から来た可能性なんて微塵も感じないほど、同じ話し方だったわけで。
(知らぬ他人なんだけど、隣の家がそういう業者だってのは知ってたのよ。ただ、呼んだのは私ではなく、同僚の仙台の親戚経由つながりなのに、私の親戚ともつながってしまうという。ただ、よくよく聞いたら私の爺ちゃんも頼んでいたし、一昨年親戚の爺さんが亡くなったとき、葬式にまで来ていただいていたという。)
とはいえ、私の地元は爺さん婆さんだろうが、別の地域の人が聞いてわからないほどの訛りじゃないんだけどね。本当に気をつけていないとスルーしちゃう程度で。それですら世代間でだいぶ違うんだと思うし、私の世代になると、語尾が間延びしちゃってる以外は、私が完璧な標準語を話していると思い込むほどに訛りっぽさが完全に抜けちゃっている。
他の地域とかあんまりわからないけど、たぶんもっと顕著で、父方の親戚の80歳以上の方の津軽弁は本気でわからなくてこまるほどだったんだけど、60前後になっちゃうと、訛りと語尾が微妙に違う以外は結構同じ。(にしてもらってるだけも)80の方は標準語っぽくはなそうとしてもらってるのがなんかわかるのに、3回聞いても何をいっているのか、全然わからなくて心苦しいだった。私のおじいちゃんおばあちゃんは転勤族だったしこっちが長いしほぼ標準語だったんだけど、子供時代なんとなく津軽弁のこときいて理解した感じだと、英文をフランス語のアクセントで話す感じなんだよね。つまり、読まない文字がたくさんある。
「どさ?」
「ゆさ」
で通じちゃう。
これを標準語にすると、
「どこへ(行くんですか)?」
「湯だよ(銭湯だよ)」
おばあちゃん曰く、たくさん喋ると寒すぎて口が痛いから、省略しまくりだそうで。
私とかも「わ」だしね。もしかしたら「我」なのかもしれないけど。
通じないのは確かに困るけど、完全になくなっちゃうのも、風情がないなぁなんて思ったりするのです。

語源で覚える英単語のススメ。

基本的に、フランス語ばっかり勉強しているかんじだけど、
たまには、英語についてもかいてみようかなと。
というか、フランス語の単語を覚えるときにも、
なんだかんだたぶん、役にたった、
この本がマジでオススメ。

うさうさんが持っているのは、緑の表紙のこのバージョンなんだけど、
小学生のころ、漢字を覚えるときに、部首の意味とかから
覚えたように、この本でも、単語を分解して、
パーツに分けた意味を解説している。

これの良いところは、この方法を覚えてしまえば、
知らない単語を言われても、イメージだけはなんとなく、解るということ。
例えば、この間、アメリカ人留学生の友人と会ったとき、
一人は彼氏のことで悩んでいたんだけど、
もう一人はそのコのことを「distractした」といっていた。
まぁ、、、不勉強な私はこの言葉知らなかったけど、
disとtractの意味を知っていたら、推測できるわけで。。。
ちなみに、dis-がついたら、「分離・引き離す」とか「反対・不・非」
trac–みたいな言葉は「引っ張るって運ぶ」みたいなかんじが原義で、その他扱うとか誘導するみたいなイメージなのも知っていた。
ちなみに、そのイメージそのものなのは、
train(電車/導火線/連続/訓練する/トレーニング)
tractor(トラクター/牽引車)
treat(引くが原義だけど、主に扱う/治療する/取引するみたいな意味)
ちなみに、、、不勉強なうさうさんはさっき調べるまで、
トラックもこれだと思ってたんだけど、実はtruck(車輪が原義)
むはw
tractorで牽引車って意味があるだけにめちゃくちゃ紛らわしいw
あ、でも違いを調べようと思って並べて検索したら、
まさかのtractor truckなる言葉があるのか。。。(爆)
貨物のでかいボックスを後からつけるようなタイプのトラックは
tractor truck(牽引自動車/貨物自動車)っていうのね。
でもいわれてみれば、牽引自動車って言葉(日本語)自体あやしかった(爆)
みればもちろん意味は解るけど、ああいう車をみたら
問答無用で全部トラックでしょ?みたいな。
牽引自動車って言葉は出てこないw

さてさて、、、
distraction。
言われたときに、まぁ、たぶん彼のことばっかり考えている状態を
その友達の方は、(彼を考えることから)反対方向に引っ張ってっていうか、
引きはがしてるかんじなんだろうなと。
で、お家に帰って調べてみたら、
distraction
1(人・気持・注意など)を(…から/…に)そらす、紛らわす、散らす
2(通例be ~ed)(人が)心を(…で)悩ます、当惑(混乱)する
3(人)を楽しませる、(人)に気晴らしをさせる
おお、気晴らしか!って思ったけど、
まぁまぁ、なんとなく違うこと考えさせるっていう意味ではわかってたかなと。
…てことで、うさうさんが前に
英単語を覚える用に前に書いたノートを晒してみる。
初めのページは、毎回接辞を書いていたり。。。

代表的なもので、
dis- 分離、奪う、反対、欠如、しそこなう、やめる、不、非、無
com-、con- 共に、全く
de- 降下、分離、除去、否定、驚異、悪化、非難
ex- 前の、元、外に追い出された、~から、~外へ、完全に、全く
pre- ~以前の、あらかじめ、~の全部にある
in-、il-、ir-、im- 中に、~に反して、否定、流行の
para- 近所、そば、副、準、疑似、防ぐもの (近くだけどくっつかないイメージだわ)
もっとあるけど。ちなみにこの接辞、ヨーロッパ言語結構共通してそうな気がする。
ドイツ語だとcomがkomになったりするけど。
あとは、
基本的に、後ろの部分が同じやつばっかりをあつめて、語源と一緒に拾ってます。

なんか、でも、これね、
フランス語やりはじめてから、より理解が深まってる感じがする。
おそらく、英単語の何割かはラテン語由来、
そしてフランス語はロマンス語っていって元々ラテン語から来た言葉だから。
例えば、manu-
manual(マニュアル/手製、手を使う、手動の)
manufacture(原義は手で作ること。今は大量製造)
昔社会の授業でやったマニュファクチャーのイメージで手工業みたいなイメージが会ったけど、英語では大規模生産のことをいうらしい。
manuscript(手書き、(手書きの)原稿、手紙)
ってことで、、、manuって手ってことだけど、
英語ではhand。でもフランス語だとmainなんだよね。
それ以外にも、
prevent(妨げる/中止する/防ぐ/(古語)先手を打つ)、invent(考案する/発明する)、event(イベント、出来事)、convention(集会、代表者懐疑、しきたり)
これらについているvent…ジーニアス大先生によると「出る」とか「出てくる」に
なってるけど、英語ではcome。
でも、フランス語だと、venirで、彼とか彼女のときの現在形の活用はvient。
これじゃん。みたいな。
微妙に似たような単語だけど意味がかわってて微妙なときも多いけど(^^;;;
例えば、prendre(仏)と-prise(英語)。
prendreって英語でいうとこころのtakeが主な意味で、
ジーニアス先生の-priseも「つかまえる/とる」が語源。
で、ほぼ同じ意味で使われるものとしては、
surprise(英)と、surprendre(仏)の「驚く」。
フランス語でも過去分詞だとsurprisだったりして、形も近かったり。
フランス語だと、そのものずばりの単語を使っているので
これがもっと解りやすくて
sur(上から)prindre(つかまえる)で、いかにも奇襲っぽいんだけど、
(個人的には巨人につかまるイメージだけど。)
意味の中でいまでも驚かすだけじゃなくて、
不意に襲ったり、捕まえたりも含まれる。
(一応英語でもそういう意味がなくもないけど、古語?)
あと、prisonは英仏ともに捕まえておくところってことで、刑務所。
…が、
comprise(英)/comprendre(仏)、
apprise(英)/apprendre(仏)
あたりが結構違うんだよね。
comprise(英)/comprendre(仏)については、
com(一緒に) prendre(とる)で
「含む」って意味では共通なんだけど、
フランス語のcomprendreは「理解する」ってunderstandの意味がスゲーーー強いからね。
むむむってかんじ。
ちなみに、英語の場合は、(一部に)含む、構成するみたいな意味で、
「一緒にとる」の解釈がちょっと違うってかんじ。
これが、appriseとapprendre(仏)になっちゃうと、
相当かわっちゃって、
apprise(英)が、通知するなのに対して、
apprendre(仏)は、一番の意味は学ぶこと。
ap(離れたところから) prendre(とる)かな。
フランス語でも「学ぶ」ことだけじゃなくて、
英語同様に、伝聞的に聞いた、伝聞で知った、伝聞で知らせたって
意味もあるんだけど、フランス語では一番はじめに覚える、
「学ぶ」って意味が英語にないのが、めちゃくちゃ紛らわしい。。。
ちなみに、apprise(英)を英仏で引いてみたら、informer(仏), prevenir(仏)ってでてきた。
(実は今はじめて引いたけど(^^;;;)
informerはフランス語がわからなくても推測出来るよね。。。
prevenir(仏)…あれ、さっきprevent(英)って書いたじゃん。
これも語源は一緒だけど内容が違うやつだわ(゚Д゚..)
むは。
フランス語の場合は、
1前もって知らせる、予告する
2通告する
3よく気がつく
4予防する、未然に防ぐ
5(文語)先回りをする
両方とも、古い用法は「先回りをする」だけど、
どうもフランス語の方は「予告」的なところが強く残った。
英語の方は「予防」的なところが強く残ったんだろうなぁ。

そういえば、語源が同じだけど、
考え方の違いで意味が大幅に違う意味になった言葉といえば、
travel(英)とtravail(仏)だと思う。
両方とも、苦しいこと、苦行みたいな意味が語源だと思ったのだけど、
島国な英国人にとって、苦しいことは、travel(英)旅行で、
フランス人にとっては、travail(仏)働くことだった(笑)
国民性なんだろうなぁ。
あ、やばい、英単語のことかくっていってたのに、
気づいたらフランス語のこと書いてた(´・ω・`)

TINTIN(タンタン/ベルギーのマンガ):L'ETOILE MYSTERIEUSE


ベルギー人のお友達からお誕生日に頂きました(o^-‘)b
L’ETOILE MYSTERIEUSE と
LE SECRET de LA LICORNE の2冊も!
クリスマスプレゼント交換でもらった
LE CRABE AUX PINCES D’ORのときに、
持ち歩けないから、自炊した~って言ったら、
小さいのくれました!
…が、iPadで読みたいから結局自炊はしたんだけど(笑)
これから読むから内容は解らないけど頑張ろう!!!!
(台詞が多いとはいえ60ページだから、日本語版なら1~2時間で読めるけど、
めちゃくちゃ時間かかるのよね(^^;;;)

三銃士 妖婦ミレディの陰謀

年末くらいに、DVDを買おうと思ってたんだけど、
在庫無しで、注文をキャンセルになってしまっていたのだけど、
海外ドラマをみようと思って契約したHuluのラインナップにあったΣ(`oДO*)
いや、、、正直さっさと見て解約する気満々だけど、
そのDVDに2000円くらい払おうと思ってたから2カ月くらいは
いいかなと思った(爆)
(とはいえ、気になるヤツをリストアップしてみたら、
2カ月で本当に解約するかいけるかわからんのだけど。)
さてさて、
三銃士 妖婦ミレディの陰謀。
エマニュエル・べアールがミレディをやっていて、
バッキンガムのワンシーンを除いて全編フランス語。
買おうと思ったときに調べたカンジだと、
映画ではなくて、テレビスペシャルのソフト化だったっぽい。
タイトルの妖婦って、怪しげでエロティック的なことかと思ってたら、、、
普通に魔女だったΣ(`oДO*)
この切り口は新鮮。
フランス制作で間違いないのだろうけど、配給はイギリス?
何はともあれ、ハリウッド版とは相当趣きが違う。
一応原作自体は、ミラ・ジョヴォヴィッチがミレディやってた
あれと同じはずだけど、どうしたら、こんなに違う話になるものか(笑)
どっちもどっちなアレンジの仕方だと思うのだけど、
こっちは、アレンジの仕方事態が悪い冗談っぽいんだよね。
そして、なんといっても、なんともいえないB級臭
でも、相変わらずフランスで時代もの制作していると、
衣装と登場人物と建物とがより本物っぽくていいかんじだわ。
花咲ける騎士道もそうだったけど、
というか、建物も衣装も、普通に本物だと思う
作ったとしても正しい形っぽいというか。。。アメリカナイズされてないかんじがする。
(ほら、なんつーか、日本の時代物を舞台にしたハリウッド映画って、
スチームパンク風味なアレンジは論外としても、
忠実とみせかけつつも、なんか衣装とか色々変じゃん(笑)
これをみてると、きっとこれが正しいんだろうなと思っちゃう)
しかし、、、
ダルタニアンって三銃士と出会う場面では、
普通はさ…
初々しい、くちばしが黄色い、
ひたすら青臭い
ってのが売りで、
手伝うって言い張るもののアトスたちのはじめは足手まといだと思ってたんだけど、
このドラマだと普通にがたいがいい、おっさんな上にお下品だけど、はじめっから強い(爆)
とにかく強い。
っつか強すぎw
別に戦うシーン別に三銃士いらなくね?つか、ほとんど三銃士戦ってるシーンないわ。
このダルタニアン、他の映画で例えるなら、
パイレーツオブカリビアンのジャック・スパローっぽいキャラ
英語版だったら、絶対にジョニーデップがやってるだろっつーくらい、
やたらワイルドなんだけどwwwww
こんなダルタニアンはじめてみたwwwwwwww
ということで、この物語に関して言えば、
ダルタニアンの成長物語ではない。
しかもさ、、、一人、木のちっこいボートこいででフランスから英国までいくとか。。。(爆)
冗談きついぜ(笑)(笑)(笑)
いやぁぁぁぁぁドーバー海峡を泳いでわたるとかって競技が
あるくらいだから、ボートだったら頑張れば全然いけるんだろうけど、
ボートでこいで渡る映画はじめてみた(笑)
(調べてみたらドーバー海峡の遠泳って15時間程度なのね。
ってことは、ボートも半日も漕げばつくのかも。)
ミラ・ジョヴォヴィッチのやつとか、
普通に船でいってたよね(^^;;;;;
原作ってどっちなんだろうね。
大真面目にやってるのに、随所わらえるんだよなぁぁぁぁ。
たぶん、ハリウッド映画の見過ぎなんだけど、
フランス映画って、なにげにちょっと変だからね。
(同世代だとフランス人でも普通にハリウッド映画と日本のマンガをみて育ってるから、
フランス映画ってなんか変とかゲイっぽいっとかそんなかんじらしいが。)
ストーリー的に気になる方はそんなかんじで。
たまには、いつもと違う三銃士をみてみたい!って方はオススメ。
というか、ミラ・ジョヴォヴィッチが出てたやつとか、
あの程度だと、イメージと違うとか、合ってるとか、
このアレンジ好きとか嫌いとか出てくると思うんだけど、
ここまでくると、イメージを壊れた!とかすら思わずに、
いつもの三銃士とは別物として見れると思います(笑)
でも、ディズニーの実写映画の海底2万里は許せなかったけど、
別に許せないとかもなかったんだよなぁぁぁぁ。
たぶん、あれは、「人気を出させるための見え見えなアメリカンマッチョキャラ」を
狙いまくって出していたのがミエミエすぎて、鼻についたんだけど、
なんか、すげーーー原型をとどめてないのに、天然ボケっぽいんだよ。。。コレ。
蛇足的に。フランス語の学習用としては、
いままでみたどのフランス映画よりも1文1文が短くて、
フランス語学習者には良さそう。
(うさうさんの語彙を超えてるから、本当に簡単な台詞しか
聞き取れてないけどw)
たぶん、内容はともかく、フランス語のききとりのために、
あと10回くらいみてもながら見いいかなと思った。


三銃士 妖婦ミレディの陰謀

言語のチャンポンってむずいって話。

つい3日前くらいから、某語学交換サイトでみつけた、フランス人とメール交換してる。
方法はちょっと違うけど、英語のときと同じ武者修行開始。
もうね、ひたすらうさうさんが、フランス語で他愛もないことを書いて、
それに返信してくれるだけ(爆)(爆)(爆)
まじで、相手やさしいwwwww
つか、今回、完全に英語は封印。
たまーに調べないで書いちゃった単語とか英語混ざってるかもしれないけど、
あいてにも英語は使わないからって宣言してて、
フランス語を頑張って書いてる。
間違い直そうか?っていってくれたけど、
「いや、、、今はとりあえず書くだけでも手一杯だから、
「難しすぎてヤバい」じゃなくて「すごく難しい」くらいに感じれるようになったらお願い!」
といいつつ、、、面白くもないメール交換につきあってもらっている。
いやー私もね相手に日本語で書いて来てもいいよって言ったんだけど、
今はちょっと書くに至らないらしく。
そんな中、別のベルギー人の友達に、
メッセージ送らなきゃーって思いつつ、英語が出てこない(爆)
思えば、3日前は、フランス語を書こうと思ってるのに英語が先に出て来てたのに、
うはwwwww
思えば、英語でしゃべってるとき、日本語すら入ってこない私。
脳みその言語の切り替えがめちゃくちゃ遅い。
そのわりに別に英語でしゃべってなくても、アルファベットをみた拍子に、
なぜか英語に切り替わっちゃって、日本語の単語が突然出てこなかったりもするし、
逆もある。
あとは、フランス語を勉強はじめてからは、
なぜか、英語しゃべってて、フランス語しゃべれないのに、
フランス語の単語が先にでてきちゃうと、英語の単語がどんなに簡単でも出てこないとか。
たぶん、もっと若いときにちゃんとやってればそんなことないんだろうけど、
歳くってから、無理矢理覚えたような部分があるせいだと思う。。。
いや、、、実際のところその子、普段はオランダ語使ってるらしいけど、
お母さんがフランス人だから、フランス語で全然OKなんだけど、
フランス語で言うには話が複雑すぎて、いまだ英語(-_-;)
そろそろフランス語でしゃべろうかな。。。
つか、実際に1日にA4で3枚分くらいフランス語書いてると、
自分の中で、何が消化できてないかすっごいわかるけど、
確かになれてくるんだよね。
でもさー、
活用は本当にしばらくはどうしようもなさそうだからともかくとして、
(読んでる分には、現在形なのか過去形なのか未来形なのかわかるのに、
いざ書こうと思うと、まじでスペルが怪しい(゜Д゜..)
しかも捨てにかかってた、ilsとか案外使うんだ。。。(-_-;))
英語でいうところのto不定詞的な用法とか相当あやふやだし、
in, on, toあたりの助詞も思っている以上にあやしい。
あと、どうしても英語を直訳したような表現しか書けないというね。。。
やっぱり、文法だなぁぁぁ。
フランス語の神髄までは先が長いなぁぁぁ。


関連記事
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える

ジェネレーションギャップとカルチャーショック

うさうさんの通っている、フランス語講座。
先生は、同世代(日本の学年的に同級生か1つ上。)、
私以外の生徒は、平日の午後だったりするわけで、親世代からもっと上。
さてさて、、この講座、
わりと文学やら、映画やらの話にいってしまう脱線は多いかも(爆)
そういう流れにしてしまったのは私かも…ちょっと反省。
というか、私が脱線させまくってるんじゃないかという疑惑が自分の中にある。
隔週ペースでしか行っていないから、影響は半分くらいだけど、
そういうのがおもしろい人はいいのだけど。
でも、いっつも遅刻してて(隔週な上に。。。w)、入る前にちょっと覗くと
席は会議室状態の机を四角に並べて輪になってるものの
結構静かにやってるんだよね。
なぜか私が入って行くと、私と先生が教材の内容について話す形式で
授業が進んで行くんだけど(-_-;)
ぼちぼち脱線させてしまうわけで。

外国語のとっかかりとして良いのは、
例えば文学作品だったり、映画だったりするわけだけど、
ほとんどのケースで、そういう話題になったとき
・先生と私は知っているが、他の人は知らない。
・私と先生以外は知っている。
・私も他の生徒も知っているけど、先生だけしらない。
って、ことがおきる。
ジェネレーションギャップについては、まぁ、、、特に語る必要はないのかも。
でも、書いちゃう。
私と先生は知っているケースは、
ここ20年くらいの作品で、さらに子供向けっぽいハリウッド映画とマンガ。
(たぶんみんなお子様が私たちと同世代だから、子育て中に一緒にみてたやつは知ってるんだけど、その後のやつは知らないんだと思う。)
逆に私と先生が知らないケースは、フランス文学系が多い。。。
言われてみれば、うちの親も小学生時代、外国の名作と言われる文学は相当読んだと前に言っていたし、そういうもんなんだと思う。
そして、親以外で親世代の人と
映画や文学についてしゃべることがあまりなかったんだけど、
思った以上にジェネレーションギャップはある。。。w
例えばね、「赤い髪(cheveux roux)って何よ?」って話になって、
先生がモゴモゴしているうちに、
「赤毛のアンとか、ハリーポッターのロン・ウィーズリーみたいのじゃない?」
とか私がうっかり言ってしまうと、
「ああ、にんじん(フランス文学)もそうよね!」
といわれ、「にんじん???図書館で背表紙しかみたことない(゚Д゚..)」となってしまう私。
そこからおばさまたちのターン(爆)(爆)
「ああルナール!教科書にのってたわよね!?」
先生は「Poil de carotte?知らない…それってどんな話なの?」

話題にのぼるのが、「超有名な名作」なら問題ないんだけど、
「ちょっと流行った」程度の作品だと、まさにこれよ。
上の場合だと、赤毛のアンはもちろん超有名。
ハリーポッターも全作じゃないにしろ、1作くらいはみんなみてる。
にんじんを私が読んだことないのは、
ジェネレーションギャップとも言いがたいんだけど、
(小学校の図書室のどの棚にあったか未だに思い出せるのに!)
が、、、マンガ世代だし(-_-;)←教養がない言い訳。
今日は、なぜか私と先生で、15年ほど前の映画の話にで盛り上がってしまったけど、
大概、この手の話をすると、どっちかが置いてきぼりってかんじでもないけど、
知ってる方が解説をしまくるかんじにw
でも、いままでならば、絶対に知り得なかった作品の
こととか知れるのはおもしろい。
で、、、これからかくのは、
案外日本で有名なフランスのものだけど、フランス人は知らないものあるという話。
たとえば、
星の王子様
これね、フランス人ってみんなサン=テグジュペリは知ってるんだけど、
それは飛行機乗りとしてで、
(空港の名前にもなっているし。)
星の王子様は知らないのよ。
で、、、これの話になったとき、
先生は「え?星の王子様?Le Petit Prince?なにそれ?」
別のフランス語の先生をやっているフランス人の友達とかも、
「なんで日本人って星の王子様好きなわけ!?」
とか言ってた(爆)
彼女も、日本でフランス語の先生になってから生徒に言われて読んだとか。
「うさうさんも前からしってたの?」
ってきかれて、
「子供のころアニメでみたから知ってるー」
っていったら、
「え?それって日本のアニメ?アニメになるほど日本人は好きなの?」
とか、、、そんなかんじだった。
さてさて、、、そんなこんなだけど、
フランス人の知り合いがいるなら、是非一度聞いてもらったら
十中八九おもしろい反応を引き出せるのが台詞が、
「今日ね、フレンチトースト食べたよー」
だったりする。
元々は英語の武者修行時代、同じことを何人もにふってみて、
その反応で、表現力を養おうとしていたことがあって、
当時チャットをしていた、人にそれぞれこの
「ランチ何食べた?」っていうのとワンセットで言ってみて知った。
ちなみに、同じことをアメリカ人にいってもドイツ人に言っても
「ああ、たまにたべるよ。おいしいよね」って返ってきたんだけど、
フランス人だけが、全然違う反応。
面白すぎて過去フランス人5人くらいにチャンスがあればふってみたけど
全員同じ反応するんだ、これがまた。
「ンアー!?
フレンチトーストってなんじゃそりゃ!?」

(さすがにフランスの外に住んでいるフランス人は知っているかも。)
フレンチトーストって名前なくらいだから、
フランス人も知っているものなのだけど、名前が違うんだよね。
ただ、アメリカとかで食べたこと無いけど、フランス以外は柔らかいパンで作って、
フランス人は堅くなったフランスパンでやっているんじゃないかと推測。
冷や飯使ってお茶漬けかチャーハン的な感覚な気がする。
何のことか(フランス語では、Pain perdu)解ったとたん、たいがい、
「うーん、それ、おいしくないと思う」
(笑)(笑)(笑)
おもしろい。
が、逆に日本のものがジャパニーズ○○って違う名前になってて、
日本人以外はみんな知ってるのに、日本人が突然きいたら、
「なんじゃそりゃ?」
ってなるものとかもありそうだなぁ。
あるならちょっと知りたい。

外国人との交流の仕方。異文化の人との交流の仕方。

これからのグローバル社会に逆行すると批判されるの覚悟で、
はじめにいっちゃうけど、
誰が言ったかはしらないけど、
「考え方の違うヤツがいるから国境は存在するんです」
そして、全ての人が同じ文化を持ち、
全ての人が同じ社会規範を持って生活するなんて、
なんてつまらない世界なんだ!って思っている。
そして個人的には、
平和なら、無理にグローバル化なんてしなくてもいいんじゃね?
ってわりかし本気で思ってたり。
でもそれってきれいごとなのかもしれないということもわかっている。
本来は違う相手とは不可侵条約を決めこんで、
仲良くできる場面だけ仲良くしておいたら良いと思うのだけど、
おそらくそれは女の発想で、歴史をみると(現在進行形でニュースもみてもか。)
難しい注文なのだと思う。
でも個人的な交流であれば、
興味があって、仲良くしたい国の方とだけ仲良くして、
えり好みだってしていいと思ってる。
その心は?
という話。(めちゃくちゃ長文。)
Continue reading

語学の学習方法について考える

※フランス語はまだそんなにしゃべれないので、英語について
※当初のゴールが「旅行で困らない程度」ととっても低いところにあったので、気がついたらだいぶ遠くまで来てしまったかんじなんだよなぁぁ。ということで、意識はあんまり高くない(爆)楽しくしゃべれたらOKな方向けないようだと思う。というわけで、ビジネスとか、もっと上のレベルを目指している人は解らん。一応、相当適当なかんじだけど、イギリスとかカナダの通販サイトに電話したり、外国から来た友達と指しで5時間くらいは平気でしゃべれる(爆)うっかりカフェでしゃべりすぎて観光案内とかし忘れたりもするけど。
※人それぞれ合った学習法って全然ちがくて、うさうさんの場合はどっちかっていうと目でみたものの映像記憶の方が強いので文字ありき。で、どっちかといわなくても音に対する記憶がとっても弱いのでまずは文字で覚えたけど、音の記憶のが残りやすい人はまた違う方法があるかと。完全にリスニングとかスピーキングとか後回しにしてたんだけど、ライティングが出来るようになったら、普通にリスニングができるようになったっていうね。どっちかっていうと、文字のが強い人向きかもしれない。
英会話教材の中にはさも耳からの英語じゃなきゃ駄目だという宣伝をしているのもあるんだけど、半分合っていて、半分合っていないと思う。得意な記憶の方法って人によって違うそうで。他人の名前を聞いたときに忘れないけど漢字はど忘れしちゃう人は耳から、他人の名前を耳できいただけじゃ覚えれなくて漢字とセットになってる人は文字からでいいんじゃね?(テキトー)ちなみにうさうさん完全に後者で下手するとその人が書いた自分の名前の筆跡と一緒に覚えてた…昔は。今はほぼ活字でしかみないから筆跡は知らないけど。
0。直訳表現をよく研究して、日本語でそういう文が作れるようにする
⇒そもそもの文章を作るときの考え方の違いを知る
なんか学校で教えてくれなかったけど、これができるようになると、
めちゃくちゃ5番目の項目がラク。
というか、もしも私が英会話教室やるなら(絶対にやらないと思うけどw)、
1回目~3回目までこれだわ。
まずは日本語の状態で言いたいことを簡単に訳せる文章の作り方覚えるの。
そして、そもそも日本語と英語だとその内側にある哲学が違うので、
そこに気づけない間は、変な英語~って思われちゃうからね。
たぶんフランス語はまだ変なフランス語だけど、
英語から入ってるので、実はフランス語に関してはこれはちょっとスキップしてる。
1。文法
学生時代は、こんなのより使える英語をやるべきって思ってた私が
浅はかだったと知ったのは、しゃべり始めてから。
文法ってさ要はその言語の大半はこの法則ですよーってやつだからね。
つまり、語彙をすげ替えただけで、この法則で9割くらいの会話が成り立ってるというね。
まったく違う文法構造を持つ我々としては、
なんだかんだで同じ文法構造のもので沢山文章を作る練習をした方が良いと思うの。
2。文法
めちゃくちゃ基本的なところだけどどんなときも主語を忘れないとか(笑)
3単現のSとかは全然すっとばしてもいいけど(良かないんだけど意味は通じるし)、
せめて現在形、過去形、過去完了形、未来形くらいは完璧にしときたい。
3。文法
⇒大事なことなので、3回目。
確かに英会話的なウィットにとんだ表現とか学ぶもいいんだけど、
文法が出来ないと、好きなこと言えないからね。
でも、あくまでも文法が必要なのは好きなことを好き勝手いいたいからであって、
来週から海外旅行に行く!とかなら、英会話本片手にが良いと思いまする。
旅行に使う英語なんて決まりきっているし。
4。語彙
まぁ、、、言うまでもないよね。小学生~中学生で漢字を覚えたくらいには、覚えないと。。。
私の英語力的にはたぶんネイティブの10歳くらい(;´Д`)
陰謀めいた話のドラマとか字幕無しだと、子供の言っていることしか解らない。
前によく友達と喋っていた経済と政治とデザインとパソコン周りの話題だけは解る(爆)
あと、テキストチャットなら解るジョークが、
面と向かって口で言われると解らないとか、少々問題有り。
5。出力
自分で文章を作る努力。たぶん、最終仕上げはこれ。
これがないと、いつまでたっても喋れないし、
人によるかもしれないけど、日本語で考えなくても文章を作れるようになったら、
相手の言ってることが聞き取れるようになった。。。
まずは日記からでもいいのかも。
そのあとはネットで暇な外国人捕まえてしゃべってみようぜ!
どこまでいっても、言語はコミュニケーションツールでしかないので
誰ともしゃべらないのに言語を勉強するのは無駄というものでしょう?
うさうさん的には、通じれば多少下手でもいいと思う。
一番駄目なのは、間違うことではなくて、誤解を与えること。
相手がそれなりに誤解なく通じるなら、用法が多少違っててもいいと思うんだ。
6。ひたすら反復
受験のための英語であれば、知っていればいいんだけど、
会話は脊髄反射って言われるくらいで、
母語であれば考える前に答えちゃうっていうのが普通らしい。
外国語もそれくらいじゃないと、会話が困難なわけで。。。
新しいことも覚えるんだけど、上に書いた文法の反復で、
脊髄反射的に答えを言えるようにするのが味噌だと思うんだ。
新しい言葉はその構文にすげ変えて行くの。
受験英語的イディオム?
ウィットのきいた表現?
全然必要ないとはいわないけど、
年に1回使うか使わないか解らないような表現は、
上が出来るようになってからでいいんじゃないの?
相手がネイティブじゃなかったらたぶん通じないし。。。
そんな、例外文集覚えるくらいなら、
文法とかlikeとかhaveとか使い方いっぱいある単語の
の使い方全部覚えた方が有意義じゃない?
このあたりって、母語も似たような構造している、
ヨーロッパ人なんだかんだで得意だからなぁ(-_-;)
(うさうさん自体ネイティブよりもドイツ人とかフランス人と
しゃべることが多かったので、
相手がアメリカ人とかイギリス人じゃない前提なのはすまぬw
だって、いっぱいある国のうちの一つじゃない。)
発音だって、日本人が気にしているほど他の国の人とか気にしてなくて、
ヨーロッパ人とかたまーに相当いい加減な発音してるからなぁ。
でも、ニューヨーカーイングリッシュとか、苦手感ある(;´Д`)
うさうさんのフランス語の勉強は、
今、5をボチボチ始めていて、6も頑張らないといけないんだよね。
で、、、フランス語で日記を書き始めてみた。
なんかでてきてしまった、去年1ページもかかなかった日記帳で(笑)


正直英会話の教材とかバカ高くて、どうかと思うんだけど、楽しくしゃべりたいだけなら、フランス語の電子辞書のところで書いた辞書入れて合計1万円弱くらいでいけるんじゃね?って思ってる。
そのうち辞書が中古8000円くらい(爆)今ならiPhoneアプリでいいんだけどやっぱりジーニアスくらいは欲しいから最低5000円くらいか。(日本語が入ってる系辞書って無駄に高い(;´Д`))今はiPhoneで済ませちゃってるけど、でもなんだかんだ国語辞書とかもたまに使うし(シソーラスが入ってるかどうかの基準で買ったくらいだし)、うさうさん的には電子辞書安かった。結構中古電子辞書は、コンテンツ次第でアプリより割安なので狙い目。。。
中学生用文法の教科書を復習して、あとは、ネットへゴーみたいな(笑)
うさうさんが5年くらい前に英語の勉強を始めたときは、
ネット上に云万人どころか云億人も英語を話す人がいるのに、
なんでお金払わなきゃいかんのよーーーー。
(実際に英会話教室、超高いし。)
って思って、いきなり武者修行してしまったわけでして。
ただ、お金を払ってない関係な以上、おもしろくないと思ったらお互いに切れる関係の
何か返さなきゃ!みたいな、緊張感で上達した感じがする。
(ある意味ね、お金を払っている先生だと甘えが出ちゃうのよ。)
はじめのうちは、「お前何言ってるのか解らん」ってよく言われたわwwwww
フランス語もボチボチ、武者修行の時期が来た気がするけど、
日本語や、英語に甘えちゃってるのは自分の中で問題だなぁぁぁ。
そもそも全然文化的にもフランスに興味があるわけではなく、
ただフランス人の友達が沢山できてしまったからという理由で、
フランス語をはじめたのに、全然使ってないのは本末転倒なわけで。
もちろん、英語ではなすにしろ、日本語で話すにしろ、
彼らの言ってることはよりわかるようになってるけど。
2014年はもっとフランス語をしゃべるぞぉぉぉぉ

フランス語その他いろいろ。

関連リンク
フランス語その他いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える


元旦からなにやってるんだろう状態だけど、フランス語の教材晒しはこれにて終了。
というか、今年こそはちゃんとフランス語楽しく会話ができるようになりたいです。
ということで、放置し気味だったフランス語の教材を晒すためとはいえ、
もう一度開いてみることで、気合い入れ!
しばらく開いていないご無沙汰な本も沢山あったのだけど、
一つも単語がわからなかったころに比べると、
読めばなんとなく意味が入ってくるものばっかりで、逆に安心したわ。
たぶん、この当たりをひたすら繰り返して、
単語を見たり聞いたりしただけで、パッとイメージがわくくらい、定着させないとね。
前にも書いたかもだけど、今のフランス語力が、
数年前に勉強をしなおした時点での英語力と同じくらいなんだよね。
(中3の内容が半分くらい解ってた程度だった気がするけど
テストの点数はあんまり取れないレベル。。。語学苦手な自分基準でw
すげーやってるようなやってないようなでこのレベルだから、
中学生時代となんだかんだ同じくらいやったともそれしかやっていないとも言える。)
たぶん、いいたいことがすらすらいえるようになるようになるまでに、
ちゃんとやって、あと1年はかかるけど、
そこを頑張るって言うのが、今年の目標の一つ。
べらべらしゃべれるようになったら、、、フランス旅行でもしに行こう。。。


Aventures de Tintin
Le Crabe Aux Pinces D’or (Aventures de Tintin)
1351円~


一週間ほど前に書いた、友達からクリスマスプレゼントにもらったバンドデシネ。
詳しくは、一週間前の記事を読んでもらった方が良いと思うのだけど。
最終的にやっぱりマンガか。。。w
なんというか、小学生くらいから、語彙のうち何割かはマンガから覚えたわけで(笑)
案外文字ありきな私の場合は、映画よりもマンガを何度も読んだ方が覚えられるのかも。。。
マンガの良いところは、情景とかはすでに絵に描かれているので、
いまいちわかんない単語も飛ばして読めたり、推測できたりできるところ。
文字だけの小説もちょっとトライしたけど、挫折してしまったりwwww
ただ、Kindleでは英語版のものだけで、本家のフランス語版がなくて、
難点は手に入りづらいのと、一週間前の記事にも書いたけど、でかくて持ち歩けない…。
ってことで、人生初めて、、、自炊しました。
流石に破壊的なやつじゃないけど。。。w


アメリ

【送料無料】アメリ

【送料無料】アメリ
価格:4,935円(税込、送料込)

たぶん、人生の中で一番何度もみた映画。
なんかやっぱり5000円くらいで買ったきがするけど、
100回どころじゃなく再生したとおもうから、間違いなく元はとった(笑)
これの前の記事の「CDを聞くだけでフランス語が覚えられる本」の次に選んだ、
ある意味無謀な教材でした。
私がやったのは、フランス語字幕にして3カ月かけて全部書き写して
(大学ノートにして2冊半)、
さらに、3カ月かけて全部の単語を調べたという。。。
そして、さらに3カ月毎日家にいる時間はできるだけ流しっぱなし。
(さすがに画面は見なくなるけどw)
効果のほどは?というと、
名詞形は結構これのやつ出て来たのは入ったんだよなぁ。
ちなみに、、、字幕を書き写しているときは、
さっぱり文法も知らなかったし、どの言葉の意味もわからなかったんだけど、
それでもよく出てくる単語は覚えたかも。
今ノート見たら、普通に読めた。。。
というか、フランス語文を2行くらい読めばどの場面かわかるわ。
それでも聞き取れるか?と読んでる速度から逆算すると、無理げだけど。。。w
まぁ、、、9カ月もやってたって思うと効率的にはきっとそんなによくないよね。
ただ、先生にはそんなに言葉どこで覚えた?
って言われることがしばしばで単語帳に載ってない言葉も覚えれるw
どうでもいいけど、アメリはBGMが好みだったし、
フランス映画としてはキレイにハッピーエンドだから続けられたに違いないw
劇中3度の悲鳴だけは何度も見ていると耳障りでその部分だけ消音にしちゃうんだけど。


Kindleの電子書籍
実は読むの挫折しちゃってて、
どれが良いっていうのもないのだけど、
ジューヌ・ベルヌとか著作権切れのやつは、タダで落とせるからね。
読まなくてもとりあえず落として読んでみるのは全然ありじゃないかなって。
海底20万里とかは、フランス語で読み始めたけど、冒頭モンスターとか出てくるけど、
本当にそれで合ってるの?って思いつつ、
日本語版を買ってみて、そっちは読破したみたいな。
おもしろかったです。日本語版(爆)(爆)(爆)
ディズニー版の映画は原作レ○プすぎて途中までしかみなかったけど。


ラ・フォンテーヌ
Jean de la Fontaine
※音有り注意。テキストを男性が朗読しています。
音が出ないヤツも、画像があるやつはクリックするとmp3が再生されるかと。
このページは英語訳付き。
アリとキリギリスやら、牛になりたかったカエルの話やら、知っている話がいっぱい。
動物の名前はともかくとして、短くて読みやすいんだけど、
フランス人の友達にそれって、現代フランス語じゃないんじゃね?
っていわれて、一度読むのやめた気がw
要はフランス版伊曽保物語。
敢えてイソップ寓話とはいいません(笑)
イソップ寓話を元にした詩で、微妙に現代語じゃないっていうと、
一応イソップを元にしているけど、訳ではないことになっているあたりで。
もう一回読んでみようかなということで、
一応書いておく。


ラジオフランス
Radio France International
一時きいてたんだけど、聞かなくなってしまった。。。
ラジオフランスのニュースサイト。
「Le journal en français facile」で、ニュースがフランス語で聞けちゃいます。
なんというかね、
インターネット時代になって、語学って勉強しやすくなったんだろうなってつくづく思うわ。
学生時代に英語ができなかった理由を時代のせいにするのは
お門違いなのは解っているけど、リスニング用音源とかさ、
英語ですら、CD付きって今ほどポピュラーじゃなかったし
そういうのは昔は高かったもんね。。。
今は、ほぼほぼ普通についてくるけど。
それだけでなくて、せめてあと10年早く辞書が喋ってくれてたら、
もうちょい英語できたかもって思う。。。
もうね、発音がいまいち解らないのが結構問題だったわけで。
フランス語の教材だって今はほぼCDはついているものの、
ますます幅を聞かせている英語教材コーナーの隅で
書店で選べるものは限られているけど、
(っつーてもうさうさんちの近くに大きい書店があるからちっこい書店の英語コーナー程度のフランス語本コーナーはあるんだけど、英語コーナー、、、すっごいからな。。。)
そのかわりに、インターネット上に落ちている情報量は凄まじいものがあるわけで。
元々フランスの文化に興味があったわけでもない私にとっては、
予備知識があるわけではないから、
フランス語の情報を集めるのはある意味至難の業だけど、
それでも、これだけゴロゴロしてるとなぁぁぁ。
(ただ、日本語で解説付きのものを探すとなるとやっぱり少ないかも。)


Passage:東京大学フランス語教材

The 東京大学ってカンジの長文(っていっても1ページから2ページ)集。
内容的にも、学生時代の英語とか国語の試験の長文を彷彿とさせる内容(笑)学生時代語学というか英語が苦手だった私は英語を読み返すことはなかったけれど(内容もさっぱりわからなかったw)、国語は案外じっくり読んでみると良い文章ばかりだったけれど、本当にそういうかんじ。
ついてくるCDは1/2倍速というかんじでゆっくりめ。


関連リンク
フランス語その他いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える

フランス語の会話本いろいろ。

関連記事
フランス語その他いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える


なんか書き始めたけど、誰かのためになるのかなぁ
って気がして来た(ノД`)
けど、ここまで書いたから全部書ききろう。
自分でもこんだけ買ったヤツちゃんと消化しようぜ!っていう戒めも含めて。
たぶん、これいれてあと2回。


フランス語会話フレーズブック

ジムでエアロバイクをこぎながら10分ヘッドホンで聞きながらきいてたり
(そのあとは小説を読んでいたり。)
これは、、、本当にオススメ。
スピードラーニングの普通の早さ版ってカンジもするけど、
本当に基本挨拶から、留学やら子供の幼稚園のためのフレーズまで。
恋愛関連のフレーズはヘッドホンをしているとはいえ
外できくんじゃなかったというレベルの歯が浮くような台詞満載だけどwww
実際に使うときってなんだかんだ、似たようなかんじの
色々なバリエーションを覚えると使いやすいと思うんだけど、
これ覚えられたら楽しくしゃべるのくらいできそう(o^-‘)b


CDを聞くだけでフランス語が覚えられる本

表紙が変わっていて内容が微妙に違うかもだけど。
内容的には、全編旅行に使えるフレーズ満載。
日本人に一番必要なフランス語集かもしれない(笑)
CD付きだけど、むしろいいたい言葉を探して、指差ししたらいいかもみたいな(え)
実は、、、学生時代に挫折したやつを除けば、一番始めに買った本。
もうね、簡単単語ですら全部調べて書き込み。。。w

旅行用会話集としては完全に使い方間違ってます(^^;;;;
旅用の会話集って文法順じゃないし(笑)
何を買ったらいいかわからなかったんだよね。
思えば、これを初めて開いたときは、
知っている単語がほとんどなくて、
言語としての認識すらあんまりなかった。。。
まだまだだけど、それでもざっとみて知らない単語がなくなったのは
よかった。。。まぁ云年やってるんだけど。


さらにもう一冊学生時代に買ったヤツがあるんだけど、中学の英語の教科書的なやつ。。。でも独学用としてはまったくもっておすすめじゃないので、割愛!


関連記事
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える

フランス語の単語帳いろいろ。

関連記事
フランス語その他いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える


ほい。
フランス語の単語帳も気づけば4冊ももってんじゃん(゜Д゜..)
実は、1冊は買った物のしばらく行方不明になっていたので、買い足しました。
重複している単語ばかりだと思うけど、全部覚えてたら2000語覚えてるんだけどなぁぁぁ
ってかんじで。。。w
が、、、暗記力に難有りな私にとって単語を覚えるのも結構キツいわけで。
それぞれいきます。


ゼロからスタートフランス語単語basic1400

丸暗記が苦手で、理屈と一緒に覚えたい私向け(爆)
収録語は1400と少なめだけど、単語の語源やら注釈やらが沢山載っている。さすがアテネ・フランセ編集。
名詞から動詞になった単語とか、英語と微妙に綴りがちがうものとかそういうのも載ってるのがいいね。CD付きで、一時電車で寝ながら聞いてたのがあんまり睡眠学習になってるようななってないような。
睡眠学習でもしないよりはした方がいいと思うけど(笑)


テキスト 使える・話せる・フランス語単語

テキスト 使える・話せる・フランス語単語

テキスト 使える・話せる・フランス語単語
価格:1,365円(税込、送料別)

なんか学生時代の英語の単語帳を彷彿とさせるような「ザ・単語帳」(笑)

たぶん2150語くらい。
1対1の訳語になっちゃうけど、初期に効率よくとりあえず覚えちゃうならありなのかもしれない。
ざっとみてみて、、、半分くらいは、、、覚えてそう(た、、、たぶん)


絵で楽しむフランス語「単語」

え?これ2131語+170フレーズなの?と、、、帯をみてビビるw

読むというよりは、眺める主体になるようなカンジの単語帳。

本屋で見てこれいいじゃーん!って思って買って来たんだけど、
取っ付きやすい代わりに、結構ごっちゃごちゃで、
視線をあっちこっちにやらなくちゃいけなくて、
思ったより良くなかったパターン(笑)
あ、でも、食べ物と食器だけは解りやすかったwwww
名詞を覚えるには悪くないとおもうんだよね。
でもなんで動詞いれたんだろう…っておもう作り。。。名詞に割り切ってくれれば
もっとスッキリできたんじゃないかと。


FRENCH Idioms
French Idioms (Barron’s Foreign Language Guides)
¥ 830 通常配送無料


アメリカの出版社から出している、A6サイズのミニサイズ英語の単語&イディオム帳。
タイトル的にまずはフランス語一語とその英訳。
その下にその単語を使ったフランス語イディオムと英訳が書いてある。

収録語数は単語単位で1000~1500程度だと思うけど、
巻末に欧米圏特有のアルファベットの略語の仏語表記と米語表記(英語といっていいかわからない。)がのっていたり、
発音ガイドが載っていたり、
長さと重さの単位が載っていたり。
(基本的にヨーロッパは、日本と同じだけどアメリカはポンド、ヤードだから。
どうでもいいけど、学校ではリットルって習うけどそれがフランス語で、リッターは英語かもしれないと最近きづいた。。。)


関連記事
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える

フランス語の文法書いろいろ。

関連記事
フランス語その他いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える


辞書いろいろのところにも書いたのだけど、大掃除でバラバラに収納してあった
フランス語学習関連の本を一カ所にまとめてみたら、
思った以上に沢山あったので、これから勉強したい人向けに紹介。
あんまり語学得意じゃないうさうさんによるフランス語の本の紹介(笑)


清岡智比古先生のフラ語シリーズ

「わかりやすいにもホドがある!」がうさうさん的に2冊目(学生時代に挫折したのを含めると3冊目)のフランス語学習用の本だったのだけど、この後に「フラ語練習、楽しいだけじゃだめかしら?」をかったかんじで。
この本の良かったところは、薄いのでただ平読みをするだけならば、2時間あれば1冊読めてしまうこと。
つまり2時間で覚えられるかどうかはともかくとして、
フランス語の初歩の初歩の部分の概要はつかめてしまうっていうこと。

しかも、オネエ口調なので読みやすい。
(NHKの「テレビでフランス語」で清岡先生をみるまでそっちの気のある方かと思っていました爆)
分厚いと心が折れてしまう私みたいなタイプの方には文法書1冊目として、絶対オススメ。
たぶんね、分厚い本を買ったけど途中で飽きてしまうくらいだったら、
薄い本を完璧になるまで読んだ方がいいよね。みたいな。
うさうさん、たびたび読んでるんだけど、まだ完璧じゃないんだけどね(*ノ_<*) (語学苦手だから仕方ないw) 内容的には、本当に文法の重要ポイントは両方に載っていて ほぼほぼ同じなので、もしかしたらどちらか片方でもいいのかも、 フラ語入門⇒口語調の説明入り フラ語練習⇒口語調の説明がなくて、その分練習問題 ってかんじになっています。 どっちがオススメか…というとタイプによるかもしれない(笑) とりあえず概要をつかむために、心折れずに読みたい場合は、入門を。 いきなり練習問題も合った方がやる気がでる場合は練習を。

楽天ブックスの画像黒すぎて笑えるけど、、、
ピンクのヤツは、動詞の活用だけがひたすら載っている本。
買ってしまった同期は、前にSkypeでビデオチャットをしていた
フランス人になんか質問したら、つかさず出して来た本が
こういうカンジの、ひたすら活用だけが書いてある本だった(笑)
本人曰く、たまに忘れたら開くんだって。
で、、、フランス人ですらそういう本を持っているのだったら、
私も1冊くらい買った方がいいかななんて感化されてしまった的な。。。w
毎日眺めてやろう的な意気込みだったんだけど、
結局わすれてしまったなぁぁぁ。


久松健一「ケータイ[万能]フランス語文法実践講義ノート」

今まで勉強していてよくわからなかった、かゆいところにも手が届く、そんな本なわけですが、
どうしてもタイトルの「ケータイ万能」だけは納得いかない分厚さ(笑)
でも、その分内容は詰まってるのはたしか!

本当はね、これが一冊目だったら、もうこれ以上の文法書いらないんじゃない?
ってかんじもするの。
少なくとも、とりあえず私みたいにフランス人と楽しく会話できればいい
くらいのところを目標としている身としては。
ただ、1周目は頑張って読んだけど、実は2周目終わってません(ノД`)
比較的最近買ったから~と、、、ブログをさかのぼってみたら思ったら5月か。。。
全然最近じゃねーーーー(゜Д゜..)
完全に、心折れる厚さ。。。
ということで、分厚い本でも心が折れないタイプの人にはとってもオススメ。
本当に内容濃くて、小話も満載で面白い。
これ1冊ちゃんと覚えれたら絶対にできると思う!


東郷雄二「中級フランス語あらわす文法」

このページに載せるかどうかちょっと悩んだんだよね。
文法とかいてあるけど、この先生の本の内容は、フランス人らしい解釈がテーマな気がしている。
それはそれで文法の範疇はあるのだけど。
この本は、そもそもがたまたま半過去と複合過去について調べていたらいきついた、東郷先生のホームページがきっかけで著書を買ってみたかんじなのだけど。
もちろん、本も良いのだけど、
東郷雄二先生のホームページの中の研究業績はフランス語にまつわるあれこれがすっごい詳細にかいてあってオススメ。
フランス語というか、フランス人の考え方の構造自体がわかるかんじがする。
本を買う前にこっちを読んだ方がいいかもって思う。
初めたばっかりの方でも、考え方なのでいいと思うんだよね。
このページの下の方の『ふらんす』連載「フランス語の隠れたしくみ」の「時制を支えるふたつのゾーン」(8月号)は、マジでなるほどー。
半過去と複合過去についてゾーンに分けてかかれているのだけど、フランス人と日本語でしゃべってて、たまに感じる違和感すら解消された。
(彼らにしてみれば、日本語ではそういう概念がないから表現しきれない部分なんだよね。)
言葉は記号ではあるんだけれども
ある語に対しての訳語が1対1にならないように、
言葉がかわれば、考え方の構造というか道筋自体がかわるのだと思うのだけど、
そこを無視した、訳文なんてエキサイト翻訳並みにクソだからなぁぁぁ。
英語⇒フランス語翻訳もそういう意味ではやっぱりズレるんだけど、
日本語と比べれば、ズレは少ないから、私自身、英語⇒フランス語とか
その逆で考えているわけだけど、
時制について、フランス語は複雑怪奇すぎて、英語でも対応できないんだよね。
日本語の場合は、特に未来形っていうのが明確になくて、表現的にも現在形で代用。
で、その心のうちも現実の現在の延長でしかなくて、
ほぼほぼ実現されるであろう未来なんだよね。
が、、、空想上でしかない未来があるなんて(ノД`)←解釈が違ったらアレだけど。
日本語ももちろん将来の夢みたいな空想みたいな未来もあるっちゃあるんだけど、
その場合は、「○○したい」って形になるので、それとはまた別物かなー。
(英語なら「I want to ○○」、フランス語なら「Je veux ○○」)
だいたい日本語でフランス人と喋っていてお互いに「アレ??」って何得るのって
未来のことをしゃべっているときだからね。
今言われたことが、約束なのか、社交辞令なのか、ただ言ってみただけなのかみたいな。
もうね、、、その当たりなのかわからないけど、
日本に住んでるのが長いフランス人の友達と遊ぶ約束するときでも、
なんかそこだけは絶対英語よ。。。その方が間違えがないから。
(フランス語でしろっていわれそうだけどwそれはそれで私が間違えそうw)
というか、この間アメリカ人のコとも日本語で数時間後的なかんじで約束したら、
お互い勘違いがあって、英語で約束すればよかったΣ(´ロ`lll って思ったけど。
そもそも未来形がなくて全部現在形だからあんまり約束に向かない(ノД`)
日本人同士なら問題ないし、その曖昧さがいいときも多いのだけど。


関連記事
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える

フランス語の辞書いろいろ。

関連記事
フランス語その他いろいろ。←いまこの記事。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。
語学の学習方法について考える


前にもかいたのだけど、棚を整理してフランス語のものを一カ所に
まとめてたらいっぱい出て来た(-_-;)

ってことで、せっかくなので、これからフランス語を勉強する人のためになりそうな
ならなさそうな、フランス語関連の書籍その他もろもろを
何回かに分けて綴っていこうかなと思っていたりしまする。
で、今回は「辞書」!
が、、、流石に紙の辞書を使う気にはなれず
電子機器のエクストラソフト的なところになってくるのは勘弁ね(^^:
電子辞書の良いところはね、読んでいる項目中に知らない単語とかあったら
ポンポン飛んで行けるところかね。
あ、あとどっちかっつーと、語学苦手な私が書いてるかんじだからね。


CASIOのエクストラ辞書
クラウン仏和辞典&コンサイス和仏辞典

元々英語学習用に買った電子辞書用にエクストラ辞書をいれてます。
そうそう、量販店の兄ちゃんが言っていたのだけど、
最近のは解らないけど、前のタイプはカシオ以外は、
動詞は原型を入れないと駄目だそうで、
動詞の原型ってなによ~みたいな初心者はカシオがいいのかも。
とはいえ、それも相当前の話なので、他のメーカーのものも改善されているかもしれないけど。
新品を買うと結構高いし、前はオークションをみてもフランス語用なんて
ほとんどなかったんだけど、今は安くゴロゴロしてそうだから、
買うならオークションで奇麗なの買うのオススメかもね。
たぶんなんだけど、学校にかわされたか、買ってみたけどやっぱり使わなかった…
ってかんじで売りに出すことが多いと思うので頑張って探さなくてもきれいなの結構ありそう。
こういうものは使う人は、あんまり売りに出さないものだと思うので(笑)
もちろん壊れるまで使って、新機種を買う!って人もいると思うけど、
ケータイとかゲーム機と違って別に新しい機種がでたから買い替えようってものでもないし。
ちょっと古いのだと、沢山辞書が入っている上位機種もかなり安く出ていたりするので。
(かくいう私のも、新品ならかなり高いやつだった。)
こだわりがなければ、白黒ならたぶん安いし悪くないかもね。
バックライトをつかわなければ電池の持ちもよさそうな気がするし(笑)
この機種は単4×2本なので、エネループをつかってまつ。


一応英語でなんていうのかが載っているのはGOOD

右半分が写真にとったら真っ黒になっていまった(^^;;;
動詞の活用表がer動詞ならaimerしか載ってないのは、残念。
とはいえ、学習はじめには、やっぱりこのレベルの
和仏、仏和が必要だと思うので、必須だと思う。
うさうさんもはじめのうちは相当読んでたし。
今更、白黒液晶ですか?ってかんじですが、
買ったときは、カシオの電子辞書は白黒液晶が主流だったのよ(笑)
ちなみに、電子辞書を買うときのこだわりは
意外かもしれないけど日本語シソーラスが入っていることだったりして(笑)
当時ですら新しい機種には入っていなかったので、
オークションで純正カバー付で8000円くらいで買ったやつなんだけど、
英語を勉強してたときからつかっていて、相当持ち歩いていたので、
前の所有者から譲り受けたときはほぼ傷一つなかった
辞書のカバーもいまではこんなにボロボロ(゜Д゜..)
ちなみに英語は…ほぼほぼ教材とかもありもの、
あとはこの辞書だけを読んで勉強したからね、
語学って金のかからない趣味だとおもってたんだけどなぁ。
でもフランス語はじめてから、こんなに本買ったのかorz
それでも金のかからない趣味にはかわりないと思うけど(-_-;)

フランス語を勉強し始めてからもボチボチ持ち歩いてたんだけど、
英語勉強中から結構持ち歩いてたからね。
いまでは、国語辞書、漢和辞典、日本語シソーラス以外はほとんど使わなくなってしまったけど、
(むしろ日本語(爆)(爆)(爆))
たまに英語を調べたり、家でiPhoneよりもこっちのが近くにあるときは使うかも。
(ってフランス語にはもう使ってないってことか!)
ただ、使わなくなった理由は、特に和仏を調べるときに、
なんとなく語感的にドンピシャな結果を出せるのは、
英仏の方だったりするってのが主な理由で
、、、ということで使い始めたのが次の辞書。


iPhone/iPadアプリ
LAROUSSE English=French

appストアで開く
500円

コレは、iPod Touchの時代にインストールして、
もう3年くらい使っているけど、自分的に一番使っているフランス語学習ツール。
(つか、iPhoneでもSafari、メール、Twitterの次くらいに使ってる気がする。)
なんか私が買ったときも700円?安い!って思ったけど、500円に下がってる(笑)
変な参考書より安いけど、自分的には全然使えると思う。

簡単な英訳と、例文が中心。
ネットに繋がっているなら、英語で調べたときは全部の例文をフランス語で読み上げてくれる。
(フランス語を入れて調べたときは、英語文を読み上げ)
活用表もちゃんと全部でてくるのも◎
なんかね、英語を有る程度普通にしゃべれるようになってから、
フランス語をはじめたせいかもしれないけど、
英語とフランス語もだいぶ違うけど、
日本語よりは近い分だけ例文の訳文も解りやすい気がしてる。。。
英語を勉強しながら感じた、日本語とフランス語の
表現自体の違いをまた感じながらやるくらいなら、
まだ表現も近いフランス語と英語で調べてしまった方が早いかなと。
(英語を日本語に直訳するとぎこちなくなるかんじか。。。)
あと、まだ勉強不足でフランス語でダイレクトに考えられないんだけど、
これを使い始めたあたりから、英語を考えてからフランス語を考えているせいはあると思う。。。
フランス人の友達たちがポロポロする英語の変な言い回しが、
大概フランス語からの英語の直訳表現だったと気づき始めたのは最近だけどね(^^;
同じAppleIDなら、iPad用もそのまま落とせるのが良いね!
iPadのが見やすいw


iPhone/iPadアプリ
ポケプロ仏和和仏

appストアで開く
1200円
実はまったくもってオススメじゃないんだけど(笑)
「お手頃価格」「値段なり」(爆)
LAROUSSEを使っていて英語の意味がわからんとか、
そもそも英語を知らない単語をひきたいとか、そういうときにちょこっとつかっているかんじ。
上の電子辞書もちあるくのが億劫になってきて、
外出先で本を読んでいるときとかに知らない英単語が出てこないときに使ってた
ポケプロ英和/和英⇒LAROUSSEでひいてたけど、めんどくさくなったので、インストール。
学習用の辞書は用法の例文が命だから、
例文がほぼない時点で、学習用としてもイマイチだと思う。
さらに言ってしまえば、ちょっと難しい言葉だと載ってなかったりして、
やっぱりポケプロ英和/和英⇒LAROUSSEになってしまったり。。。
(和英/英和のが収録語がまだ多い気がする。)
5000円クラスの辞書アプリを買う気が無い人向け(爆)
日本語絡みの辞書ってホント高いよね。
本を読んでるときとかメール打ってるときに
ちょっと単語を調べたいときだけとかならいいけどね(笑)

他も使ってて、これはiPhoneに入るからサブとか、
フランス語学習者じゃなくて、ただ旅行に行くので念のためっていう方にはいいかも。


iPhone/iPadアプリ
Le Robert

appストアでみる
400円
うは、、、マジで?私買ったとき1000円だった気がするんだけど(゜Д゜..)

いわゆるフランス人がフランス語あやしいなって思ったときに引くような辞書(笑)
国語辞典フランス語版だねw

いつかはこれを使いこなしたい!っておもっているんだけど、
まだメンドクサクて英仏つかっちゃってるよ~。
たまに気が向いたときにみるくらいで
レビューできるほど使っていないんだけど、いつかは…!


関連記事
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。←いまこの記事。
語学の学習方法について考える

TINTIN(タンタン/ベルギーのマンガ)


おそらく子供時代、ジャンプとかを読むのが普通な
日本だと知る人ぞ知るってかんじだと思うけど、
1作目は1940年代に描かれたもの…ということで、
日本でも、一応過去に2度ほどアニメ化されている
HERGE(エルジェ)作のTINTIN(タンタン)を、
ベルギー人の友達にクリスマスプレゼントに送ってもらったので頑張って読んでます。
(そういえば、アメリカかどこかに旅行にいったときに
テレビをつけたらやっていたような…なんか犬に見覚え有りw)
ベルギー・フランスのマンガは、「バンドデシネbande dessinee」
(文字化け防止のためにアクサンは外しています。)
と呼ばれ、宮崎駿に影響を与えたという噂のメビウスとかが有名かな。
私もメビウスのことは知っていたけど、
フランス語を勉強しはじめるまで、実はバンドデシネなんて言葉しらなかった(笑)
中身はこんなカンジ。

50年以上前の作品なので、いまどきの日本のマンガと比較するのはちょっとアレなのだけど、
手塚治虫なんかに比べても、似たようなカットで、
細かい動作をしているのと、比較的1コマに対する台詞が多い気がする。
はじめカット割りが、独特だと思ったんだけど、
手塚作品と比べたらすげー独特でもないのかも。
確かにちょっと前のマンガってどちらかというと、
ひいたカンジのコマが多かったし。
なにげに読むの時間かかり過ぎで1日10ページしかすすまない(゚Д゚..)
しかも、2周目に辞書をひこうと思って、
まだ、辞書すらひいてないのに(^^;;;;;
ということで、読んだ感想を言えるほど読み終わってないんだけど(爆)
フランス語表現の参考にはすでに参考になるなーって思ってたりする。
でも、考えてみれば、子供時代にマンガで覚えた語彙は数知れないわけで、
ついでにいえば、まさかのゲームのカタカナ用語に
英語もフランス語も助けられまくりだったりして
(たいした成績じゃなかったけど、
ソロモン王の話のときだけ成績がよかったとかねw)、
マンガを読むのもいいかもしれない。
っつーか、Kindleのコンテンツにあればなぁぁぁぁ即全巻揃えちゃうんだけど、
A4とB4の間くらいのサイズがあって大きいので、ちょっと迷っているw(本棚の問題)
いまでこそ、マンガを大人買いしまくりだけど、
子供時代みたいに何度も読んで台詞を覚えてしまうのも乙なものかなと。


関連リンク
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。

自分の本棚、棚卸し。

実際のところは整理しただけなんだけど、、、
バラバラの場所あったフランス語の本を一箇所に纏めたら、
こんなにあったorz

実は棚の高さの関係でここにおけてないのがさらに3冊(爆)
はじめの方に買った、初心者用数冊は、相当読み潰してるんだけど、
半分は1度しか読んでないまたは
ちゃんと読み終わってなかったり目は通してるけど、
ちゃんとおぼえてなかったり。。。
とりあえず、これらどうにかするぞって思ったら、
ちょっとやる気なかったけど、
がんばろうって気になった(笑)
ついでに、、、去年ブログに書いた気がするこれ。

新年明けたらすっかり忘れてて、結局1ページも書きませんでした。
ってことで、表紙を書き直して、来年はつかうぞぞぞぞぞぞぞ!!!


関連リンク
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。

【Passage:東京大学フランス語教材】を買ってみた

新しい教材には手を出さないと思ったのに、、、
なんかジムで読む本を忘れて家に戻ったらたぶんいかないとかもろもろで買ってしまった。。。
東京大学のフランス語教材ですってよ。

そういえば、学生時代の英語でさんざんよまされたような、長文的な本は持ってなかった。
というか、個人的には会話ができれば良いので、長文なんかよりも、
脊髄反射的に返せるくらい、ひたすら文法と作文をやった方がいいと思うんだけど、
まぁ、1冊くらいはご愛嬌。
とはいえ、買った動機は、長文本が欲しかったというよりは、
内容そのものが良さそうだったからということかもしれない。
今は、ネットでいくらでもフランス語ニュースが読めるしね。
結局同じ内容の英語か日本語の記事に逃げることが多いんだけど(笑)

日本語の部分をペラペラと斜め読みをしたところ、
フランスの国のなりたち、文化とかがダイジェスト版的に入ってる。
全編にわたって、なんだか高校生時代に日本語とか英語とかで読んだカンジがする内容。
馬鹿っぽい内容が一切ないところが、東大なんだろうなぁと(笑)
最近は、試験用長文的なものを読んでいなかったんだけど、
実は国語に限定すれば、読むの好きだったからね。
そういう意味では、読むのが楽しみ。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。
こんなカンジで、左のページにフランス語または主題的な内容。
右のページに注釈。
どうやら、このルールが絶対らしく、右も左も日本語だから、
そのままページ通りに読もうとしたら、「あれ?」ってなる場所も(笑)
ただ、内容的にはちょっと難しめだから、辞書は必要。
ジムで、エアロバイクをこぎなら、辞書無しで読んだら、
半分くらいしかわからなかった(^^;;;;;
悩んだ挙げ句CD付きを買ったんだけど、1/2倍速ってカンジでいい感じでゆっくりだわ。
(はじめの方しかまだきいてないんだけど。)
ちなみに、普通の早さでいいなら、
フランスのアナウンサーの読み上げ+同じ文章も書いてある
Radio France Internationaleってラジオ局のニュースサイトとか、結構オススメ。

rfi
ecouter rfi

内容は普通に今日のニュース的なヤツ。
正直長文的なリスニングしたいなら、わざわざ教材買わなくても、
これ毎日聞いて、わからん単語調べればいいんじゃね?とすら思うカンジ(笑)
でも、なんとなく買っちゃうんだよなぁぁぁ。
外ではなんか聞きづらいとかあるんだけど。
久しぶりに開いたら、日本語の広告がばばばーーーんでビックリした(笑)
前にみたときは、フランスの広告だったのにw


★うさうさんが買ってみたフランス語関連の教材について語ってます。
フランス語その他いろいろ。
フランス語の会話本いろいろ。
フランス語の単語帳いろいろ。
フランス語の文法書いろいろ。
フランス語の辞書いろいろ。