カリグラフィーをはじめてみた。

実は過去にも何度か挑戦しては、才能ねーなーって思うの繰り返しなのだけど、
Seb Lesterの動画をみて、こんな風に書けたらいいんなぁって思いつつ、

このペン見たこと無いけど、なんだろう?
って思って調べたら、PILOTなの!?

パラレルペンというものらしく、安心の日本製(笑)

そもそもが海外向けなのかもしれないけど、あんまり日本製っぽくないペンだからドイツ製だとおもったぜぃ。(ドイツ製もいい感じよね。)

比較的文具屋さんに行っている割にみたことないんだけど、カリグラフィーコーナーとかにしかないの?(楽天でも取り寄せみたいなかんじだったんだけど。とはいえ3日くらいで来たけど。)
ってことで取り寄せてみた。

image
とりあえず、6.0mmと3.8mmを買ったんだけど、
今のところまだ3.8mmだけしか開けてなくて、
どうせ買うなら2.4mmの方にすればよかったかもって思ってるところ(爆)

元から、黒と赤のインクもついているけど、ブルーブラックとピンクのインクも購入。

image

構造的にはほぼほぼ万年筆で、ただペン先が特殊なかんじ。
平筆みたいに、横に幅広い部分と、細い部分があって、
細い方でももちろん書けます。

若干クセはあるのペンなので、太く書く場合は、ちょっと練習が必要かも。

image
とりあえずブルーブラックを入れてみるも、、、
ほぼ黒(爆)

まぁ、知ってたけど、同じ道具を使ったからって達人と同じように書けるわけではない…ってカンジの出来…。

とりあえず線を均一に書く練習か…とおもったわけだけど、
image
そもそも、ほぼ走り書きメモ以外アナログでペンで書くことなんてないせいか、
全然均一に書けてないってあたり先は長い(´・ω・`)

ついでに、何度か書いてから気付いたんだけど、
左利きのうさうさんは、逆の書き順で書いていかないと駄目っぽい。
書きたい文字自体をお尻からにする必要があるかはともかく。

習字と同じで、左利きだと左から右へ線が引けないから(押すことになってしまう)、
右から左へ線を書くことになって、
結果的に縦線についても、下から上へ書くことになるよのね。
image
正直なところ、「文字を書く」ではなく、
「そういう線を引く」ってイメージの作業になってくるんだけど、
最大の問題は、次に書く文字のスペリングを忘れること(爆)

横に鉛筆かなにかでかいておけばいいんだけど。

でも、そんなことを思いつつ動画をみていたら、
この左利きなベテランおじいちゃんも書き順はそのままだったけど、
私と同じで、右から左へ、下から上に線を引いてるわ。

でも、さすがに最後の文字からは書いてなかった(爆)
この書き方をすればいいのかしら。

どうでもいいけど、右利きの人が大多数で、できるだけ矯正されるのって日本人だけじゃないからねー。
フランス人の友達でも元は左利きだけど、矯正されたなんて人がいたり。

毎日コツコツやっていけば、上手くなるんだろうけど、
毎日コツコツが一番苦手なんだよね。

なんとなく、中学生くらいのとき、マンガ用のGペンの練習をしたのを思い出してしまったわ(笑)

でも頑張って練習するかなー。
先は長いけど。

オンライン大学授業をとってみた。【MIT:Game deign】

ふと、某チャットサイトで、プログラミング勉強しはじめるなら何かなーってきいたら、
紹介された、
https://courses.edx.org/ってサイトのコースをとってみることにした。
英語でしょ?どうしようかなーって思ったけど、
タダな上に、その人はハーバード大学のプログラミング授業とって、修了証までもらった!
(自分、あんまりブランド志向ないって思ってたのに、ハーバードの修了証に惹かれてしまった(爆)(爆)(爆))
っていってたので、とりあえず登録。
Continue reading

vhsなビデオ。

うさうさんは、いまだにVHSを保持しています…が、
主な使い道は、テレビの高さ調整(爆)(爆)(爆)
でも、一応動くので、前に気の迷いでかなり前に
中古VHSを買ってしまったんだけど、安すぎて逆に放置してた(爆)(爆)(爆)
ピグ友とたまたまそんな話になって、
じゃあ今からみる!みたいな流れでした(爆)(爆)(爆)
なんか、電源コンセントもはいってなくて、
赤白黄の端子もVHSじゃないやつに線も繋がってて、どれだっけ?ってあたりからw
image
210円(爆)
30分しかないのに元は1本5600円×3巻とかの激高ビデオでね、
小学生のころ、「ラムネ&40」が大好きで
すげーーーみたかったけど、諦めてたのよ。
正直ね、小学生的にはヘタにOVAなんか出されるより、
映画にしてくれ!ってかんじですた。
まぁ、映画だと配給にお金かかったりするんだろうけど。
1巻がなくて、2巻しかなかったけど、思わず買っちゃったみたいな。
たぶん、このパッケージイラスト、伊東岳彦氏な気がするけど。
子供時代は菅沼栄治氏の方が好きだったけど、
いまとなっては、伊東岳彦氏もいいね!
(微妙に違うというか、伊東氏が書くと2歳くらい老けてる(笑)
そして、ダ・サイダーの顔がちょっと違うw)
image
画質的には、いうほど悪くない!ってカンジ。さすがOVA版。
3倍速でしか録画してなかった我が家のビデオとは大違いだわ。

北斎 ボストン展 @上野の森美術館

昨日、なんとなくフランス語の授業に行く気がおきなかったので、
ノープランでふらふらと上野に行って、
国立西洋美術館でおもしろい展示でもやっていたら見ようかとおもったら、
ちょうど入れ替え時期で、何もやってない…チッ
って思いつつ、上野に来たら自分的にお参りするのがお約束になっている、
上野東照宮に久々にお参り。
実は前によくお参りをしていた数年前から補修中ででかい写真のタペストリー、
その後、手前の補修で手前がでかい写真のタペストリーってことで、
実質タペストリーに拝んでいるカンジだったのだけど、
完成してた!
ちなみに2011年1月に撮ったヤツ。
たぶん美しくないと思ったらしく、真っ正面からの画像がなかったけど。

こんなかんじで、タペストリーだったんだよね。

前の門はこんなかんじ。
門がタペストリーヴァーションあはなかったなぁ。
結構いってたのにw
そして、修復後!

カッコいい!
前よりも私好みの色でびっくりしたw
頻繁にお参りいってたのも、早くできないかなーって思ってだったりして、
ようやく見れた感が大きかった。
つか、おみくじひきまくってたのも、
当時人生に迷ってたのが大きいけど、
微々たるものだけど工事の足しにみたいな(笑)
そんなこんなでお参りをまずしたわけだけど、
東照宮に入るちょっと手前のところに、
北斎の展示が上野の森美術館でやってるってみたの。

うさうさんの中の三大巨匠は
葛飾北斎、
(漫画で育った私にとって平安絵巻も浮世絵もヘタウマだと思っていたけれど、ふと北斎の絵をみたら、あれ?めちゃくちゃ上手くないか?って思った。というか、おそらくそれまでの浮世絵のイメージって写楽だったんだけど、それもそのはず、写楽はまぎれも無くヘタウマw)

アルフォンス・ミュシャ、
(高校時代近所の本屋で美術館向けの本が1600円で売ってたのを衝動買い。以来好き。)

アンディーウォーホールとロイ・リキテンスタイン。
(4人になっちゃうけど、この二人私の中で同列なんだよね。
なんか高校時代都内にあんまりいったことないのに日本橋のこの二人の美術展いこうとして、
完全に迷子になったのは良い思い出。ちなみに、高校時代一番影響受けたのはこの二人。)

ある程度好みとかが形成されつつあった高校時代からのお気に入りだけれども、
それほど意識した訳ではないのだけど、全員商業デザイナー的な趣きの絵師で、
(というか、なにげにみんな肉筆よりも印刷広告が有名な人。)
元々漫画から入って絵を描き始めた方で、
彼らにはまっていなかったら、もしかしたらこの職業(デザイナー)じゃなかったかもね。
まぁそれはわからないけれど(^^;
そんな話も今は昔。
うさうさんの北斎熱は、高校時代がMAXで、今は結構ゆるやか。
ただ、高校時代って15、6年前だから、インターネットが電話回線で、
たかだか数百kbの画像を開くのに5分も10分もかかる時代で、
図書館か本屋で見るしかなかった。
そして、高校時代、本で「北斎漫画」というものがあるって知ったんだけど、
その本にのってるのはわずか数点。
いつか欲しいと思いつつも、
あのころの美術書って高くてでかい本かったから買えなくて、
今だって、高いだけならともかく(1万円くらいならw)
でかかったら、置き場所困るwってことで諦めてたら、
一昨年文庫本のものをみつけたのよ。
2012-01-08 10年以上探してた本ゲット!!!!!!!!
1冊1500円の文庫本を高いか安いかというと微妙だけど、
コンパクトな上にほとんど全部のっているものがついに手に入った時はやっぱりうれしかったもので。
美術館の展示もね、もしかしたら、北斎だけのやつははじめてかもしれない。
浮世絵の展示で、その中に北斎もあるっていうのは見に行ったことあるんだけど。
10年くらい前に噴水の向こうの道を渡ったところの、
国立博物館でやっていたときは、
デートで歩いてたらやっぱりやってて、入りたかったけど、
長蛇の列過ぎて諦めたんだよね。
でも、冒頭を思い出して欲しいんですが、
昨日の私のテンション、フランス語の授業さぼっちゃうくらいのやる気のなさですよ。
どうしよう…と思いつつも、でもやっぱ北斎だし…
って思って入ったら良すぎた。
というか、やる気が無さ過ぎてね、
16:10に17:00までですって言われて、全然余裕だろうと思っていったら、
全然余裕じゃなかった(爆)
なんか、11月までやってるみたいだし、もしかしたらもう一度行こうかな。

本を買って来てしまったし、よいような気もするんだけど。
でもね、北斎の作品って特に初期のやつとか本のヤツとかのやつって、
紙が良くないのよ。
だから、印刷だとやたらノイズにみえるけど、
それが目の前にある紙のだとあまり気にならなかったりして。
どちらにしても、印刷物だから、
西洋油絵の実物との差ほどでないのだけどね。
やっぱり実物は良かった。
あとね、神奈川沖浪裏とか

凱風快晴とか

で有名な富嶽三十六景とかさ、
古本屋で展示のときようの本で知らなくていってないけど、
新品が半額で売ってたのをもってるから、正直どうでも良くて、
(北斎と広重っていうタイトルの個人蔵のものの展示だったっぽいけど、
どうやら、富嶽三十六景と東海道五十三次の風景主体のコレクターだったっぽい)
本当に初期の見たこと無いヤツが沢山あってあって感動。
つか、知ってたけど、
うま過ぎ。
まじで。
美術館だけの本と言えば、やっぱり今回もあって、
3ページみて、値段きいてそのまま買って来てしまった。

だって、この厚さで2400円。

2cmくらい。
安い。
(これが同じ内容でも、書店用だと1万越えると思う。
もちろんその場合ハードカバーにしても!)
流通経費がかからないけれど、そこらの画集よりよく売れるのが確定しているから、
安いのはわかっているけど、やっぱりお得過ぎる。。。
今回、気に入ったシリーズの絵はがきも買って来た。
本当はコレが欲しかったけどたぶんなかったと思う…が、

閉館ギリギリすぎて、それでもミュージアムショップ混んでたから、
ざっと見て買ってて、もしかしたらあったのに見落としたかも。
今回買った絵はがきはコレ。さっそく飾ろう。

《送料無料》北斎漫画 全3巻BOX 3巻セット

《送料無料》北斎漫画 全3巻BOX 3巻セット
価格:4,860円(税込、送料込)

↓うさうさんが買った店はバラ売りしかなかったんだよね。
知ってれば、BOX買ったんだけど。。。

ちょっと疲れてます(*ノ_<*)

つらすぎるほど頭を使う作業も一段落して、ガツガツ単純作業の過程に入ったので、
というか、先週はなにもないところで転ぶ(実は一瞬倒れたのかな?)
レベルでつかれまくっていたものの
先週ほどではないんだけど、今週もちょっと疲れてる。
思えばこの間とか
ソースコードだけの夢をみた。

しかも朝方と、疲れてるなって思って昼寝もしたらそのときもみて2回も!
プログラムやWebの構築をしたことがない人には
なじみがなくて、わかりづらいと思うけど、
コンピューター上で処理って裏ではこんなかんじの
文字列でのコードで設定みたいな作業をしていくんだけど、

※これはYahooのトップページのソースコードね。
まさに、これだけが表示されるという不可解過ぎる夢。
つかさ、文字だけの夢とかまじではじめてみたんだけど(´・ω・`)
なんか友達に口だけでいうと大概マトリックスのこんなかんじ想像するっぽいけど、

こんだけスタイリッシュならばどんなによかったことか!
ひたすら2次元的にパソコンの画面をみているかのごとく、
ソースコードだけ。しかも全部赤字。
つか、生まれて初めて文字だけの夢ってみたわ。
Continue reading

大人の遠足!?バーベキュー&海!

思えば唯一夏らしいことといえば、甥っ子といったプールくらいだった今年。
一番夏らしいことを最後の最後でしてきたかんじが!
海の浅いところで転ばされて、ひざ腫れて、ぷんすかしちゃったのはごめんだけど、
(実際のところ結構、マジで痛くて笑えなかったわw(´・ω・`))
まぁ、1日経ったら良い思い出だわ。
が、、、満喫しすぎて、マジで写真撮ってない。
つか、思えば、普段カメラマン役をやっていることが多いうさうさんですが、
本職の元カメラマンとかその他カメラマン今回いっぱいいるから、
まぁいいかな…的なところもありました。実は。
で、唯一撮ったのがこの3枚。
しかも全然良い写真じゃないところが笑えるw(爆)


今回は、某ホットドッグ屋と、某帽子屋と、某イタめし屋
合同企画だったわけだけど、
ホットドッグ屋店主に「なんで来ることにしたの?」と聞かれたが、
3店の店主、全部に誘われたから…だ(爆)
というわけで、3店の常連だけでバスを貸し切って日帰り旅行。
貸し切りバスとかいいね!
とかいいつつ、乗り物乗ると自分が運転している以外、
なんか眠くなっちゃうから、行き帰り寝ちゃってたけど、雰囲気がいいわ。
ついでに、運転手さんがなんともいえないキャラだったぁ。
めちゃくちゃ好々爺なんだけど、
バスに乗って3分で、近所スーパーたちより途中休憩状態だったんだけど、
「タバコ吸って来ていいですか?」ってまじかΣ(`oДO*)
しかも、出発して対して時間経ってないんだけどwwww
そんなこんなで始まって、気づいたらワイシャツ脱いでて、下着のシャツで、
気づいたら「飲み物どこでしょうか?」なんていってるかなーって思ったら、
気づいたら、肉焼いてる、
って、なんか参加してるしwwwΣ(`oДO*)
(さすがに酒は飲んでなかったwそこが越えちゃいけない一線ってかんじでw)
いや、そもそも、めちゃくちゃいい加減な面子なので、
それくらいいい加減な運転手の方が良いくらいなかんじだっただけど(笑)
(来年もあの運転手さんがいいねという声がポロポロ(笑))
さてさて、今回行った先は、
房総半島の南端の古民家。
なのに、そこのオーナーは、全身刺青よΣ(`oДO*)
ビックリして、どうしよう…って思ったけど、
話してみたら、めちゃくちゃ普通だったという衝撃。
(よくよく話しをきいたら、鳶さんだとか。確かに鳶さんって入れてるわ。
文化的にはヤーさんより古いのよね、確か。
それにしても相当ファンキーなかんじだったけどw)
ゆくゆくは民宿にしたいけれど、一度途切れた
近所の付き合いをもっとちゃんとして、
あとは家をもうちょっと補修してからとのこと。

★お友達のところから拝借。
ど真ん中のピンク帽子がうさうさんだわ(爆)
何も考えずに、普段着るには短すぎたなーって思うパンツと、
焼けるかなってポロシャツきていったら、見事にプロゴルファールックに。
って、、、ゴルフクラブ握ったこともないw
イメージ的には、トトロでメイとサツキが越して来た村の、
カンタの家みたいなかんじだった。
本当にね、こんなところまだあるんだ!くらいの勢いよ。
さらにが隣に離れ(廃墟)があって、
台所と、風呂も離れで、敷地の中に竹林となんか奥には森だか林みたいのまである!
みたいなかんじで。
母屋は、絶対ぶっとい大黒柱みたいのがあるんだろうな…
ってかんじの家なんだけど、
バカでかい神棚とその下にそれより小さい建て付けの仏壇、
天皇陛下の写真がいくつか飾ってあって、
本当に50年くらいタイムスリップしたような家だった。
思えば、子供のころはこのタイプの家に、何度か行ったことがある気がするけど、
うさうさんの母方おじいちゃんちはまぁ、ちょっと古いけど、
設計しでもなんでもないじいちゃんが書いた線を
元に、大工さんが作った家でちょっと変な構造だったし
(私が生まれたころには閉じてあった北玄関とかw)、
父方のおじいちゃんは転勤族だったってこともあって、
うさうさんが知る限り住んでた家は、普通にあたらしいのと、
マンションだったからなぁ。
しかもね、この家の構造がどうなってるのか全然解らないけれど、
一歩玄関に入るとなぜか涼しい。
たぶん、どっかから風が吹き込む構造になってるんだと思うんだけど、
マジでどうなってるの?あれ?
気になるくらい、上手い具合に作ってあるとしか思えない。
さてさて、当初の目的との触れ込みだった、
バーベキュー。
うん。おいしかったけど、大量に買って来た食材に対して、
焼くためのコンロが1つしかなかったため、
5時間ダラダラ焼いて食べるみたいな(笑)
まぁ、あれはあれだよね!
海は、ああ、イヤな思い出だわ。割愛。
総じていうと、
とにかく、行った先の古民家がいい雰囲気で、
子供がバッタをとってるの見て、
そこでダラダラ~みたいのが良いかんじだったわ。
(バッタ捕りは、、、参加せず。。。というか基本虫苦手なんだよね(´・ω・`))
つか、オバケトンネルいきたかった!
足負傷事件さえなければ行ったのに!
次回は、絶対行く!

お盆休み。

昨日は疲れて途中まで書いてうとうと寝てしまったので、
実は昨日の話。
最近、生活の中心を地元に戻したら、
「お盆は休み」
都内で働いていた時代とか、交代制の休みだったからそんなことなかったんだけど、
地元はお盆はお盆をするらしく、仕事も習い事もお休みだったり。
ってことで、今日は、
両親、妹とその子供とプールに行って来た!
普段だったら、かったるくていかないの一択なんだけど、
水着2着も買っちゃったし(=”=; )
本当は今週の初めに行く予定だったんだけど、
友達が風邪の病み上がりで、プールではなくて、
普通にだべって、買い物しておわってしまったので、
どうしても水着が来たかった。
ということで、タンクトップがボーダーな方を着ていきました。
家族と行くならこっちかなって。
ちなみに今回行ったところ。
小さめな流れるプールと、私だとひざよりも下のちっこいプールしかなかったりして、
完全に小学校低学年のコと、その親しかいないところで、
ほぼにみんなラッシュガードとか来てて、
ビキニだと浮きまくってたので、まだ、ワンピース風に見えるタンキニでよかった。
つか、うちのオカンに至っては、ムスリム女性用の低露出水着、
ブルキニかよ…みたいな格好だったし。
おかあやんのは、実際は、どうやら上の水着自体は普通のワンピースみたいに、
タンクトップみたいな形だけど、スカートみたいのにスパッツで
ラッシュガードをしっかり着込んじゃうとマジで、露出度はまさにこの人と同じカンジ。
さすがにフードまではかぶってなかったんだけど。

この格好さ、初めてネットでみたのは誰もラッシュガードを来てないような時代、
つまり、プールなんて露出して当たり前な時代にみたので、
相当衝撃以外の何者でもなかったけど、
紫外線予防が当たり前な昨今では、意外に普通にみえてしまう不思議。
つか、来年あたりガチでこんなのが流行っても全然不思議に思わないんだけど。
きっと、としまえんのプールとかティーンズとか多いところだと、
いくらなんでも露出系だと思うんだけど。
そんなこんなで午前中終了。

真夏の大掃除。

本当はね、6月末くらいにやるのが自分的に理想なのよ。
年末との中間で。
でも、なんか忙しかったりなんだりで、大掃除どころか
日常的な片付けも行き届いてなくて、相当な汚部屋状態にΣ(`oДO*)
一応床の掃除機かけくらいはしてたんだけど、棚とかのホコリがやばい…みたいな(´・ω・`)
つか、年々元からそれほど高くない潔癖度が更に下がってるきがする。
そこもあって、ことしの目標は掃除をマメにする!
って書いた紙を貼っておいたけど、ヤバい、全然できてない!
…、、、しかもね、ここまでほったらかしちゃうと、ちょっと動かすだけでも、
気力がいるみたいなね。
が、、、台風のときにちょっとやって、
今日はお盆休みだし、雨降って外出るのはかったるいけど
涼しいからさらに掃除を。
とりあえず、棚も机も全部のっかっている物を動かして掃除機がけ。
テレビの裏とかこんなにひどくなるまで放っておいたのひさしぶり。
もしや去年の12月以来じゃね?(;´Д`)
今日は掃除機であらかたホコリを取ってかなりすっきりしたけど
明日は、ふき掃除!
本当は模様替えしちゃうのが一番綺麗になるって解ってるんだけど、
(動かすときにいらないと思ったら捨てるし、家具も動かすけど、そこまでは気力がないなぁ)

ケータイクリーナーストラップ

デザイン面を出しちゃうと、身ばれする可能性があるので、
裏面にて失礼。

うさうさんが他所のためにデザインしたクリーナーストラップができたのよ。
印刷も思った以上に綺麗で、なかなかいい感じのでき。
うさうさんのオリジナルのやつも作ろうかな。。。

多忙な1週間のち従姉妹の結婚式。

今週、本当に多忙で多忙で、先週の日曜日の時点で、
元から入ってた予定だけでも、週末は従姉妹の結婚式だし、
いくつかイレギュラーな打ち合わせとかあって、忙しいなぁと思っていたのだけど、
基本的には忙しくても習い事のために、オフにしている日とかも
急遽どうしても今日だめ?ってカンジで突然打ち合わせのアポが入ったり、
挙げ句の果てに、
打ち合わせのための電車に乗って寝て行こうと思えば、
ドアが開いたときに目についた空いてる席のとなりになぜか叔母が座っているし、
(しかも今日の結婚式の新婦の母!つかほぼ電車で誰かに会うとかないんだけど。)
土曜(も仕事w)でそろそろ私死ぬんじゃねーかと思いつつ、
ランチを食べに行けばそこのオーナーに仕事系の相談でつかまるというレベルで(爆)
忙しいのは良いことなんだけど、
今週だけ、なぜか大人気すぎて普段なら2日分の予定が毎日入っていたのに、
先週も来週は別にイレギュラーな打ち合わせとか何も入っていないって言うね(爆)(爆)(爆)
いつも思うが、なんで人気のあるときとないときの落差はげしいんだ(゚Д゚..)
しかも忙しい時期と冠婚葬祭がかぶることがものすごく多い。
まぁ結婚式は、何カ月も前から予告されてるから、
むしろ、それ以外の予定を入れずに死守する線だけれどもね。
そんなこんなで迎えた従姉妹の結婚式。
地元に比較的最近出来た式場で、実はうさうさんが行ってるジムのすぐ近くで
1度くらい入ってみたいなぁと思いつつも自分の都合で入れるわけじゃないので、ちょっとワクワク。
うさうさんはてっきり、叔母さまか従姉妹がそこにしたのかと思ったら、
新郎のお母様がそこに決めたらしく。
朝から、昔から結婚式のときのアップヘアをしてもらいに行っている美容室に行って、
そのままチャリで会場へ(爆)
うさうさん自体、美容院でも働いているんだけど、
地元で完結できるような式場の位置だし、
たまには、美容師のおばさまたちにも会いたいし。
(おばさまというか、もう70過ぎてそうだけどね。)
いや、ラクだわ地元完結(笑)
が、、、従姉妹はうさうさんの友達に比べるとかなり地味目。
いや、むしろ、うさうさんの学生時代の友達ってそ普段から派手な上に、
結婚式とかパーティーとかだと、さらにド派手にしてくる人々だったりとかして、
どうしようかなーと思いつつも、
地味だ地味だと思ってても、5つ下もだしきっと華やかにしてくるわよねと思って、
自分の中ではちょっと地味目だけど、
しっかりフルメイクした上で美容院でセットしてもらっていったら、
せいぜい従姉妹姉は振袖着てて髪の毛アップにしてた程度で
他は、誰も美容院でセットしてもらってなかった…(´・ω・`)
うそーーーーーーんΣ(´ロ`lll
私だけ浮くほど、デーーーハーーーーーじゃん!!!!(ノД`)
マジカヨ…orz
妹もさすがに、子連れだから、子連れ結婚式スタイルってあるじゃん。
ありがちなカンジに。あんなカンジだったし。
ちなみにこんなんでした。

モヒカン系ヘアアレンジがよかったけど、あんまりそうじゃないのはご愛嬌w
まぁ、、、普通です。が、、、これでも派手だった(´・ω・`)
さてさて、式。
普段だったら、結構写真バチバチ撮るんだろうけど、
そんな気力なかった(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)
(冒頭を覚えているかわからないけど、昨日の時点で死にそうだったからね)
今回特殊だったのは、うさうさんのおばさまもピアノの先生なのだけど、
あちらのおかあさまもピアノの先生だとかで(笑)
既に特定されそうだけど、
で、さらに従姉妹もその旦那さんも某楽器をやっていてね、
そもそもの出会いはオーケストラ。
結婚式の余興って、新郎新婦の友人がやることが多いから、
てっきりオーケストラの友達が楽器を弾くのかと思っていたら、
従姉妹と叔母さまの演奏→旦那のおかあさんと従姉妹と旦那さんの演奏
という、主役がリサイタルもやっちゃう式!
まぁ、でも両家ともこの辺りが出身で、
さらに二人の高校・大学も近所だけれども、
結婚後は旦那さんが仕事の都合で住んでいる某県で住むことが既に決定していて、
ものすごく遠いわけではないのだけれども、
やっぱり行くとしたら、日帰りって距離ではないから、
ちょっとだけ友達とのお別れ会っぽい趣きもあったのかもしれないので
どんな演奏をしているのかをやっちゃうのは良かったのかも!
(新幹線なら日帰りもできないってほどじゃないけど、
それでも片道3時間以上はかかる気がする。)
そんなこんなで今週の予定全部終了!
一週間長かった(*ノ_<*) 家に帰って来たうさうさんは、 とりあえず、髪の毛のピンを全て外して、 頭洗わなきゃ…と思いつつも、 今日着てた服を脱いだところでベッドで力つきたらしく、 さっき、寒いと思っておきたみたいな。(むはw)

結婚式参列用にネイル〜

すでに結婚式ラッシュが終わり、
しばらくお呼ばれされていなかったんだけど、ひさびさにお呼ばれ!ってことで、
ドレスの青と、ショールのゴールドに合わせて、マニュキアをお取り寄せ。

うさうさんのお気に入りはChina glaze(チャイナグレーズ)。
地元だとOPIと同じ2000円で売られているんだよね。
が、海外からお取り寄せだと300~500円くらいで色数とバリエーションが好みなので
これをよく買っている。

さらに、ひさびさにスタンプネイルも今回かったゴールドでして、、、

こんなかんじ。はみでてるのは、お風呂に入ったらとれるから放置(笑)


さっき楽天をちょろっとみたけどChina glazeは取り扱ってるところ少ないけど850円、
OPIは1100円くらいか。
たぶん、リアル店舗だと大概2000円だから、きっと輸入してるんだろうなぁ。
というか、今回OPIのベースコートも買ったけど、
今回も送料込みで上に写ってる4本+OPIのベースコートで3600円とかだったしなぁ。
送料自体は1500円くらいかかるけど、
送料込みでもこっちで2本分未満の値段で、5本も6本も買えちゃうから、
1~2週間待つけど、あんまりリアルショップで買わなくなってしまった(爆)

アンチスピ的引き寄せの法則。

Qui veut la fin veut les moyens
結果を望む者は手段を望む
フランス語のことわざのこれを元に、
うさうさんが考える引き寄せの法則を書いていきたいと思う。
たぶん、見解はスピリチュアル側の方とは結構違うんじゃないかなぁ。
うさうさん自身はおそらく中立ではあるけれど、アンチスピリチュアル側に限りなく近いと思う。
確かに、スピリチュアルの考え方でもなるほどなーって思う部分もあるから
全否定はしないのだけど、
やっぱり、どうかと思うのよ。
ザ・シークレットは「スピリチュアル」ってカテゴリーを認識する前に読んだことがあったりする。
読んだ時はそんなこともあるかもしれないと思った。
ただ、私が真っ先に思い浮かべたのは科学分野でのことだったけど。
人が思いつくことは実現できるって話。
例えば2足歩行ロボット。ケータイ電話。もっと昔ならテレビだってそう。
うさうさんが思うに絶対に変えられないのは、自然現象と自然法則で、例えば、どんなに願っても太陽は東から登って西へ沈むし、木から落ちたりんごは地面に落ちる。
また、自然災害から出来るだけダメージを少なくする「手段」を施すことはできるけど、それ自体が起こることを止めることはできない。
ただ、先人たちの努力による技術の進歩という「手段」によってで日本であれば、よほど大きな地震や台風以外は痛みを感じることのない現実を「引き寄せていた」ともいえると思う。
ところで、うさうさんは、引き寄せの法則を読んだとき先進国向けの話だとおもった。
先進国に限った話でいえば、基本的に、
「うまくやれば」「思った通りに」ものごとをひきよせられると思うからだ。
ただ、それに必要なのは自分が物事をおこす行動力と、他人説得する力は必要だけれども。
さらにいえば、他人を動かすだけの人望、というか日頃の行いと。。。
というのも、少なくとも先進国と呼ばれている国の中の、
すでに自然による影響を克服した我々にとって、
幸運も不運も起こることの99%は人間関係の中にあるから。
本当に1%以下の割合で例えば大地震、例えば台風のような自然の中での不運に見舞われるけれど、少なくとも私が生まれた頃どころか、祖父母の生まれた時代ですら、本当に一時の不幸な災害以外や戦争(これは人災以外の何者でもないけれど)以外で、作物がとれないから食糧難すらあまりないし、30~40年後だって普通に生きてるだろうって思えるほど、何世代も前から死を意識することはあまりない。
(地球全てがそうだとは言ってない。あくまでも先進国と呼ばれている国の話)
そういう世界観で生きている私たちにとって、フランス語でmonde(モンド)には「世界」って意味と「人々」っていう意味があるんだけど、日本人にとってみても世界は人間社会のことなんだよね。
引き寄せの法則では、宇宙の法則なんて大それたこといっているけれど、フランス語よりちょっとスケールでかそうに盛ってるだけでで、実は宇宙=人間社会じゃね?って思ってたりもする。
そういった世界で生きているということは、相手を納得させたら、自分が欲しい物はほとんど手に入るってことだと思うんだ。場合によっては、自分の願いを表明するだけで、他人の共感さえ得られれば叶ってしまうことだってあるかもしれない。
とはいえ、実際には多くの場合、段階を踏まなければいけないケースがほとんどだし、納得させるための戦略を練らなければいけないし、手段も必要だと思う。
つまり、冒頭の、
Qui veut la fin veut les moyens
結果を望む者は手段を望む
でも、欲しいもののほとんどは手に入るんじゃないかって思う。
さらに「固有名詞的なものにこだわらない」ならば、さらに成就率は高くなると思う。
(例えば、意中の彼なんかはたぶん固有名詞。あとは特定の会社や大学に入るとか。固有名詞にこだわると頑張らないとむずいよねー。)
ただ、その望みはより具体的でなければいけないし、
大きな願いを叶えたい場合は、
より細かい望みを順番に叶えていかないといけないのではないんじゃないか?
って思っている。
(俗にいうところの、計画⇒実行なわけだけどw)
さてさて、ザ・シークレットでは「お金が欲しい」ことの言及があったのだけれども、
正直、うさうさん的に、なぜあの本にその例はちょっと納得がいかない。
というのもお金って、ある意味では究極の抽象物だと思う。
お金自体は「人を働かせる権利を数値化したもの」というのがうさうさんの見解だ。
(経済学的には「労働の対価」とかいうのだけれども、それはもらうお金の話であって、自分がもっているお金は、その逆だと思うの。商品を買うなんていっても、例え天然物だろうが、製造物だとしても誰かが原料なりなんなり取って来て、加工して、さらに値段をつけているから、そこまでに人を働かせたってかんじ。ただし、労働を数値化したものと、そのモノの数値的な価値がイコールとは限らないけれど。)
つまり、お金が欲しいと思うのである以上それはつまり、
「人を働かせる権利が欲しい」ということとイコールなのだから、
札束を思い浮かべても、たぶん成就しないよね。
もちろんみみっちい金銭感覚していると、大きいお金を動かしづらいから、
(うさうさん、まさにコレw)
そういう意味では、思い浮かべるのも悪くはないけれど、
むしろ、どこで使うの?もっといってしまえば、
「他人に何をさせたいのか?」「それには、あとどれだけ必要なのか?」
というあたりが明確にない場合は、おそらくなかなか手に入らないし、
手に入れてどうするの?みたいな。
しかも、もしかしたら、望んでいるものは「お金が必要ではないかもしれない」っていう線も
検討した方がいいかもしれないし、
そもそも「お金が欲しい」ってことすら気のせいで、真の望みが別の部分にあるのかもしれない。
例えば「他人に命令する権利」とかだった場合、自分がお金をもってなくても会社での評価を上げて部下をもてば解決なんてケースもあるかもしれないし、例えば、「社会的ステータス」だった場合だって、ステータスの高い人が他人よりお金を持っているケースの方が多いだろうけど、必ずしも持っている資産の順番にステータスが決まっているわけではないし、そのリストがどこの発行のものかに寄るかもしれない。例えばクレジットカードの信用リストなら一発当てて資産は持っている作家よりも、金銭的には平均の公務員の方が高いなんてことだってあり得るし。
別にお金が一つの方法であるし、それで解決することも多いけれども、それだけじゃない部分だってあると思う。
次に、じゃあどうやってそれを手に入れるの?って話。
もう、それは、自分が持てる能力と相談して、戦略を練るしかないと思う。
ただ、相手を納得させれば、この世界では基本的に大概のものが手に入るってこと。
ちなみに、相手を納得させる一番安易な方法がお金だったりして、
いちいち交渉するのメンドクサイから人間が作ったってかんじだよね!
ってかんじで、ループしちゃうけど、だからお金の流れができるわけで、
大概、お金持ちと呼ばれる人は確かにお金を払ってお金を稼ぐわけで、
実際のところ明確な手法さえ決まっていればそれが一番簡単なのかも。
ただし、より大きなものを望む場合はそれだけ沢山の人を納得させることがあるから難しいということ。それには、カリスマ性なりなんなりの「説得力」は必要だと思う。
そんなかんじに、うさうさんは引き寄せの法則を理解しているわけだけれども、
もしかしたら、運命とか巡り合わせとかっていうものですら、
この先進国のような世界では、ほぼ人間関係だから、
本当の幸運は日頃の行いからっていうのがあながち間違っていないと思う。
(あ、ちなみに、犬のウ○コとか、鳥にフンを落とされた…っていう不運は、天災と同じ扱いで良いと思う。動物絡みだって、もっと悲惨なのあると思うけど。)
例えば、宝くじみたいな本当に作為のない抽選の場合は、
本来の意味での運かもしれないけれども、それすらじぶんで望んで買わなければいけないわけで。
ただ、くじや本当に運にまかせるようなギャンブルをやらない人にとって、
運は、誰と何かをやった結果だけにつきるんだよね。
そして、もっと若いころは周りにロクなヤツがいないと思ったら、
自分もそのレベルだなんて言葉があまり理解できていなかったけれど、
たぶん、学生時代は周りが同級生しかいないのならば、
やっぱり同じレベルしかいなかったから理解できなかったわけで、
この歳になると、なんかよく解る気がする。
例えば、できるだけ知らない人が行く飲み会とかイベントとか、
そういうのに参加すればガンガン新しい知り合いができて、
言い方は悪いけれどもお互いに値踏みして、仲良くできそうならするし、そうでなければ二度と合わないみたいな事が多いんだけど、さらにその友達が別の人を紹介してくれたりとか、私から紹介したりとかもあったりする。そういった「類は友を呼ぶ」的な出会いの中には、とても会えてラッキーだったと思える方も沢山いらっしゃる。
しかも、そういう方とかに相談すると確かに自分でしたいけど無理だと思っていたことがわりかしポロッとできちゃったりするわけで。
そのあたりが解って来たころから、なんか結構ついてることが多い気がするし、
色んなことの幅が広がってきたきがする。
それに、仕事関係では逆に、うさうさんと会えてラッキーだったって言われることが
年々増えて来てて、ちょっとそれは素直にうれしいんだ。
思えば大学を卒業してからちょうど10年だったりして、
そのあたりも絡めて、ちょっとこういう記事も書いてみようかなっておもったのだけど、
この10年間で実は一番自分の中で自分が信じられない出来事ってね、
前にももしかしたら書いたかもしれないけれども、
学生時代一番苦手で勉強してもできないかった英語をなぜか克服して、
気づいたらベラベラまではいかなくともヘラヘラくらいには喋れるようになってて、
さらにフランス語まではじめてしまったことなのよ。
たぶんね、他の方にこれがどれだけのインパクトがあるかは伝わりづらいと思うけど、
「絶対不可能だと思ってたことがなんかできちゃった」みたいな衝撃があって、
何かやりたいと思ったらやればいいんじゃね?みたいな(爆)
ただその過程の中で、英語を喋ること自体が
苦もなく生活の一部になってたのは、たしかなんだよね。
たぶん生活の一部になった願望は成就するんだろうなぁ。
思えば、うさうさんが10年前に思い描いた10年後には、
厳密には、手が届いていないけれども、
「綺麗な自分の事務所」でって辺りをのぞけば、
生活は、ほぼほぼ描いた通りなんだよなぁ。
綺麗な自分の事務所を借りれるくらい働かないとかぁぁぁぁ(笑)
最短なら(死ぬ気で本気をだせば。。。でも出したくないけど)3年で届きそうだけど、
さてはて、「綺麗な自分の事務所」を引き寄せることができるのかは、
うさうさんの腕次第だなぁ。

おやしらず(ノД`)

去年の年末の時点で、絶対生えてくるけど、
あごはいりきらないだろうから、生えて来たらまた来てね~と
いわれつつも、歯医者嫌いすぎて放置してたわけだが、、、、
この1週間、
あくびしてもいたいΣ(´ロ`lll
ご飯たべようとして口あけても痛いΣ(´ロ`lll
さらに、先週末?1日だけだけど、謎の頭痛(ノД`)
んな話を某ホットドッグ屋の店主にしてたら、
「ああ、親知らず放置しておいて、年間何人か死んでるよね~」
とか言われ、その場で歯医者に電話した。。。
が、、、、それはエイプリルフールだった(-_-;)
あとから
「そんなヤツいねーよ!」と言われ、
まんまと騙されたけど、
やさしい嘘だったと思ってます
ってことで、
火曜日歯医者行くけど、マジおそろしい。

世界フィギュア

なにげに、、、地元だったりとかして、
成人式とかもあそこでやったんだよね。。。
ってあたりでちょっと注目。
つねにリンクなわけじゃなはずだけど、
作り方はこんなかんじらしい。
スケートリンクの作り方
http://blogs.yahoo.co.jp/baltucame/33199453.html

いやーーーー近所に真央ちゃん来て滑っているだけで胸アツなわけで、
フィギュアスケート熱が完全に冷めてしまっていて、
ソチも半分くらいしかいなかったワタクシですが、ちょっと見てます。
(前にも書いた気がするけど、荒川静香が引退してからあんまり見てないのよね。。。
もしかしたら、それまでは日曜の昼間にやっているNHK杯か深夜かってかんじだったけど
人気が出てゴールデン放送になったから見づらくなったっていうのもあるかも。)
ちなみにうちのおかあやんに限って、
わざわざ見に行くとは思えないからどこ情報だかわかんないけど、
公開練習日ですら、当日券売り切れだったそうで。
つか、おとうやん、見に行きたかった~見に行きたかった~って
ぼやきまくってたわ。。。(爆)
(やっぱおかあやんそれで見に行ったのか?)
どうでもいいけど、手拍手のそろい方が日本なのか…とおもってしまった(笑)
なんとなく気になるのは、
アメリカとかのロシアの国旗を出してる人たちって、
本当にそこの国の人たちなの?
それとも、各国の国旗もってきてるの???
あ、、、ちょっとはスケートのこと書かなきゃ。
真央ちゃんの演技が今終わったところだけど、
なんか親戚の叔母さん的な気分でみてしまった。
この気分になるのは、映画版のハリーポッター以来。
(リアルに出演者がでかくなるからね。。。(笑))
一つミスしたのは残念だったけど、なんかいっぱい声援もらって良かったよ。
あと、リプニツカヤのこの衣装めちゃくちゃかわいい。。。w

なんてかいてたら、真央ちゃん首位なのね!

良かったね~!(o^-‘)b
最後の最後に、超細かいけど、国歌斉唱のときに、
会場の音声カットされてた気が…。
とか、ちょっと勘ぐってしまったけどまぁ、、、うん。
(伴奏だけ流れてるみたいな。。。
一瞬真央ちゃん以外誰も歌ってないのかと思ったけど、そんなことないと思うんだ。)
まぁ、ボロボロの国旗掲揚しておくような局だしなぁ…(´・ω・`)


思えば、今週なんでこんな外国人いっぱい歩いてるの?って何度か思ったんだよね(-_-;)
これのせいだったのか。
っつーても、すげーいっぱいじゃないんだけど、
観光地じゃないから、外国からに限らず旅行客って少ないし、
住んでる外国人ってだいたい何度も見てる人なのよ(爆)
別に住んでる人と住んでない人なんて明確にわかる訳じゃないんだけど、
言葉にするのは難しいけど、なんだろうなぁ、
アキバをウロウロしているタイプの外国人がいっぱいといえばいいんだろうか?
なじんでない人をいっぱい見たみたいな。

スピリチュアルって苦手って話。

うさうさんの客先は、
2014-01-11「外国人との交流の仕方。異文化の人との交流の仕方。」
書いたところのうさうさんとは世俗文化が違う人ばっかり。
同い年だけど、パソコンとかデジモノ苦手なコがいるのだけど、
その子のiPadを設定しながら、
私の前世絶対パソコンとかやったことないと思う!」
と、、、言われ、
(3ω3)「いや、、、うさうさんの前世がいたとして
うさうさんの前世だって、年代的にどう頑張っても、
ギリギリ死ぬ直前に
ゲームウォッチやったことあるかないかくらい だけど(-_-;)」
とかわけのわからないことをほざいてしまった。
絶対に相手に通じてないと思うが、
私の生まれる前のデジモノってゲームウオッチしかなかったってことね。
同い年のコだし。あと、電卓くらいはあったかもー。
ちなみにゲームウォッチってこれね。

wikipedia ゲーム&ウォッチから拾って来たけど、
うさうさんの家にもあったわ。たぶん、うさうさんママのだと思う。
うさうさんが生まれるちょっと前に発売。
っつーか、この手のこと言われると、
どう返すか迷うのよ。マジで。
魂だの霊だの前世だのは信じてないんだよね。
理由は簡単で、そういうのがあるなら、人はボケないだろうし、
アルツハイマーなんてないから(爆)
その理由自体に、霊だのなんだのって言われたらなんともいえないが。
でもだったら、若い人も同じ確率でボケるでしょ。
というか、今の業界に関わるようになってから、
なぜか、スピリチュアル的な話をされることが多いのよ。
でも、正直そういう話好きじゃないんだよね。
仏教系高校にいたから伝統的な魂だの輪廻だの話ってなんとなーく
知っているんだけど、大乗仏教にしろ小乗仏教にしろ、
別にそういうの信じている人に関してどうというのはないのだけど、
うさうさん自体は懐疑的。
というか、大乗仏教なんて景教(中国のキリスト教)と合わさった、
オリジナルとほど遠いものだと思うし、
オリジナルに近い小乗仏教に関しては、基本的に哲学めいたところがあって、
schoolの語源がギリシア語で暇人みたいなかんじで、
時間とお金にゆとりがある人やるには良いと思うけどね…的な、、、
というか、突き詰めて行くと哲学なので物理的なところに行きそうなきがするんだけど。
教典として残っているようなお経の中には当時としてはすごいなって思うような、
現代科学的に考えても通じるようなことも書いてあるのも事実。
でも、広まる過程で、変な方向にいってしまったと思う。
変な仏門よりもちゃんと大学教育をしているところの方が、
よっぽど仏教的なんじゃないかって思うの。
ただ、もっと昔の時代の道徳的基盤としては、良いと思うし、
死にまつわる儀式の神様としては、ちゃんと機能しているのも否定しないし、
お通夜、お葬式、法事に参加するのには全然抵抗がない。
ちなみに自分自身は外国人とかたまにどの宗教なんだ?ってきいてくるから、
一応ある程度の答えは用意していて、
聞かれれば神道と答えるのだけれども、実質はいい加減なかんじな方の無神論者なわけで。
キリスト教圏の無神論者って1か0かを真剣に問うカンジだけれども、
私の場合は、いるかいないかわかんないし、そんなこと実はどうでもよくて
八百万の神様+α信じる人がいるならどれがいてもいいんじゃん?
のところはあるんだけれども。
というか、無神論者っていうと、その説明がすげーーーー大変で、
だったら、多神教者でなんでもOK(o^-‘)bって言った方がラクってのもある(爆)
(一神教圏の無神論者はちょっと違うからなぁ。信じるものが神ではない一神教なのよ。
そのあたりに文化の違いをマジで感じる。
そして、その質問自体一神教圏以外からは飛んでこない。)
新興宗教は内容問わず完全にお断り、入信勧誘はどの宗教であろうとお断りなんだけど。
つか、スピリチュアル受け付けないのって、
自分の中でのこの新興宗教無いよう問わず完全お断りに、
ひっかかってるからってカンジもしなくない。
今は懐かしの、「サムライスピリッツ/侍魂」みたいのとか、
例えばスポーツ用品のCMで「魂を燃やせ!」みたいのとか、
比喩的な精神論とか、全否定する必要はないと思うのだけれども、
比喩を比喩じゃなくて、現実として捉えるのは、どうかしていると思う。
宗教ですら、どちらかというとその寓話は当時の科学では理解しきれなかった部分も含む
比喩的な意味合いがあるんじゃないかって思っているんだ。
比較的平積みされている本は読んでいるのだけど、
スピリチュアル的な本としては、「引き寄せの法則」なんかは
読んだけれども、うさうさんは読んだとき、全てが比喩だと思った。
けど、、、比喩じゃなくて受け取ってる人がいるのに驚愕(゚Д゚..)
ついでに、ナポレオン・ヒルの「思考は具現化する」なんて本も読んだけど、
実際は、目標があったら計画をたてて、実現できるように努力してそれを実行しろ!
成功したかったら、人よりも沢山働け!って内容の自己啓発本です。
「引き寄せの法則」との合わせ技で、思っただけで、「思考が実現する」って
思っている人、または当然のこととして布教に使っている人がネット上に沢山いてビビった。
ナポレオン・ヒル自体、うさうさんが、今読んでいる戦略の本では、
ポジティブシンキングすぎて、なんの戦略もないなんて甘い!
って批判されているけれども、それでも会社レベルでなくて、
個人レベルでみた場合には、
目標をたててそれに向かって頑張れっていう内容で十分じゃないかというのと、
成功したかったら、人よりも働けって内容の、案外現実的な本なのよ。
(確かに戦略面ではどうやって、戦略を立てるべきかっていう部分無しに、
とにかく努力しろっていうのは甘いのかもしれないけど、
怠惰な人間にとって、やる気を出すところが第一段階なわけだから、
いいんじゃないかと。)
とはいえ、思うだけじゃ何も起こらない。
行動しなければいけないのだ。
どうも、スピリチュアルの中には行動に対する言及がたりないどころか、
ききざわりの良いフレーズをなんとなく使って、
ポジティブに考えるだけで、万事が上手くいくとか
変な布教する人とかいるみたいで
マジで
コワイコワイ(;´Д`)
まぁ、、、キリスト教徒とかだって、今時はわからないけど、
本当に聖書読みました?ってかんじのこと、
歴史の中で相当やらかしているから、
本の内容なんて教祖次第で、ガンガンねじ曲げられて、
出典の正統性のみがつかわれるなんてことが、古来からたびたびやられるんだけれども。
(幼稚園はキリスト教系だったりして、もらった聖書を高校生くらいのとき読んだけど
どこにも異教徒を殺していいなんてかいてないからね。)
こういった思想って、何が難しいって、
例えば、スピリチュアルを信じている人が、
そうでない人を表す言葉として、唯物論者とかいうらしいけど、
まぁ、うさうさん自体唯物論寄りだけれども、
完全にそこで割り切ってしまうのも狂気だっていうことを知っている。
しかも、行き過ぎた唯物論の例としてはマルクス主義とかが
あげられると思うのだけど、
マルクスの一番の誤算は、誰もがマルクスみたいに勤勉な男じゃないってことだった。
だから、ほとんどの社会主義国は崩壊した。
また、逆のケースとして、マルクス主義は、理想論すぎて、
つきつめすぎると現実離れをした挙げ句、殺し合いが始まってしまう。
(一般的に内ゲバとかっていうらしいお。)
右翼、左翼的なことも、どっちに寄り過ぎても結構危ない人だと、
うさうさんは思ってて、時流により、若干ぶれるにしろ、
ある程度バランスをとっていくのが一番良いと思っている。
というか、ネットで色々調べた結果、
スピリチュアルと一口にいっても色々いるみたいで、
宇宙人とかなんとかって、オカルトどっぷりなのから、
生活をなんとなく気持ちよく過ごすためにちょこっと取り入れている
ある程度、現実に即した形のものまで、色々あるようで。
比較的オカルトやらSFやらの全盛期に子供時代を送って、オーパーツとか信じてるのとか、もしかしてヤバいのかな?と思ってた私もビックリな斜め上を行くの話を真面目に信じていらっしゃる方が、どうも結構な数いらっしゃるようで。
つかさ、宇宙人がいるといえば、M78星雲とか、イスカンダルとかガミラスとかサイド3のジオン公国くらいしか知りませんでした。
え、レイキ?ああ、、、カメハメ波とか、霊丸!!!!でしょ?
ワタクシの認識そんなもんでした。
ついでに、、、私の周りの人々なんて全然普通でした。
若干ゲン担ぎに頼り過ぎな程度です。
この記事の一番はじめに書いたコなんて、
おまじない程度にしか信じてなくて、
全然案じるほどでもないことに気づいたわ。。。
というか、通常ネガティブすぎて、
うさうさん自体が、もっとポジティブに考えたら?って言ってしまうレベルで。
(でも、確かにネガティブ要素を打破するだけの戦略を考えるのが苦手っぽい)
スピリチュアル自体、行き過ぎているとキモいけど、
精神とか心理とかっていうのは、確実にあるし、
気分を良くするために
比喩的に、ちょこっと取り入れてみるのは悪くないと思うのよ。
人前でしゃべるときに、
人人人って手の平に書いて飲み込むとか、
全員かぼちゃだと思えとか、
その程度のおまじない的なことって、
別にあって良いとおもうし、たまにやるし(爆)
迷信的だって分かっていても、神社には結構な頻度で行っていて、
自分の目標の確認と、それまでに足りなかったことを確認している。
そんなのおうちでやってもいいんだけど、
どんなに片付けても、片付けきれないほど物がある私の部屋よりも、
人に清められた空間ってやっぱり荘厳な雰囲気がするからそれがいい。
喫茶店でやった方が勉強がはかどる的なところも含み(笑)
なにごともバランスが必要かもね。
ところで、うさうさんが今読んでいるこの本には、400ページ中7ページほど
スピリチュアルに関する記述があったのだけれども、

どうやら、神秘主義から宗教的要素を取り除いたものは、1世紀以上も前からある思想だそうで、
クリスチャン・サイエンスから派生したニューソート運動というのが始まりだそうだ。そして、一世紀も前に書かれたものの焼き直しにも関わらず、「引き寄せの法則」などの考え方を「ニューエイジ」と呼ぶと書いているんだよね。
この著者の主張の中の批判は、戦略的な側面から見て、ネガティブな要素を一切排除して
ポジティブな要素のみを考えるのは荒唐無稽ということなのだが、確かに、起きうる悪い事態を考慮から全てはずすのは確かにいまいちだわね。
思えば、そういった思想に、
戦略って思いっきり親和性がなさそうだわ(;´Д`)
一部のスピリチュアルの教祖様は、疑う事自体をNGとされているそうだけど、
一つの物事について、起きうる自体を複数想定して、
不幸になりそうな芽を潰して行った方が
結果的に、幸せに近づくと思うのだけれども、
たぶん、教祖様からみて、その不幸の芽をつぶしてるんだと思う。
自分が偽物だって疑われる可能性があるから、疑うのは駄目と自分の不幸の芽を潰し、
あと、相手の問題が解決すると金ヅルがなくなるから、
相手が幸せになるのも駄目なので問題解決能力も奪って、
自分の不幸の芽をつぶしているんじゃないかなとかって言ってみる。
違和感を感じることはとことん疑ってみればいいし、
想定されることすべてを検証して、失敗の種を潰した方がいい。
それでも起きた不測の事態は次回への糧へ。
ただ、ちょっと前にもかいたように、
度合いの問題があって、宗教が一つ一つ違うように
ひとくくりにできないほど、多種多様なかんじがするので、
なんとも言えないのだけれども。


全然関係ないけれども、個人的には、
オカルトに関して言えば、超古代文明のオーパーツ的なものは、
ロマンを感じていて、インダス文明核戦争説なんて、
あってもおかしくないと思っているけど(笑)
正直、この話題なら盛り上がられるかんじがするけど、
たぶん、相手がどん引きだと思うけど(爆)(爆)(爆)
ただ、それが、本当か嘘かわからないところがロマンなんだよなぁぁぁ。
実際に発掘されて全てがわかってしまったら、つまらないw

関東で大雪なんてご冗談でしょう?(o□o)

いやーなんかね、一応土曜日って、お仕事なのよ。
が、、、天候が悪い日は、特権的にだけどおうち作業を許してもらってるんだけど、
「明日これます?誕生日会しようと思うんですけど」
なんて言われたら、行かないわけにはいかない。
ってことでいったが、、、、
朝から派手に転ぶΣ(`oДO*)
つかね、2~3年前までピンヒールのブーツを履いてたんだけど、
なんかぺったんこだけどかわいいのがあって、
ピンヒールの方捨てちゃったんだよね。
みんなありえないっていうけど、正直逆だと思うの。
雪の日はピンヒールのブーツが一番滑らない!
でっかいスパイクついてるし。
昨日さ、某デパートのセールで、1万円に値下げしてたやつ悩んだんだよね。
(セールで一万円って全然安くないんだけど、
元がもっと高いのか、結構良さげだったから。)
帰りは、さすがにタクシーで帰ろうと思ったら、
10件かけて1件しか出なかった上に、迎車できないっていわれた(ノД`)
しかたがないから、電車で帰るか…
なんて思いつつ歩き始めたら、
歩いても底が見えないほどつもってるぅぅぅぅぅΣ(`oДO*)

なんて写真を撮ってたら、
目の前タクシー通り過ぎた。。。が、、、待ってると来ないんだなぁぁぁ(´・ω・`)
ってことで、電車で帰って来た。
正直なところ、電車が動いているなら、いやなのは
職場の周辺がやたらツルツルするってだけで、
地元は、雪が降っている日は案外大丈夫なのよ。
人がいうほど歩かないから。
(特に土日だったから、今日は引きこもってる人いつもの雪の日より多かった予感
だって、、、歩いてる人少なかったし、雪もそのまま残っていたし。)

15cm?20cm??なんかすっごいつもってる!

また一つ歳を取っちゃいました(o□o)

ハタチになりました。
はい、嘘です(´・ω・`)
はえーーーよ。1年。
とかいいつつ、
つか、1年前のブログをみつつ、
ものによっては、もっと最近じゃないの!?って思うし、
ものによっては3年前のことのようだわ。
ってことは、長かったけど、短かったのか(笑)
なんか、若いころに比べて完全に時系列の感覚が鈍ってます(;´Д`)
つか、、、1年前に書いてるアプリの件、、、
やらないと!ってずっと思いつつ全然進んでなかったり。
次の誕生日までにはあげるぞ!!!!
(やりはじめれば2カ月で終わりそうな気がしているのだけど。)
なんか、「仕事」では案外しっかりもので通ってるわりに
プライベート的なことは、怠惰な私だけど、
もうちょっと、今年は頑張ろう。

なぜ日本人はiphoneが好きなのか?

Yahooのトップにこんなニュースが出てたんだけど、
冗談は勘弁してくれとおもってしまった。
J-CASTニュース:日本人はなぜこんなにiPhoneが好きなのか ユーザーのITリテラシーが低いから?
逆じゃないか?ITリテラシーが低い層もスマートフォンを使ってるからじゃないか?
この記事の「調査会社カンター・ジャパン」した調査について、
疑問に思うのは、iPhoneとAndroidとの比較だけをして、
普通の携帯電話も入れてのシェアと年齢層についての調査をしていないのか?というあたりだ。
つまり、日本だって全員が全員スマートフォンを使っている訳ではなく、
特に歳があがるほどフィーチャーフォンやらくらくフォンを使っているわけだけど、
それでも、日本の方が比較的リテラシーの低い年配の層まで
スマートフォンを持っている状態での、iPhoneの割合が多いということではないの?
ってちょっと思ったからだ。
ま、、、知らないけど。
ちなみに、私の周りのリテラシーの高い人は、
iPod touch+モバイルWi-Fi+ガラケー率が案外妙に高いです。
私もそうだったんだけど、ふとよくよく話してみたら、あーやっぱりiPod?みたいな(笑)
この記事について、文章全体の趣旨からはずれているけど、
気に喰わないのは、いろんな環境的要素がずっぽりぬけていること。
つか、もしやこれってただ単に噂の日本下げの記事にマジレスしちゃったのか。。。orz
スマートフォン以前のケータイは、いまでこそ、
「ガラパコスケータイ(ガラケー)」と馬鹿にされる日本のフィーチャーフォンだけど
当時のiPhoneにできることはほぼなんでもガラケーできたことわけで、
海外の以前の携帯電話の性能やサービスの違いを考慮に入れていないこと。
ヨーロッパでブラックベリーが流行ったのは、ブラックベリーでしか、
Eメールが使えなかったからだ。
(海外だと、それ以外の機種はSMSしか使えなくて、
本当に電話とSMSくらいしか使えない機種が主流だった。
海外の友達にケータイにメールするから、メアド教えて~って言ったら、
メールなんてSMSしか出来ないけど。って言われたわけで。)
ブラックベリー自体、あちゃらの「最新鋭」だったのでハイエンドユーザー向けけれども、
それですら日本のケータイのキャリアのサービスも込みで考えるならば
「標準的な性能」以下でしかないし、
ガラケーを使いこなしている、ハイエンドユーザーにとっては、
発売当初のiPhoneですら、フタをあけてみれば「ちょっといいかもねー」程度だった。
だからこそ、iPhoneが売り出されたとき、
日本のそういったものをまっさきに買いそうな層は、
ガラケーを使いこなしているからこそ、飛びつかずに静観していた。
「絶対に買い」ってほどよくなかったのよ。
だから、なかなか売り出し中に0円でも売れなかったのだ。
iPhone3Gが発売から1~2年後あたりか、、
そのときは、「0円でも日本人はiPhoneを買わない」っていうのが、
話題になっていたようで、ドイツ人の友達にこんな記事を読んだけどどういうことなの?
なんて聞かれた。

(うさうさん自体、おさいふケータイが捨てられなくて、
一年前までiPod touch+WiMAXで頑張ってたし、いまだにガラケーももってる)
ただ、このことが日本のスマートフォンの出遅れにもつながったわけなのだけれども、
このころからiPhoneって本体価格が月賦払いでならほぼほぼゼロなのよ。
そもそも海外だと、iPhone、Androidよりも前の携帯電話って、
本当に電話だけだったっていうことを前提にね、
Androidってわっけのわかんないメーカーのが5000円くらいのからあって、
安いからって買うというか、そこにしか手が届かない層がいるのもわかる。
(しかもたしかOS代が安いので開発もしやすい。たぶん。)
いまでこそ980円SIM的な物がでてきたけれど、
日本ではキャリアで買ったケータイでしか契約ができないということが長く続いていたし、
本体価格として安い機種だからって、別に安く運用できるわけではないってあたりがたぶん味噌。
ヨーロッパの場合だって、友達に聞く限りの状況とメインになる
電話会社のホームページからしかわからないけれど、
おそらく端末料金がAndroidとiPhoneだと2~10倍の開きがある。
iPhoneは、絶対手が出ないって層まではいかなくても
国によっては買えなくないけど、そこそこのスペックのAndroidを使えば、
敢えてそんなに高いものを買う必要がないとかもあると思う。
(例えば一括払いを前提とするなら、8万のじゃなくて4万くらいのに妥協するとか)
海外の場合は、「スマートフォン」のくくりで
↓需要曲線的な物がもろに反映されてる気がするwwwww
そして、一番価格の高いところにiPhoneが位置する。

日本なんて、どれでも同じ値段だから(端末月賦払いなら割引混みで月々1~3千円程度の差)
iPhoneにしたいけど値段が問題でiPhoneにできないって人がいないのだ。
商品を選ぶときの基準の一つになる、価格の要素が一切ないので、需要曲線が適用されない。。
それでiPhoneを選ぶユーザーが多いってだけでいんじゃねーって思う。
私が去年iPod touchやめてiPhoneにする直前、
ベルギー人のコとネトゲ喋っててね、
うさうさん(3ω3)「iPhoneにかえるかちょーーーまよってるんだよね」
そのコ「私ブラックベリー使ってるけど超欲しい」
うさうさん(3ω3)「でもiPod touchとWiMAXでも同じなのはわかってるんだ」
そのコ「わたしもー、変わらないのはわかってるけど、
  でもiPhoneはiPhoneだからね~欲しいよね~

同じ値段ならiPhoneにするんじゃないかと。
しかもいってみれば、Androidってはじめのプロットの段階では、
たしかタッチパネルじゃなかったはずだけれども、
iPhoneのヒットを受けて、iPhoneに似せた物になった。
つまりAndroid自体、iPhoneのまがいものっぽい部分があるわけよ。
なんだろうね、つっこめばつっこむほどむなしいカンジがしてきた(爆)(爆)(爆)


もしかしたら単に日本下げの記事なのかもしれないけど、Appleに関しては、
こんな記事が出るまでになっちゃったんだなぁ…なんておもってしまう部分もあるんだけど。
うさうさん自体、
年季の入ったApple信者だから知らず知らずに布教をしてしまっていることもあるんだけど(笑)
スティーブ・ジョブスがこんなに有名になるなんて10年前は思いもしなかったし、
AppleがつぶれてMacがなくなったら本気でどうしようと思ってた時代もある。。。
そんななかでApple製品がシェア7割なんて正直うれしすぎるし、完全にApple贔屓なことしかいえないから、あんまり参考にならなさそうだけど。
Androidも使ってみればそんなに悪くないんだけれども、
少なくとも私が使っているヴァージョンだと、
内容的にiPhoneよりもガラケーに近い感じがする。
あと、設定は微妙にめんどくさい(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)
【PR】
「050 plus」最大300円分無料通話プレゼント!2014年3月31日まで

鎌倉で初詣。

ちょっと遅め?の初詣に昨日いってきました。
今年は、鎌倉へGO!
でも、何度かいっているのであんまり写真とってこなかったんだけど(^^;
今回は…私がトイレ行きたい~って鎌倉で降りたら良いところを
北鎌倉で降りてしまいまして、、、、
そっから、銭洗弁天いくぞ!!!!
って、、、、道案内の矢印に向かって山道に入っていったんだけど、
気づいたら、舗装されてない。。。
…がすぐにまた舗装されてるところに出るだろうと思ったんだけど、
ちょっとした登山的な、獣道。
すれ違う人もみんなハイキングな格好している。
あれれれれれΣ(´ロ`lll
今回のツレ的にハプニング大歓迎ではあるのだけど。
でもうさうさんね、白いダウンコート着てるから、こけたくないんだけど(-_-;)
って思いながら、
岩でできた階段未満の段差やら、
木の根っこやらのうえを上ったり下ったり。
さっき、地図でみたんだけど、
たぶんうさうさんたちが通ったのがピンクの線。
(始点と終点以外はテキトー。)

思いっきり森。
こう見ると近いけど、
でもきっとクネクネ迂回&上ったり下ったりだったからなぁ。
たぶんね40分くらいの道なのよ。
もうね、必死すぎて、写真とかとれなかったわ。
でもね、ジムのエアロバイクと同じカンジではじめの5分から10分は
まじで息切れしてゲホゲホだったんだけど、
そのあとは案外大丈夫だった。
なんだろね、あの魔の10分。
ようやく獣道が終わったと思ったらあったのが、葛原岡神社。

山側からきたので、変なところからでてまつ。
なんか変わった神社だったなぁぁぁ。
集客に必死さがあまりに伝わりすぎるんだけど
つっこみどころがありすぎて。。。(;´Д`)
(いや、、、本殿の横に飾ってあった龍神は主神じゃないのよね?縁結びとか。)
氏子さんとか結構沢山いそうな神社なんだけどなぁ。
なんでだろう?って思ったんだけど、
いや、でもね、その後この下にある銭洗弁天いったらなんとなく理由が解ったの。

とっても有名で小さいながらも沢山お客さんが来る、銭洗弁財天宇賀福神社の
地理的に上に位置する葛原岡神社なんだけど、
きっとね、もっと人に登って来て欲しいんだろうなって。
こっちは相変わらず沢山の人々がいたんだよね。
お参りするのにも10分並び。
おみくじは…!

大吉!
読む限り、なんもしないでとりあえず待ってたら幸せになるってかいてあった(爆)
本当にそれでいいの?
このあとは、源氏ゆかりの鶴岡八幡宮でお参り。
(たぶん、鎌倉で一番大きい神社。鎌倉というか、関東でみてもかなり大きい)
今年も良いご縁がありますように!