カリグラフィーをはじめてみた。

実は過去にも何度か挑戦しては、才能ねーなーって思うの繰り返しなのだけど、
Seb Lesterの動画をみて、こんな風に書けたらいいんなぁって思いつつ、

このペン見たこと無いけど、なんだろう?
って思って調べたら、PILOTなの!?

パラレルペンというものらしく、安心の日本製(笑)

そもそもが海外向けなのかもしれないけど、あんまり日本製っぽくないペンだからドイツ製だとおもったぜぃ。(ドイツ製もいい感じよね。)

比較的文具屋さんに行っている割にみたことないんだけど、カリグラフィーコーナーとかにしかないの?(楽天でも取り寄せみたいなかんじだったんだけど。とはいえ3日くらいで来たけど。)
ってことで取り寄せてみた。

image
とりあえず、6.0mmと3.8mmを買ったんだけど、
今のところまだ3.8mmだけしか開けてなくて、
どうせ買うなら2.4mmの方にすればよかったかもって思ってるところ(爆)

元から、黒と赤のインクもついているけど、ブルーブラックとピンクのインクも購入。

image

構造的にはほぼほぼ万年筆で、ただペン先が特殊なかんじ。
平筆みたいに、横に幅広い部分と、細い部分があって、
細い方でももちろん書けます。

若干クセはあるのペンなので、太く書く場合は、ちょっと練習が必要かも。

image
とりあえずブルーブラックを入れてみるも、、、
ほぼ黒(爆)

まぁ、知ってたけど、同じ道具を使ったからって達人と同じように書けるわけではない…ってカンジの出来…。

とりあえず線を均一に書く練習か…とおもったわけだけど、
image
そもそも、ほぼ走り書きメモ以外アナログでペンで書くことなんてないせいか、
全然均一に書けてないってあたり先は長い(´・ω・`)

ついでに、何度か書いてから気付いたんだけど、
左利きのうさうさんは、逆の書き順で書いていかないと駄目っぽい。
書きたい文字自体をお尻からにする必要があるかはともかく。

習字と同じで、左利きだと左から右へ線が引けないから(押すことになってしまう)、
右から左へ線を書くことになって、
結果的に縦線についても、下から上へ書くことになるよのね。
image
正直なところ、「文字を書く」ではなく、
「そういう線を引く」ってイメージの作業になってくるんだけど、
最大の問題は、次に書く文字のスペリングを忘れること(爆)

横に鉛筆かなにかでかいておけばいいんだけど。

でも、そんなことを思いつつ動画をみていたら、
この左利きなベテランおじいちゃんも書き順はそのままだったけど、
私と同じで、右から左へ、下から上に線を引いてるわ。

でも、さすがに最後の文字からは書いてなかった(爆)
この書き方をすればいいのかしら。

どうでもいいけど、右利きの人が大多数で、できるだけ矯正されるのって日本人だけじゃないからねー。
フランス人の友達でも元は左利きだけど、矯正されたなんて人がいたり。

毎日コツコツやっていけば、上手くなるんだろうけど、
毎日コツコツが一番苦手なんだよね。

なんとなく、中学生くらいのとき、マンガ用のGペンの練習をしたのを思い出してしまったわ(笑)

でも頑張って練習するかなー。
先は長いけど。

Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です