ocnモバイルoneでsimフリー版iphone5sを設定。

一昨日の記事を書きながらぽちったiPhone5sが来たのでセットアップ。
とりあえず、古い方のiPhoneのバックアップを、
母艦MacのiTunesにとってあったので、データの移行は
来たら、それをつないで待ってたらいいだけ。
ただ、今回64GB→32GBに容量がグレードダウンしたので、相当消したけどね(^^;;;
使い心地は…iPhone5とiPhone5sじゃあんまりかわりません(爆)
すこぶる普通です。
今回つかうSIMに関しては、前に血迷って契約したものの、
タンスの肥やし状態になっていたOCNのモバイル ONE SIM。

この記事で、Xperiaに刺してたヤツです。
2013-12-01 海外版XperiaにOCN モバイル oneのSIMをさしてみた。
OCNのセットアップにかんしては、iPhone5sだとめちゃくちゃ簡単だった。。。
プロファイルをダウンロードする型なので、
OCN設定サポート:iPhone 5s / 5c(SIMフリー版)をお使いの方
見てもらうのが良いと思う。
ちょっとだけ、懸念してた速度もばっちり。
うちのなかだとOCNのやつのが誤差レベルの微々たる違いながらも早い!
Continue reading

iphoneを買い替えることにした。

思えば2年前、すぐにiPhone5が手に入るもんだと思って、
iPod touchと一緒に使っていたWiMaxを夜な夜な解約してしまったら、
実は品薄で、奔走したのも過去のこと。
過去の奔走劇はコチラ↓
2012-10-07 iPhone5ゲット♪
てっきり11月に手に入れたんだと思ってたけど10月だったかぁ。
世の中はiPhone6に湧いているようなそうでもないようなだけど、
実はiPhone5sに買い替えました。
Continue reading

ちょっと疲れてます(*ノ_<*)

つらすぎるほど頭を使う作業も一段落して、ガツガツ単純作業の過程に入ったので、
というか、先週はなにもないところで転ぶ(実は一瞬倒れたのかな?)
レベルでつかれまくっていたものの
先週ほどではないんだけど、今週もちょっと疲れてる。
思えばこの間とか
ソースコードだけの夢をみた。

しかも朝方と、疲れてるなって思って昼寝もしたらそのときもみて2回も!
プログラムやWebの構築をしたことがない人には
なじみがなくて、わかりづらいと思うけど、
コンピューター上で処理って裏ではこんなかんじの
文字列でのコードで設定みたいな作業をしていくんだけど、

※これはYahooのトップページのソースコードね。
まさに、これだけが表示されるという不可解過ぎる夢。
つかさ、文字だけの夢とかまじではじめてみたんだけど(´・ω・`)
なんか友達に口だけでいうと大概マトリックスのこんなかんじ想像するっぽいけど、

こんだけスタイリッシュならばどんなによかったことか!
ひたすら2次元的にパソコンの画面をみているかのごとく、
ソースコードだけ。しかも全部赤字。
つか、生まれて初めて文字だけの夢ってみたわ。
Continue reading

可変型2段カラムに苦戦してみた

実は、3日ほど前ゲッソリするほど、苦戦してたのって、
可変型2段カラムだったりして。
しかも、普段そんなにWebの仕事に時間をかけられなくて、
(一カ所でグラフィックの仕事もしてて、そっちがメインになってしまっていて、
印刷物の仕事どか!って盛られた合間にやってるから)
めんどくさかったらテーブルでさくっと組んじゃうことが多かったんだけど、
可変にしたかったり、
あとは100ページ似たようなページを作らないといけないってのがあって、
あんまりお粗末なものをつくると後で自分で修正するの億劫だわ…とか(笑)
というか、しっかりCSSで組んじゃった方が、
デザイン変更したくなったときもあっさりできるしね。
可変じゃないやつはあっさりできたんだけど、
可変にしようとするとカラム落ちがする。
へっぽこすぎて泣いた(*ノ_<*) 次回のときの自分用メモも兼ねて、 そんなときに役に立ちそうなリンクをペタペタしていく。 うさうさんが、まさに参考にしたページ 2カラムリキッドレイアウトのCSSサンプルソース|floatレイアウトサンプルソース
CSSによる2カラム(2段組)レイアウト【CSSによる段組(マルチカラム)レイアウト講座】
さっきみつけたら、むしろ1から読んだ方が良さそうなページ(笑)
法則51 2カラムの可変レイアウトにはネガティブマージンを使用する【クリエイターが身につけておくべき新・100の法則】
実は、作っていたページが
ページ自体(緑の枠)も2段カラムでメニューメイン部分は固定のメインは可変、
さらにその中にボックス(ピンクの枠)があってそこも固定と可変があるという構造でして。

ほぼ上のサイトのまま大きさとかは変えていれたら、
・ボックスの下に謎の余白
・iPadでみたときの幅だと、子ボックスが右がキレてる(´・ω・`)
この辺りは、やっぱり工夫が必要だったかも。
★ボックスの下に謎の余白
これは、ボックスの中のwropperのCSSとこに、

overflow:hidden

を入れる。
レスポンシブデザインで右側に謎の空白ができたときの解決策 | koukiTips
このページじゃないんだけど似たようなことを書いてあるページを見つけたんだよね。
理由は書いてあったような書いてなかったようなだけど、
とりあえず解決したのでいいかなと思う(笑)
★iPadでみたときの幅だと、子ボックスの右が切れてる
・まずは右のmarginを調節する
・次に、タブレットなどの場合のコンテンツをメタで指定してしまう。
どうしてもアメブロの制限でここには書けなかったので、
(全角にしてみるとかも試したけど全然書けなかった)
いちおう、これのことね。
マルチデバイス対応方法(viewport,CSSの出し分け)をまとめてみた | NEZU.log
もうこれの初期横幅を指定しまえ!作戦。
iPadの場合は拡大した場合も読み込んだ時の横幅のままなので、
とりあえずレイアウト崩れは防げそうなきがしてる。
Androidのチェックはまだだけど。
そんなこんなで、ある程度形になったので、あといくつかパーツを作ったら量産だわーーー。

macのローカルでphpを表示確認したい!

グラフィックの仕事の方が多い、へっぽこウェブデザイナーですが、
なんかついにPHPもある程度使わないとキツいかも。。。
実は、前に一度ちょこっとはPHPを使ったページを作ったことがあったんだけど、
そのときは、別に外部ファイルの読み込みとか特になかったから、
htmlで作って表示確認だけして、サーバーに上げて動作確認みたいな方法を
とっていたのだけど、
今回は、むしろ外部ファイルをいくつか読み込ませるためにPHPを使いたい!
ということで、いちいちテストサーバーにあげるのめんどうくさいよ(´・ω・`)
ってことで、どうにかこうにかPHPをローカルで見れない物かな~と思った次第でして。


★MacにApasheが標準搭載されてる!?
このあたりのサイトを見てみたら、
Mac OS X MavericksにApacheとPHPをインストールしてWebアプリの開発環境を作ってみる | 美徳という名の背徳
色々調べてみて、MacにはApacheがプリインストールされてるから、
ターミナルでApacheをスタートさせるだけでいいらしい。

$ sudo apachectl start

とタイプすればスタートするし、

$ sudo apachectl stop

とタイプすれば止まる
なんてかいてあったんだけど、
私のMacBook AirにはどうもApacheが入っていないらしく
not found的なメッセージを返してくる…。
マジカヨ(゚Д゚..)


★ MAMPなるソフトがあるらしい
ってことで、次に調べたら、
MAMPのインストール for Mac | 独学!未経験からWebデザイナーになる!!
をみて、MAMPをインストールしてみようかな…と、、、思ったけど、
FREE版はたぶん、15日限定?
(まぁそれでも作業は終わりそうだけど)
そして、有料版は5000円越え!って、、、サーバーにアップすればみれるものに、
お金なんて払ってられない。


★ XAMPPなるソフトもあるらしい
で、、、さらに調べたら
XAMPP for Macというのもあるらしい。
ということで、こっちをインストール。
普通にインストールパッケージになっているし、無償でお財布にやさしい。
詳しくは、インストール方法が現在とは異なっているけど、
この辺りをよんでもらったら良いのかなって思う。
MacにXAMPPをインストールしてPHPを実行するところまでのメモ | Time to live forever
基本的には↑を読んでもらえればいいと思うのだけど、
注意点としては、PORT:80を開けておかなければいけないから、
スカイプとかを常時立ち上げている場合は、
一度落とす必要があるらしい。
(↑のサイトで読んだのかと思ったら、なぜか無かったけど。。。どこで読んだのだろうか。
インストールする前に読んだから、普通に落としてから使い始めたんだけど、
実際に試しにスカイプを立ち上げてPHPを開こうとしたけれど、ソースコードしか表示されなかった。)
都度使う部分しか調べないからへっぽこなのは重々承知なんだけど、
PHPちゃんと勉強してみようかなぁ。

頭のいい小学生が解いているパズル

頭のいい小学生じゃなかったけど、
なんかこういうのいっぱい解いてたなーってかんじのこの本。

実は同僚にプレゼントしようと思って買ったんだけど、
その前に一通りやってみた。
1冊やるのに、別の紙に図を写しながらやるの込みで3時間くらい。

問題は小学生の正答率順に並んでいて、
初めの方は一瞥しただけでわかっちゃう問題も多いけど、
後ろにいくほど難しい問題になるかんじで、1問5分とかかかる。
そして、完全にお手上げ!ってのが実は数題あったわ(爆)
というか、じつは、一番初めの問題でいきなりわからんみたいな(爆)(爆)(爆)
基本的には必要な知識は足し算引き算のみ。
かけ算割り算が出来た方が早く解ける問題が数問。
あとは論理的な思考だけ。
でも、ひっかけは初めの数問だけで、
それ以外はひっかけなし、ちゃんと考えたら答えが解る問題ばかりで
比較的良問が多いなかなか良い本だなと思った。
日常的に使いそうな論理的思考を
数学パズルにデフォルメしたようなタネがつまっているような本で、
お子様がやれば、たぶんそれこそ論理的思考を伸ばすのに役立つだろうし、
大人は錆び付いた頭の体操に(笑)←私は完全にこっちw
私は、同僚にあげるつもりで1日で全部やってしまったのだけど、
普通は1日数題ずつやっていくのが良いのかなと思いまつ。
つかね、リアルでこれをやろなきゃいけないと思ったら
正答通りにやりそうなのに、
「机上の問題」としてみたら、アレ?って問題とかね(爆)(爆)(爆)
大人はもうちょっと骨がある問題でも良いかもしれないけど、
難しすぎても心が折れそうだから、
これくらいでウォーミングアップには良かったのかも。
もうちょっとひねりが効いた難易度高いやつもあるかなぁ。
今度探してみよう。