Automatorを使ってWeb上の画像をローカルに一括保存してみる。

アメブロに誤削除されたうさうさんは、データが復旧してまず考えたのは、
データのバックアップ方法だったわけだけれども、
とりあえず、他の方が進めている通りに、

1.FC2にエクスポートする
2.そのデータをローカルに落とす
3.Wordpressにインポートする

といった具合にしようとしていたわけだけど、
1ページに100枚綴りで画像をエクスポートできるように用意されているけど、
Macで画像ってどうやってまとめて保存するのよ…
って思ったら、こんなページを見つけた。

IVYのおもちゃ:Mac Automatorを使ってWebページの画像を一括ダウンロード

なるほど。

そういえば、このロボットずっと前からもともとMacに入っていたけど、
何に使うかわからなかったんだけど、
よくよく読んだら便利そう…ということでつかってみることにした。

Automator

概ね、リンク先の通りにしたのだけど、
実は、自分のアメブロの前に、今回特に削除とかはなかったけれども、
念のため、バックアップを取ろうとおもった、仕事で運営しているブログの画像を
保存しようとおもったら、FC2上にあげられただけで6000枚以上あって、
100枚綴りでも60ページ以上(爆)

そんなにやってらんねー!

ってことで、もう一捻りしてみた。

Automator起動前に準備。

1.SafariでFC2にログイン(作業が終わるまでログインしっぱなしで。)
ツール>データのバックアップ>ファイルのバックアップ
のところのリストを開きURLをコピー。

2.Excelを開いて、ページの数だけ末尾の数字を変更する

正直なところ、ページ数が多くなかったらこんなことしなくていいんだけど(笑)
というか、ページ数少なかったら参考サイト通りだけでいいよね。
20ページ越えならやったほうがいいかもだけど。うさうさんの個人ブログは実は必要なかったけどw

Automatorを開く

参考リンク↓では、メニュー名が日本語なのに、うさうさんのはなぜか英語じゃんΣ(´ロ`lll
IVYのおもちゃ:Mac Automatorを使ってWebページの画像を一括ダウンロード
ってことで、英語読むのメンドクセーと思いながらやったので、
(しかも選択するとそれは日本語でてくるってのが余計に面倒くさい!)
なぜか英語が出てきちゃった方は、参考にしていただけると良いかもです。

 

まずはアプリケーションってのをクリック。

1

 

 

数字の順番通りに押していったらいいのだけど

1 一番左の「テキスト」を選択

2 Get specified textを選択

→さっきExcelで作った文字列をコピペ

3 Extract Data from textを選択

→たぶん勝手に選ばれると思うけど、プルダウンから「URL」を選択

 

2

 

4 一番左からインターネットを選択

5  Get specified URLsを選択

→はじめに何かURLが書いてあった場合はとりあえずそれは削除

6 Get Images URLs from Webpagesを選択

→プルダウンで「これらのWebページにあるイメージ」を選択

7 Download URLsを選択

→必要があるなら場所から、ダウンロード先を指定。

8 右上の実行をクリック

3

 

これで、ダウンロードがはじまります。

枚数によっては時間がかかるので、あとは待つだけ。

 

実際のところ、ローカルにダウンロードしちゃったら、結構それだけで満足してしまってたり(笑)

おいおいたぶん、こっちにもあげていくけど、

気が向いたときでいいかな→あげない率があがったわ(爆)

 

だって、データの消失で一番痛かったのは、

3分とかで書いた落書きっぽい絵とかは、アップしたら、

Webにあがってるから、いいやって結構ローカルにデータ残していなかったり、

iPhoneを64GBから32GBに変えた都合で、

わざわざとって置くほどでもないけどって写真でさらにWebに上がってたやつはかなり消したのよね。

そのあたりがとっても気になってたけど、

別に手元にあるならそれはそれなんだよね。

Posted in Mac&デジタル機器.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です