三銃士 妖婦ミレディの陰謀

年末くらいに、DVDを買おうと思ってたんだけど、
在庫無しで、注文をキャンセルになってしまっていたのだけど、
海外ドラマをみようと思って契約したHuluのラインナップにあったΣ(`oДO*)
いや、、、正直さっさと見て解約する気満々だけど、
そのDVDに2000円くらい払おうと思ってたから2カ月くらいは
いいかなと思った(爆)
(とはいえ、気になるヤツをリストアップしてみたら、
2カ月で本当に解約するかいけるかわからんのだけど。)
さてさて、
三銃士 妖婦ミレディの陰謀。
エマニュエル・べアールがミレディをやっていて、
バッキンガムのワンシーンを除いて全編フランス語。
買おうと思ったときに調べたカンジだと、
映画ではなくて、テレビスペシャルのソフト化だったっぽい。
タイトルの妖婦って、怪しげでエロティック的なことかと思ってたら、、、
普通に魔女だったΣ(`oДO*)
この切り口は新鮮。
フランス制作で間違いないのだろうけど、配給はイギリス?
何はともあれ、ハリウッド版とは相当趣きが違う。
一応原作自体は、ミラ・ジョヴォヴィッチがミレディやってた
あれと同じはずだけど、どうしたら、こんなに違う話になるものか(笑)
どっちもどっちなアレンジの仕方だと思うのだけど、
こっちは、アレンジの仕方事態が悪い冗談っぽいんだよね。
そして、なんといっても、なんともいえないB級臭
でも、相変わらずフランスで時代もの制作していると、
衣装と登場人物と建物とがより本物っぽくていいかんじだわ。
花咲ける騎士道もそうだったけど、
というか、建物も衣装も、普通に本物だと思う
作ったとしても正しい形っぽいというか。。。アメリカナイズされてないかんじがする。
(ほら、なんつーか、日本の時代物を舞台にしたハリウッド映画って、
スチームパンク風味なアレンジは論外としても、
忠実とみせかけつつも、なんか衣装とか色々変じゃん(笑)
これをみてると、きっとこれが正しいんだろうなと思っちゃう)
しかし、、、
ダルタニアンって三銃士と出会う場面では、
普通はさ…
初々しい、くちばしが黄色い、
ひたすら青臭い
ってのが売りで、
手伝うって言い張るもののアトスたちのはじめは足手まといだと思ってたんだけど、
このドラマだと普通にがたいがいい、おっさんな上にお下品だけど、はじめっから強い(爆)
とにかく強い。
っつか強すぎw
別に戦うシーン別に三銃士いらなくね?つか、ほとんど三銃士戦ってるシーンないわ。
このダルタニアン、他の映画で例えるなら、
パイレーツオブカリビアンのジャック・スパローっぽいキャラ
英語版だったら、絶対にジョニーデップがやってるだろっつーくらい、
やたらワイルドなんだけどwwwww
こんなダルタニアンはじめてみたwwwwwwww
ということで、この物語に関して言えば、
ダルタニアンの成長物語ではない。
しかもさ、、、一人、木のちっこいボートこいででフランスから英国までいくとか。。。(爆)
冗談きついぜ(笑)(笑)(笑)
いやぁぁぁぁぁドーバー海峡を泳いでわたるとかって競技が
あるくらいだから、ボートだったら頑張れば全然いけるんだろうけど、
ボートでこいで渡る映画はじめてみた(笑)
(調べてみたらドーバー海峡の遠泳って15時間程度なのね。
ってことは、ボートも半日も漕げばつくのかも。)
ミラ・ジョヴォヴィッチのやつとか、
普通に船でいってたよね(^^;;;;;
原作ってどっちなんだろうね。
大真面目にやってるのに、随所わらえるんだよなぁぁぁぁ。
たぶん、ハリウッド映画の見過ぎなんだけど、
フランス映画って、なにげにちょっと変だからね。
(同世代だとフランス人でも普通にハリウッド映画と日本のマンガをみて育ってるから、
フランス映画ってなんか変とかゲイっぽいっとかそんなかんじらしいが。)
ストーリー的に気になる方はそんなかんじで。
たまには、いつもと違う三銃士をみてみたい!って方はオススメ。
というか、ミラ・ジョヴォヴィッチが出てたやつとか、
あの程度だと、イメージと違うとか、合ってるとか、
このアレンジ好きとか嫌いとか出てくると思うんだけど、
ここまでくると、イメージを壊れた!とかすら思わずに、
いつもの三銃士とは別物として見れると思います(笑)
でも、ディズニーの実写映画の海底2万里は許せなかったけど、
別に許せないとかもなかったんだよなぁぁぁぁ。
たぶん、あれは、「人気を出させるための見え見えなアメリカンマッチョキャラ」を
狙いまくって出していたのがミエミエすぎて、鼻についたんだけど、
なんか、すげーーー原型をとどめてないのに、天然ボケっぽいんだよ。。。コレ。
蛇足的に。フランス語の学習用としては、
いままでみたどのフランス映画よりも1文1文が短くて、
フランス語学習者には良さそう。
(うさうさんの語彙を超えてるから、本当に簡単な台詞しか
聞き取れてないけどw)
たぶん、内容はともかく、フランス語のききとりのために、
あと10回くらいみてもながら見いいかなと思った。


三銃士 妖婦ミレディの陰謀

Posted in 語学学習(仏語・英語・西語).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です