語学の学習方法について考える

※フランス語はまだそんなにしゃべれないので、英語について
※当初のゴールが「旅行で困らない程度」ととっても低いところにあったので、気がついたらだいぶ遠くまで来てしまったかんじなんだよなぁぁ。ということで、意識はあんまり高くない(爆)楽しくしゃべれたらOKな方向けないようだと思う。というわけで、ビジネスとか、もっと上のレベルを目指している人は解らん。一応、相当適当なかんじだけど、イギリスとかカナダの通販サイトに電話したり、外国から来た友達と指しで5時間くらいは平気でしゃべれる(爆)うっかりカフェでしゃべりすぎて観光案内とかし忘れたりもするけど。
※人それぞれ合った学習法って全然ちがくて、うさうさんの場合はどっちかっていうと目でみたものの映像記憶の方が強いので文字ありき。で、どっちかといわなくても音に対する記憶がとっても弱いのでまずは文字で覚えたけど、音の記憶のが残りやすい人はまた違う方法があるかと。完全にリスニングとかスピーキングとか後回しにしてたんだけど、ライティングが出来るようになったら、普通にリスニングができるようになったっていうね。どっちかっていうと、文字のが強い人向きかもしれない。
英会話教材の中にはさも耳からの英語じゃなきゃ駄目だという宣伝をしているのもあるんだけど、半分合っていて、半分合っていないと思う。得意な記憶の方法って人によって違うそうで。他人の名前を聞いたときに忘れないけど漢字はど忘れしちゃう人は耳から、他人の名前を耳できいただけじゃ覚えれなくて漢字とセットになってる人は文字からでいいんじゃね?(テキトー)ちなみにうさうさん完全に後者で下手するとその人が書いた自分の名前の筆跡と一緒に覚えてた…昔は。今はほぼ活字でしかみないから筆跡は知らないけど。
0。直訳表現をよく研究して、日本語でそういう文が作れるようにする
⇒そもそもの文章を作るときの考え方の違いを知る
なんか学校で教えてくれなかったけど、これができるようになると、
めちゃくちゃ5番目の項目がラク。
というか、もしも私が英会話教室やるなら(絶対にやらないと思うけどw)、
1回目~3回目までこれだわ。
まずは日本語の状態で言いたいことを簡単に訳せる文章の作り方覚えるの。
そして、そもそも日本語と英語だとその内側にある哲学が違うので、
そこに気づけない間は、変な英語~って思われちゃうからね。
たぶんフランス語はまだ変なフランス語だけど、
英語から入ってるので、実はフランス語に関してはこれはちょっとスキップしてる。
1。文法
学生時代は、こんなのより使える英語をやるべきって思ってた私が
浅はかだったと知ったのは、しゃべり始めてから。
文法ってさ要はその言語の大半はこの法則ですよーってやつだからね。
つまり、語彙をすげ替えただけで、この法則で9割くらいの会話が成り立ってるというね。
まったく違う文法構造を持つ我々としては、
なんだかんだで同じ文法構造のもので沢山文章を作る練習をした方が良いと思うの。
2。文法
めちゃくちゃ基本的なところだけどどんなときも主語を忘れないとか(笑)
3単現のSとかは全然すっとばしてもいいけど(良かないんだけど意味は通じるし)、
せめて現在形、過去形、過去完了形、未来形くらいは完璧にしときたい。
3。文法
⇒大事なことなので、3回目。
確かに英会話的なウィットにとんだ表現とか学ぶもいいんだけど、
文法が出来ないと、好きなこと言えないからね。
でも、あくまでも文法が必要なのは好きなことを好き勝手いいたいからであって、
来週から海外旅行に行く!とかなら、英会話本片手にが良いと思いまする。
旅行に使う英語なんて決まりきっているし。
4。語彙
まぁ、、、言うまでもないよね。小学生~中学生で漢字を覚えたくらいには、覚えないと。。。
私の英語力的にはたぶんネイティブの10歳くらい(;´Д`)
陰謀めいた話のドラマとか字幕無しだと、子供の言っていることしか解らない。
前によく友達と喋っていた経済と政治とデザインとパソコン周りの話題だけは解る(爆)
あと、テキストチャットなら解るジョークが、
面と向かって口で言われると解らないとか、少々問題有り。
5。出力
自分で文章を作る努力。たぶん、最終仕上げはこれ。
これがないと、いつまでたっても喋れないし、
人によるかもしれないけど、日本語で考えなくても文章を作れるようになったら、
相手の言ってることが聞き取れるようになった。。。
まずは日記からでもいいのかも。
そのあとはネットで暇な外国人捕まえてしゃべってみようぜ!
どこまでいっても、言語はコミュニケーションツールでしかないので
誰ともしゃべらないのに言語を勉強するのは無駄というものでしょう?
うさうさん的には、通じれば多少下手でもいいと思う。
一番駄目なのは、間違うことではなくて、誤解を与えること。
相手がそれなりに誤解なく通じるなら、用法が多少違っててもいいと思うんだ。
6。ひたすら反復
受験のための英語であれば、知っていればいいんだけど、
会話は脊髄反射って言われるくらいで、
母語であれば考える前に答えちゃうっていうのが普通らしい。
外国語もそれくらいじゃないと、会話が困難なわけで。。。
新しいことも覚えるんだけど、上に書いた文法の反復で、
脊髄反射的に答えを言えるようにするのが味噌だと思うんだ。
新しい言葉はその構文にすげ変えて行くの。
受験英語的イディオム?
ウィットのきいた表現?
全然必要ないとはいわないけど、
年に1回使うか使わないか解らないような表現は、
上が出来るようになってからでいいんじゃないの?
相手がネイティブじゃなかったらたぶん通じないし。。。
そんな、例外文集覚えるくらいなら、
文法とかlikeとかhaveとか使い方いっぱいある単語の
の使い方全部覚えた方が有意義じゃない?
このあたりって、母語も似たような構造している、
ヨーロッパ人なんだかんだで得意だからなぁ(-_-;)
(うさうさん自体ネイティブよりもドイツ人とかフランス人と
しゃべることが多かったので、
相手がアメリカ人とかイギリス人じゃない前提なのはすまぬw
だって、いっぱいある国のうちの一つじゃない。)
発音だって、日本人が気にしているほど他の国の人とか気にしてなくて、
ヨーロッパ人とかたまーに相当いい加減な発音してるからなぁ。
でも、ニューヨーカーイングリッシュとか、苦手感ある(;´Д`)
うさうさんのフランス語の勉強は、
今、5をボチボチ始めていて、6も頑張らないといけないんだよね。
で、、、フランス語で日記を書き始めてみた。
なんかでてきてしまった、去年1ページもかかなかった日記帳で(笑)


正直英会話の教材とかバカ高くて、どうかと思うんだけど、楽しくしゃべりたいだけなら、フランス語の電子辞書のところで書いた辞書入れて合計1万円弱くらいでいけるんじゃね?って思ってる。
そのうち辞書が中古8000円くらい(爆)今ならiPhoneアプリでいいんだけどやっぱりジーニアスくらいは欲しいから最低5000円くらいか。(日本語が入ってる系辞書って無駄に高い(;´Д`))今はiPhoneで済ませちゃってるけど、でもなんだかんだ国語辞書とかもたまに使うし(シソーラスが入ってるかどうかの基準で買ったくらいだし)、うさうさん的には電子辞書安かった。結構中古電子辞書は、コンテンツ次第でアプリより割安なので狙い目。。。
中学生用文法の教科書を復習して、あとは、ネットへゴーみたいな(笑)
うさうさんが5年くらい前に英語の勉強を始めたときは、
ネット上に云万人どころか云億人も英語を話す人がいるのに、
なんでお金払わなきゃいかんのよーーーー。
(実際に英会話教室、超高いし。)
って思って、いきなり武者修行してしまったわけでして。
ただ、お金を払ってない関係な以上、おもしろくないと思ったらお互いに切れる関係の
何か返さなきゃ!みたいな、緊張感で上達した感じがする。
(ある意味ね、お金を払っている先生だと甘えが出ちゃうのよ。)
はじめのうちは、「お前何言ってるのか解らん」ってよく言われたわwwwww
フランス語もボチボチ、武者修行の時期が来た気がするけど、
日本語や、英語に甘えちゃってるのは自分の中で問題だなぁぁぁ。
そもそも全然文化的にもフランスに興味があるわけではなく、
ただフランス人の友達が沢山できてしまったからという理由で、
フランス語をはじめたのに、全然使ってないのは本末転倒なわけで。
もちろん、英語ではなすにしろ、日本語で話すにしろ、
彼らの言ってることはよりわかるようになってるけど。
2014年はもっとフランス語をしゃべるぞぉぉぉぉ

Posted in 語学学習(仏語・英語・西語).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です