アイドルのママタレ化にみる戦略的メイクアップ

なんか、、、堅いタイトルつけちゃったんだけど、
要は、ウケたい対象がかわれば化粧も変わるって小ネタ。
うさうさんは、、、なんか思いっきりレタッチついでに
化粧も直しちゃったりとかしていたりするんだけど、
たまーーに、メイクは得意じゃないヘアアーティストに
そんなにすっごくかわったわけじゃないのに、
すげーかわいくなったけどどうやったの?なんて聞かれたりするわけで。
聞いた相手は絶対にこのブログをみられてないけど、
日々の化粧の参考に(笑)
ちなみに、うさうさんは自分をちゃんとできない(笑)
さて、今回の題材は、
タイトル通り、アイドルからママタレに華麗に転身した人々。
っつーっても、普通にティーンズアイドル共通項目だったりするので、
別に水着をきてなくてもいいんだけど、
それくらいの子たちのターゲットは男の子、あとは同世代の女の子。
私かわいいでしょ?かわいいでしょ?かわいいでしょ?若いでしょ?

とアピールしてます。。。
まぁ、それくらいだと同世代の女の子たちも男の子の気を引きたいから、
参考にしてたりして、結構かわいい!って思ったりするよね。
そして、メイクアップで強調すべきは、
目頭から、黒目のあたりにかけて。
…ということで、メイクはこんなカンジ。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。
(絵的にはそんなに若くならなかったwwww)
とりあえず、このあたりを強調するように、
アイラインを引いたり、つけまつげをしてみたり、
さらには、白いアイシャドーをのせてみたりするわけよ。
写り方は、王道的に真っ正面上目遣い。
で、、、青の●あたりにぐぐぐっと力を入れる(笑)
うさうさん(3ω3)的徒然日記。
ちなみに、たぶんこの類いの顔、おばさまウケはあまり芳しくないかと思われますw
なんせ、、、男誘ってるカンジだからね。
こういうコが歳をとったり、結婚して、男ターゲットが難しくなって、
それでも生き残りたいから、ママタレになったとき、
今度はターゲットは、男性から30代以上女性のおばさまになってくるわけね。。。
別にターゲットがおばさまにならなくてもいいんだけど、
30すぎても上みたいな写り方してると、
「いい歳のとりかたしてないなぁ」とか「妙に若作り」な印象になったりするわけよ
で、30すぎたり、既婚になったらどうするか?というと、
目尻に重力を感じるメイクにする(笑)
うさうさん(3ω3)的徒然日記。
アイラインとかアイシャドウで、とにかく目尻に重力w
ちょっとたれ目になるように。
で、、、
私、やさしそうでしょ?敵意はないよのー。うふふふふ
というオーラを出してみる(笑)
絵だとわかりづらいけど、つり目気味の人も、下のまぶたがほぼまっすぐになるようにしたり。
つけまつげをするにしても、目尻重ためw
そして、写り方はたれ目を強調。ちょっと横からw
力を入れる位置はやっぱり青い●の部分。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。
ちなみに、、、別に本人がおばさんになったとか関係なく、
女性向けファッション雑誌のモデルさんしかやってない人とかは、
元からこれ系なカンジも多いかも。
あと、ソニプラ的コスメのポスターで日本人がモデルのヤツは大概これよね。
なんかおばさんウケが悪い!って思ってる人は、
下の方のカンジを意識してみると、良くなったりするよね。。。
うさうさん、20代前半は就職活動のときとか女の面接官が出て来たら
絶対に次に進めないといういやーなジンクスがあるほど、
本当に前はおばさんウケ悪かったんだけど、
それもそのハズ、、、「私若いでしょ?若いでしょ?」ってオーラ出しまくってました(爆)
でも、黒木瞳のメイクをみて、25くらいからこういうカンジにしはじめたら、
おばさんウケがすげーーーーーーーよくなった(笑)
ちなみに、なんなくアユが良い歳のとり方をしてないっぽく見えて、
アムロちゃんはいい感じの歳の撮り方をしているカンジがするのはきっとこのあたり。。。
アムロとか比較的若い頃から下まぶた目尻よりに力はいってるけどね。
ご参考まで(笑)