自分的フランスのイメージ〜懺悔編(´・ω・`)

多分、フランス語関連の記事を連投してるせいだと思うけど、
そっち系の方から結構ペタが。
で、ちょっと覗かせてもらったんだけど、
やっぱ、みんなおしゃれな雰囲気なんだなぁ、なんて思ったり。
うさうさん自身、興味をもてば突き詰めて行くんだけど、
興味がなければ、全く知らないってことが多い。
友達には、
「なんでも知ってそうで、ずっぽり抜けてるところの抜けっぷりがすごいよね」
といわれ、返す言葉がないです。
日本の外のことに興味がなかったから、
元々外国自体にほとんどまっさらなイメージに、
ちょっとした情報がのっている程度だった私にとって、
フランスについても、イメージといえば、
3年前にフランス人の友達にパリに連れてかれるまで、
エッフェル塔と小学校だか中学の地理でやった小麦の生産高が世界○位ってだけで、
エッフェル塔の周りは小麦畑的なのを想像して疑ってなかった。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
ま、、、実際のところ、フランス以外も、
ほぼ地理の教科書に載っていた統計と、+アルファ程度にしかしらなかったから、
ドイツ=車ばっか作ってる工業国
イタリア=オリーブとパスタとピザ!
スペイン=闘牛とフラメンコ!とたぶんオレンジ
みたいな、恐ろしく、端的なイメージだったわけで、
興味が無いっておそろしい。
元々フランス語の勉強自体、
英語を勉強してる過程で友達ができてしまった!
でも、フランス人って英語通じてんの?ってあたりではじめたわけで、
(ちなみに、仲良い子はだいたい英語通じるんだけど。
一番長くしゃべってたヤツとかは日本語でしゃべってたし。)
しかも私のフランス人の友達って、
極度のアニヲタと、極度のモーヲタしかいないから、
普通の日本人のもつフランス人のイメージがおしゃれなんて、つゆとも知らず(爆)
たまたまなんだろうけど、そういう友達しかいないという。。。(´・ω・`))
ドイツ人とかスペイン人の友達もいるけど、そこまでじゃないんだよね。
つか、うさうさんの狭い範囲の外国人友なら、フランス人よりスペイン人のがおしゃれだわさ。
で、外国人だとフランス人の友達が一番多いけど、
そろいもそろってオタクばっかりの変わった人々くらいに思ってた。。。
なんつーか、子供の頃みた北斗の拳を間に受けてムキムキマッチョとか、
ドラゴンボールに影響されてムキムキマッチョとか、
日本人からみたら、斜め上すぎる。
でもね、フランス語の勉強をはじめて1年が経過した、2年くらい前に、
いろいろ調べてたら
あーーー日本人が思うフランスっておしゃれなイメージなんだぁ
ということに突然気づいたんだよね(゜Д゜..)
なんか、すっごい衝撃的だった。
まぁ、それでも言葉と文化は一対だと思っているから、
前よりはフランスの文化自体への興味もあるし、
とりあえず、何も知らないときとはいえ一度は行ったからね。
っつーか、パリにいく前後すっごい忙しくて、何も調べもしないでいって、
畑が沢山だと思ったら、建物がすごくてびびった。
(情弱上等w
あ、でもブリュッセルからパリにつくまでの高速道路でみた景色は思った通りの畑で
しかもそれが赤城高原付近を彷彿とさせるというか、日本にも似ている景色だった。
アメリカみたいに定規で引いたような土地ではならないような、人間が”自然に”作った風景。)
でも、それでも、やっぱ
おしゃれなフランスってイメージだけは、許容しがたいなぁぁぁ。
というか、パリの街を見る限り、
単におしゃれとか建築物に対して「も」ヲタな人たちがいて、
そういう人がつきつめて、
ひっぱってってるだけじゃないのぉ?って思っちゃうんだ。
(それが観光資源になってて、ビジネスとして、
そういう宣伝をしてるんだろうってこともよく解る)
決して悪い意味ではなくて。
というか、そういう意味では、うさうさんもヲタ要素の固まりだし、
一応はデザイナーの端くれなので、
こだわった部分くらいは、何も作らない人よりはわかってるつもり(爆)
私から見るとパリの街並すんごいんだけど、
うさうさんにしてみれば、ヨーロッパの彫刻が高尚だけど、
初音ミクのフィギュアは気持ち悪い趣味だというのはちょっと違うと思ってて、
パリの彫刻も、アニメ的なフィギュアも
時代と文化的背景は違えど、同じような人種が彫ってるんだろうなと。
なんか懺悔とかいいつつ、懲りてないかんじだけど、
個人的なフランス人観の一つとして。
(偏見ともいうのか(´・ω・`))
あ、でも、嫌いじゃないです(笑)
むしろ、そのパッションが眩しくてうらやましい。

Posted in 語学学習(仏語・英語・西語).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です