夏の終わり。

なにげに盛りだくさんすぎて、ブログを書くのすらままなっていないけど、
スケジュール帳的に、今日で私の夏が終わってしまったよおぉぉぉぉ(*ノ_<*) 実のところ、お盆前までは例年通り、 特にこれといったこともなくて、 「ただ暑いだけの季節がまた来た」 ってカンジだったけど、 8月後半戦で、、、いっぺん。 凄まじい快進撃で、 すっごい濃ゆい夏になった。 まぁ、熱海から帰ったあとから、仕事もあって、 それも結構忙しかったんだけど、平日全て働いている訳ではなかったりするから、 仕事の谷間の日は結構カロルと東京観光をしていたのだけど、 若干二人揃って、夏バテ気味なところはあったものの、 本当に「夏休み」みたいな雰囲気が楽しかった。 というか、8月は暑いから最低限しか外に出なかった私的に、 こんなに外出てたの久しぶりwwwww この夏の締めくくりは… カロルといった浅草と、 他の友達といった麻布十番納涼祭り。 カロルとは朝から浅草へ。 $うさうさん(3ω3)的徒然日記。
そういえば、、、浅草寺でおみくじひいたらまさかの凶(O□O)と思ったら、、、
となりにいた7人グループが7人中4人凶ひいてた(゜Д゜..)
凶引いた組で写真撮ってたけど、入れて欲しいくらいだったwwww
うはw
カロルが大ファンのHIDE関連パーティーがあるってことで、
結構早めに撤収だったんだけど、
乗りかかった船なので会場の渋谷のライブハウスまで送りにいく電車の中、
別の友達からメールで麻布十番納涼祭りに誘われて、
時間的も丁度くらいだったし、行って来た。
前までは的屋さんが結構いたはずなんだけど、
今回は的屋さん無しで、
商店街が露店を出すみたいなカンジだったんだけど、
パン屋さんが出してた、
たこのみやきおいしかった。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
パンにソースをかけただけ的なモノかと思ったら
ちゃんとたこも入ってて、思った以上にたこ焼きwww
そういえば、的屋さんがいなかったせいか、
たこ焼きとかお好み焼きやさんほとんどいなかったからねっっ。
焼きそばはけっこう売ってたんだけど。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
納涼とかいいつつ、、、人多過ぎで全然すずしくねぇえぇぇΣ(´ロ`lll
と思ったら、、、このあと完全に人しかいないのに
渋滞ではまってしまっていたのだけど、
物産展的なところで、織物ストラップゲット!!!
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
お金払うまで値段知らなかったけど、
300円だったら、迷った柄もかえばよかった。
8月が終わってしまうのが恋しいよぉぉぉぉ。
まぁ、、、やらなきゃいけない「夏休みの友」がないのは幸いだけど。
こんなに恋しいのは
高校生以来だけど、それだけ楽しかったってことだね!
来年はもっともっと良い夏になると良いな!

東海珍道中延長戦2with西班牙女子-原宿編

はい2日目のこと。。。と行きたいところなんだけど、
2泊3日で、最後の日は帰るだけのはずが横浜に行ったり、
(そのあたりで、今回は延長戦2w)
一昨日も渋谷~原宿にいったりで、結構カオスな延長戦があって、
一昨日のことを先に。。。
スペインの根っからのラテン気質のカロル。
誰彼かまわず、人の持っているものとか、やってることに対して、
日本語で、「かわいい~♪」「私もやりたい!」と、
本人に…というわけじゃないけど、感想を大きい声で言うから、
みんながなんとなくかまってしまうんだろうな。(悪い意味ではなく。)
なんか、全然関係のない、知らない人とこんなにしゃべったの初めてだよ(=”=; )
だからこその珍道中なんだけど。
おそるべしラテンパワー。
ただ、ストレートに自分のしたいことを言えるって、
意外に日本人(の大人に)に足りない能力で、
そうすることによって、すごい強運を味方につけているとしか
思えないわけで。
★ホテルに迎えに行く編。
カロルを迎えに都内某所のホテルへ。
まぁ、ちょっと遅れてしまったので、心配していたんだけど、
他にスペイン人がいたようで、一人で待っていたわけじゃなかったので良かった。
どうやらスペインのインディーズバンドらしくて、
ジャパンツアーが終わったあとで、これからスペインで帰るところだったとか。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
RASENオフィシャルサイト
http://rasenmusic.webs.com/

カロルがしゃべっていたのは、真ん中のアンダーテイカーみたいなおっさん。
スペイン語はまったくわからないから、
何言っているのかわからなかったんだけど、
CDをもらってしまった!
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
ついでにその場にいた5人中3人のサインもwwwww
なんか、ヴォーカルのお兄ちゃんかっこよかったよ!(鬼太郎ヘアの人。)
あちゃらのバンドにしてはめずらしいかどうかはわからないけど、
ヴィジュアル系みたいなしっかりアイシャドーしてた!
家に帰ってから、CDきいたけど、これまた好みすぎて、
よくよくライブ情報みたら、うちの近所でも、
ライブやってて、あと数日早く知りたかった。。。(*ノ_<*) さてさて、、、 他の友達とも約束していて、彼は渋谷にいるというので、 とりあえず渋谷へ。。。 が、、、わたしが渋谷好きじゃないから あまりにテンション低すぎたというのもあるかもしれないけど、 渋谷って出オチじゃないけど、 映画で良く出てくる駅前の交差点とハチ公と109以外であんまり物珍しいものないんだよね。 というか、たぶん109だって似たような店は日本国内沢山あるので、 1階だけちょこっとみてもういいや的な。 ご飯を食べて早々に原宿へ移動。 ★原宿編
ガード下から、裏原宿を通って、竹下通りへ!
うさうさん自体、渋谷や原宿はほとんどいったことないし、
あんまりこのあたりは詳しくないので、カロルのお友達について行く系で(爆)
カロル曰く、原宿にHIDE(X JAPAN)のショップの
LEMONed SHOP
があるから、行きたいということなので、探す。。。
ちなみにカロルは熱烈なHIDEとX Japanのファン。
うさうさんは高校時代の友達がHIDEの大ファンで、
そんな最中、自殺…なんてことがあった記憶はあるけど、
実はHIDEのことってそんなに知らなくて、
売っているグッズについてよくわからなかったんだけど、
帰って来たから調べたら、生前HIDEが立ち上げたブランドということで合ってるのかな…。
竹下通りはすげーーーーーー気に入ったらしい。
通り自体そんなに長くないんだけど、
一度さらっと通って、折り返しで、めぼしい店をみる方向で。
で、、、カロル的には通りすぎようとしていたんだけど、
竹下通りをまともにくるのは10年ぶりだったんだけど、
なんか地下のヴィジュアル系っぽい店が気になって、
(もしかして10年前に来たことあったのかな…)
引っ張っていって入る。
…とおもったら、、、それこそHIDEをはじめ、
X JapanやらGLAYやらの衣装も手がけてるおばちゃんの店だった。。。
このおばちゃん、たぶん良い人なんだけど、
すっごい濃いキャラだし、マシンガントークでね、
なんだかんだ1時間くらいいたんだけど、3時間分の話をきいたと思う(爆)
(しかし、内容は覚えていないんだなぁ(;´Д`))
全部デザインしたんだって。
なんだろうか、言葉遣いの悪さは、自信の証以外のなにものでもなくて、
あの人ホンモノだなって思った。
でも、カロルはここで強力すぎる強運発動。。。
おばちゃんからの、超有力情報。
なななななんと、まだ日本にいる間にHIDEの関連ライブ(パーティー)がぁぁぁぁ!
いきたい。。。
いきたい!
いきたーーーーーーーーーーーい!!!!!!!
と大興奮のカロル。
でも、実際のところ若干焦ったのは私と友達。
こんだけ期待を持たせておいて、チケットをとれなかった日には…。。。
ということで、そんなこんなで1時間くらいおばさまとお話をして、
おばちさまには
「あんたたち、このスペイン馬鹿娘をよろしくねー( ̄ー ̄ )ノ」
といわれ、珍道中ノートの新たな1ページを刻みつつ店を出る。
ということで、
夕食がてら入った、HIDEのパーティーについて、
ファミレスで思いっきり真剣に詳細を探したからね。
結局ファミレスに出て即ローソンの機械で、
無事購入(゜Д゜..)
なんつーか、うさうさんも、本気で安心したよっっっ。
色んな意味で自分の国で起こっていることならば、
彼女だって自分でなんとかするんだけど、
いかんせんインターネットだって自由にできない異国の地。。。
(これは私が外国に行ったってそうなんだけど。)
しかも、若い彼女にとって所得的な面で
日本に来るのは相当大変なことだったらしく、
次に来れるのは遠い未来のことだと思っている。
だからこそ、日本でやりたいことは、
全部やりきるということについての意気込みが違いすぎる(;´Д`)
でもね、そんな当たりを差し引いても、
彼女の強運っぷりは凄まじいものがあるわ。
ただ、それは彼女の物事に対する姿勢が、
本当にまっすぐで、さらにそれをストレートに表現しているせいなんだろうな。
これは本当に見習わないといけないと思う。
うさうさんも若干ひっこみ事案な部分はあるんだけど、
まっすぐに本当にやりたいことをやろうとしたら、
ラッキーなことが前とは段違いに降って来てるんだよね。
ただ、それは、うさうさんが「こうしたい!」と言ったことに対して、
応援してあげようかなって思った人の反応からだったりして、
自分に正直でまっすぐであることって、
言い方は変かもしれないけど、お得なのかもしれない。。。
もちろんワガママが良いという意味ではなくて。
あしたも延長戦その3
とりあえず、たぶん2日目に続く。

東海珍道中with西班牙女子-富士編

富士山、熱海の旅行に行って来た~!!!!
今回の相棒は…
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
スペイン女子のカロルちゃんキラキラ
若さもあるけど、ひたすら明るい!!
23歳なんだけど、、、、なんと17歳から、
日本にくるためにお金貯めてたんだってΣ(`oДO*)
★富士山に行くの巻。
共通のお友達のくにやんが車を出してくれるっていっていうので、
都内某所で待ち合わせしていったんだけど、
都内を抜けるまでと、熱海の手前で大渋滞で、、、、
2時間遅れで熱海に到着Σ(`oДO*)
カロルと合流!!
熱海から富士山へレッツラゴーっっっっっ。
ってうさうさん、このあと寝てて、富士山までの道のりはほぼ書くことがなく、
気付いたら昼食の回転寿しに着いてた。
実は、うさうさんは
回転寿しは今回初体験(O□O)
たまに「回転寿し行ったことない」っていうと、
「高い寿司屋にばっかり行ってる」とおもわれちゃうことがあるけど、
酢飯がそんなに好きじゃなかったりするのと、
何かの集まりとかで出前のお寿司があれば食べる程度で、
自分でお金払うなら肉が食べたいので、行ったことなかった。
本当に寿司が回ってるのね。いまさらだけど。
しかも、何の寿司かの札が寿司の前に回るんだけど、
めぼしいのは全然回ってこない。。・゜・(ノД`)・゜・。
…と思ったら、カロルですら、
頼めば欲しいの出してくれるって知ってた(爆)(爆)(爆)
そういうもんなのか。。。
なんか、思った以上にお酢控えめだったし、
創作寿司みないなかんじの、
ガーリック海老寿司とか、牛たたき寿司とかあるのね。
あれはおいしかった!
実はね、お刺身に比べて寿司が高すぎて、
払う価値ないって思ってたけど、まぁ、、、、いいみたい。
まぁ、また行くかって行ったら、やっぱり高いと思うけど、
外国人友が日本に来たとかだったら一緒だったらいくかも。。。
昼食も無事食べて、
富士山へレッツゴー!
って、、、車にのって5分後には
また、うさうさんは寝てたので
気付いたら、
既に雲の上でした(爆)(爆)(爆)
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
太陽がまぶしいぜ
ここは、富士山の3合目。
って、、、3割いっただけで、雲の上なんだね。。。富士山。
実は、富士山もはじめて。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
そもそも、足での登山はしないけど、
5合目ロータリーまで行こうってことになっていたんだけど、
5合目より1.3km手前で渋滞。
車が全然動かなくなってしまった。
でも、渋滞で停まっていた真横の駐車場に停めていた車が出て行ったので、
ここに停めて歩くことに。
道自体は、それほど急というわけではなかったけど、
それでも山道は山道。
うさうさんはよっぽど下駄タイプのサンダルを履いて行こうかと思ったんだけど、
念のため、靴履いて来て良かった。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
途中、山頂がくっきり見えるところも。
肉眼で見るとぱっとみは、すぐのぼれちゃいそうな雰囲気なんだけど、
カメラをいっぱいいっぱいズームして撮ってみた写真を
家に帰ってから、パソコンでまじまじとみたら、
すごい遠いのがよくわかった。。。↓↓↓
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
えっちらおっちら歩くこと20分(たぶん。)
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
ここまできたカロルのひとこと
カロル(;;OoO)「えええええええええ!ぜんぜんにほんっぽくなーーーーーーい!」
うさうさん(;;3ω3)「確かに…ドイツっぽいね(^^;;;」
(;;O_O)「うん、どいつ!」
…でも、山にあるちょっとしたレストランってこういうの多いから
あんまり気にもしてなかったんだけど、
日本っぽい外国人も納得の小屋ってどんなんだろうな。。。
と考えるとすっごい難しい。
神社っぽいの?(=”=; )
日本一高い場所の郵便局。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
富士山メロンパンもおいしかった。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
小御嶽神社をお参りした。
鏡が祀ってあったので、天照大神を祀っているのかなと思ったんだけど、
実際は長女磐長姫命を祀っているらしい。
山頂と向かい合っているのでたぶんご神体が富士山ってことじゃないんだろうけど、
鏡は山頂の方向に向いてる気がした。。。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
とりあえず、日が暮れて、かなり寒くなって来たので下山。
(5合目とかでも結構寒いのね。ちなみに下界はクソ暑かったのですよ。。。)
富士山の何が不思議って、かなり有名スポットで、
交通量も少なくないのに、街灯が全然ないΣ(・ω・ノ)ノ
まぁ、富士山に限らず、周りの道路全部なんだけど。
これって景観の問題なの?予算の問題なの?
さすがにさんざん寝たので帰りは……
富士山を下りきるまでは起きてたけど、
やっぱり寝てしまった(-ω-)zzZZ
なんつーか、、、自分が運転してる時以外は、
基本乗りものって眠くて仕方がないんだよね(;´Д`)
次に起きた瞬間は、、、
カロルの故郷スペインの料理を出すお店でした。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
これは焦げ付いているフライパンではなくて…
イカスミのパエリア。
実は魚介がこっそり入っていておいしかった!
夜は、くにやんは私たちと同じホテルはとれなかったから、
となりのホテルに泊ったので
カロルとふたりで、コイバナに花をさかせつつ就寝。
なんか、日本人としてやっておかなければいけない
2つのことをクリアしたような気がする1日だった。
どの2つ?
もちろん
・富士山に登ること。

・回転寿しに行くこと。
きっと、富士山は足で登ることはないと思うんだけど、
日本人として産まれたからには一度は行ってみたかったので、良かったと思う。
…まぁ回転寿しも1度くらいはね。日本人としては(笑)
ま、、、そこまでの道のりはほぼ寝てたんですけど(;´Д`)
熱海編に続く。

旅行の準備が…

はかどらないΣ(`oДO*)
というか、、、明日から旅行なのにダラダラしてしまった。。。
水着はいるのかな。。。(;´Д`)
一応きてみるか。
ま、、、別に彼氏ととかじゃないからいいんだけど(=”=; )

自国の文化を絶対的に肯定する人々。

うさうさんは、最近週1で市民講座的なフランス語を習いにいっています。
まぁ、それは今はおいておいて、うさうさんはアルファベットの文章を書くときは
基本的に、筆記体。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
でも、日頃のアルファベットを書いている人々のほど崩しちゃうと読めないので、
あくまでもパソコンの「英語筆記体フォント」的な筆記体なわけで、
(某フォントを参考にして、大文字はほぼブロック。)
あとから読み返さないことを前提なら殴り書きもするけど、
まぁ、だいたいどの国の人が見ても、上手いね~みたいな雰囲気。
(ちなみに日本語はじいさんにだけやたら褒められる、男前な字w)
カリグラフィまではいかないけど比較的お手本通りではある。
ちなみに、日本人とアメリカの人に対してアルファベットで
何かを書いて渡す場合は、ブロック体、
ヨーロッパ人に渡す場合は、筆記体を使ってます。。。
(意外なのかな?いまどきのアメリカ人は筆記体なんて書かないらしく、
結構読めないらしい。。。
まぁ、きっと私も草書でかかれた手紙は
半分くらいしか読めないので、そんなカンジ。。。)
とはいえ、上にも書いた通り、
あくまでもうさうさんの筆記体は「英語」準拠です。
ま、、、苦手科目だった歴史の方が長いけど、
外国語では、英語歴が一番長いし。
日本人と中国人の漢字の書き方が、若干違うように、
(ただ、私が知っている限りだと中国人の字は日本人よりキレイだと思う。。。
マカオに行ったときのツアーガイドと、数人の友達の字しかみたことないけど。)
パソコンのブロック体ならばそれほどかわらないものの、
フランス語と、英語の筆記体は結構違うんだよね。
↓がフランス語の筆記体。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
↓は英語の筆記体。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
実は、はじめ「文字がうまいってよく言われるフランス人」の字をみて、
英語筆記体基準でどこがじゃ?と思ってたんだけど、
これがお手本なら確かに上手かったということを
そのずっとあとに気付いたなんてことがあるくらい違う。。
まぁ、、、それはともかく。
フランス語講座に話を戻して、
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
[Vous allez a Shinjuku]あなたは新宿で行く。
まぁ、文章の中身はどうでもよくて、問題は
小文字のz。
基本的に英語っぽい筆記体なうさうさんの場合は、
3にニョロがついたカンジ。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
こういうのが比較的普通。
英式の場合たまに見るのはnにニョロがついたカンジのこんなの。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
が、、、先生に
(っつーたって、他の受講者はみんな中高年だけど、先生は1コ上とか。)
「他はきれいだけど、z変だけど」といわれ、、、
「いや、、、英式かも~」
「それ3じゃん」
Σ(`oДO*)
ちなみにフランス式はこんなん。
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
筆記体のrにちょっと右にズレてニョロがつきまする。
・・・いや、、、アルファベットの書き方ってさ、
本当に微妙なところがあってね、
基本的には相手が読めるんならいいんじゃね?みたいなところがあって、
(たぶん。)
若干言い返したいのはやまやまだったけど、
友達がいるから解るんだけど、
こういう場合、絶対にフランス人って引かないんだよね。
とくに、自国の文化的側面では。
「じゃあ、フランス語のときは気をつけますね~(o^-‘)b」
といったら、先生も納得。
今回の場合は、習いに行っているし
文字だしね…と思うけど、
本当に一字が万字…ではなく、一時が万事そうなんだよなぁ。
それが悪いとは実は思っていなくて、
日本人の謙虚さも確かに一つの文化かもしれないけど、
こういうところをちょっとは見習った方が良いんだろうなと、
思ったりもしたり。
私も、相手に強く言われちゃうと、
自分のことでもひっこめちゃうところがあるんだけど、
今後ますます国際化しちゃうと、
なあなあでも相手が察知してくれるとは限らないしね。