三峯神社行ってみた。

うさうさん(3ω3)的徒然日記。
多忙のあとのちょっと暇をこじらせた、
正直完全に気の迷いですた(爆)
というか、妹を毎週のようにベビービクスをやっている病院まで送って、
普段だったら、近くのスタバで待っているんだけど、
今日は帰っていいよ~というから、
どっか行こうかな…三峯神社行っちゃおうかな…
と思って、そこで、一旦家に帰ってカメラくらい持って、
近所のスーパー行くようなカンジの
完全に軽装だったのを着替えてくればよかったんだけどね。
ビーチサンダルに、ノースリーブでくるんじゃなかったw
下と温度差あって寒いw
というか、フラッと行くような場所じゃなかったなぁと、
2時間くらい運転したあたりで思った(笑)
(片道だけで4時間かかったんだけどw)
三峰神社といえば、その昔小学生のころ読んでいたCLAMPのXというマンガで、
譲葉ってキャラクターがこの神社の孫娘っていう設定でこのキャラクターが好きだったのと、
実は、うさうさんママがうさうさんのこと妊娠中、
パパンの仕事の都合でこの近所に住んでいたのよ。
(近所っていっても、本当に埼玉と山梨の県境の山奥なので車で20分とか30分みたいな世界だけど)
で、いつか行ってみたいなとずっと思ってたいつかが今日だったみたいな。
(長いいつかだったw)
それがさぁ、ママン曰く「最悪だった1年」、
住んでいたあたりを通ったんだけど、
本当に山奥で、今の時代ですらコンビニって何ですか?って勢い。
(お土産屋すらないw)
確かに車の運転もできず、パソコン・インターネットはおろか、
テレビゲームあるかないかくらいのあの時代に、
比較的都会っこなママンがあの辺に住んでたとか大変だったろうなと。
(ただ、インターネットさえあれば全然余裕だったって本人は言ってるけどね。)
ママンに「気の迷いで三峰神社に行って来たー」っていったら、
「それは気が迷い過ぎじゃない(=”=; )」っていわれた…w
妹に至っては「え?それどこ?」wwww
かくゆううさうさんも、行こうと思ってNAVIたんを設定して、
所沢→飯能くらいのあたりでは
「いいかんじの田舎わくわくw木がいっぱい!!」
日高を抜けてまた飯能にさしかかった当たりでは、
「うはwかなり田舎になってきたけど、秩父はまだなのーーー(;´Д`)」
山を越えて秩父市街についたあたりでは、、、
えええええ、秩父市街地からさらに数十キロとかあるのーーーーΣ(`oДO*)
みたいな勢いだったわけで。
(実は秩父市街地からすぐ近くだと思ってたのよ。
でも、さらに1時間車で走った本当の山奥だったわけで。)
うさうさんって、
基本的に車を街乗りしかしてないわけですよ。しかも、基本近所だけ。
ちょっと遠くっていっても都内とかだったりするから、
地元って信号と渋滞が多いから、飛ばす車も煽る車もいないっていうか、
法定速度出せたら流れてるってカンジで、
ほとんど他に車いないし、信号もない道って…(;´Д`)
そんなカンジだったので、2時間市街地を走って、さらに
片道2時間の山道は本当にホントにきつかったw
(はじめのうちはちょっとおもしろかったんだけどね、飽きてくる訳ですよ。
しかもね、いまどきのオートマ車って1速2速みたいのないから、
帰りの2時間は下りなのでおもいっきりブレーキ、ブレーキ、ブレーキ、アクセル…
みたいなカンジで、足つるかと思った(=”=; )
実は説明書読んでないからしらないだけで、エンジンブレーキ使う方法ってあったのか?)
ついでに、本当にまっすぐな道って苦手なんだよね。
しかもスピードが出れば出るほどコワイ。
が…、トンネルってがちでまっすぐだったりするのね。
そんなこんなで長い橋とかもまっすぐでコワイけど、でも橋の方が道の幅広いんだよね。
あの辺のトンネルはホント狭いし、
まっすぐのトンネル多すぎて、神経すり減らしまくりだった。。・゜・(ノД`)・゜・。
きっと気のせいなんだろうけど、だんだん曲がって来てるきがしちゃうの。
山道みたいなグネングネンもいやだけど、
高速みたいな緩やかなちょいカーブくらいが走りやすい。
っつーか、車1台しか通れないトンネルとか。。。すげーね。
信号でやたらまたされるなぁと思ったら、
片道5分くらいの道を片側づつ順番に通行させるとか、はじめてみた。
でも、本当に山ってかんじだけど、秩父の先は景色がよくて、
今回みたいに一人フラッとじゃなくて、カメラをちゃんと持ってきてたら、、、
せめてもうちょい時間に余裕があったら、途中も写真とりたかったなぁ。
そうそう、うさうさんが産まれたあとはね、
3歳まで秩父の市街地に住んでいたものの、
親がこっちに戻って来てからは、1度も秩父に行ったことなかったんだけど、
走行してる車に向かって目の前の山のカンジをみて
みたことある風景だなぁと思って右をみたら、
そのころママンがよく行ってたって言ってた、スーパーの前だった(笑)
(ちなみに、秩父市街地はふつうに地方都市的なカンジなので、
チャリンカーなママンでも不便ではなかったらしいw)
たぶん、本当にみたことある風景だったんだと思う(笑)
そういえば、前になんてタイトルだか忘れてしまったけど、
何かアニメをみてて、秩父っぽいなぁと思ってたら、
本当に秩父神社の描写があって、本当に秩父だったなんてことがあったり、
物心つくかつかないかくらいまでしかいなかったけど、案外おぼえているもので。
でもね、行ってみて、本当によかった。
基本的に、都会の神社にしかいったことが無くて、
それでも地元の高台のちっちゃな神社を除けば、
神社と書いて「もり」って読んでいたって知識はあれど、
実感がなかったんだけど、
まさに「もり」だった。
「森」であり「守り」であり。
この時代ですら、人が来るにはかなり気合いが必要な場所にあるだけに、
俗っぽさは最小限なカンジで。
でも、あんな山奥によくぞこんだけ大きい神社作ったよね…とは思うw
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。
うさうさん(3ω3)的徒然日記。うさうさん(3ω3)的徒然日記。
本殿では、別に誰もお客さんがいないのに
神主さんが祝詞を読んでた。
都会の神社だと祈祷の申し込みをしないと祝詞なんて読まないイメージだったので、さすがだなぁと。
ちなみに、、、CLAMPのマンガを読んでたらわかると思うけど、
狐っぽいのは、山犬様です。
確か狼=大神信仰だと思ったんだけど、
狛様は、思った以上になんかシェパードっぽい(笑)
でも狛犬よろしく、一応「阿吽」の相なのね~。
今回、本当に突発的で、山に行くような服装じゃなかったから、
神社だけちらっとみて帰ったんだけど、
今度行く機会があるならば、
ちゃんとビーチサンダルみたいなサンダルじゃなくて、
服ももうちょい山に行くような服装で、
あと、カメラもちゃんと持っていきたいなぁ。
ただ、小学生のころからあった、行きたい熱は、満足したかも。
行きは、一般道で行って風景とかも良いなぁと思ったけど、
明日仕事だし、帰りはさすがに
有料道路と高速を飛ばして帰って来た(^^;;;;
高速もひさびさに自分で運転したぁぁぁw
街乗りしかしないとはいえ一応初心者じゃないし、
バイパスみたいな3車線道路みたいなところは走るんだけど、
あんまり乗ったことないせいかちょっと苦手意識あったけど、
いまさらだけど信号がない分だけ確かにラクなのね。
(といっても、車線変更もなんだかんだ、バイパスではするしね。)
$うさうさん(3ω3)的徒然日記。
お約束(?)のおみくじは大吉!!

Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です